週刊ファミ通“ゲームファンが選んだ7月放送開始のテレビアニメ・ドラマ期待度ランキング”が発表 アニメ1位は『銀の匙』

毎週木曜日発行のゲーム総合情報誌『週刊ファミ通』は、本日(2013年6月27日)発売の『週刊ファミ通』7月11日号における新コーナー“ファミ通トレンドウォッチ”にて、“ゲームファンが選んだ7月放送開始のテレビアニメ・ドラマ期待度ランキング”を発表した。

●ゲームファンが期待するエンタメ作品は?

 毎週木曜日発行のゲーム総合情報誌『週刊ファミ通』(エンターブレイン、本社:東京都千代田区、社長:浜村弘一、編集長:林克彦)は、本日(2013年6月27日)発売の『週刊ファミ通』7月11日号における新コーナー“ファミ通トレンドウォッチ”にて、ゲームファンが選んだ7月放送開始のテレビアニメ・ドラマ期待度ランキングを発表した。
(調査期間:2013年6月17日~6月18日)

 以下、詳細をリリースより抜粋する。

◆7月放送開始のテレビアニメ ゲームファンによる期待度ランキングTOP10
※順位、得票数、サンプル数の()内の数字は非ゲームユーザーの調査結果

順位※ タイトル/放送局(一部)/得票数※
1(1) 銀の匙 Silver Spoon/フジテレビ/474(417)
2(2) あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。(再放送)/フジテレビ/307(282)
3(3) ローゼンメイデン/TBS/286(205)
4(4) 神のみぞ知るセカイ 女神篇/テレビ東京/248(193)
5(8) Fate/kaleid liner プリズマ☆イリヤ/TOKYO MX/237(157)
6(14) ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生The Animation/TBS/233(108)
7(5) 空の境界/TOKYO MX/224(179)
8(5) シリーズセカンドシーズン/TOKYO MX/217(179)
9(7) 私がモテないのはどう考えてもお前らが悪い!/テレビ東京/203(171)
10(12) ロウきゅーぶ!SS/TOKYO MX/173(121)

◆7月放送開始のテレビドラマ ゲームファンによる期待度ランキングTOP10
※順位、得票数、サンプル数の()内の数字は非ゲームユーザーの調査結果

順位※ タイトル/放送局(一部)/得票数※
1(1) ショムニ2013/フジテレビ/518(992)
2(2) 救命病棟24時 5/フジテレビ/500(956)
3(3) 斉藤さん 2/日本テレビ/271(575)
4(7) 警部補 矢部謙三2/テレビ朝日/258(376)
5(8) Oh,MyDad!!(オー、マイ・ダッド!!)/フジテレビ/199(367)
6(4) SUMMER NUDE(サマーヌード)/フジテレビ/194(417)
7(6) 半沢直樹/TBS/192(396)
8(15) 悪霊病棟/TBS/MBS/185(239)
8(5) DOCTORS2 最強の名医/テレビ朝日/185(405)
10(12) 孤独のグルメ Season3/テレビ東京/181(269)

【「ファミ通トレンドウォッチ」 今回の調査結果について】
 テレビアニメ、ドラマの両部門とも、それぞれ人気と実績のある作品が上位を占める結果となりました。テレビアニメ部門では、「銀の匙 Silver Spoon」がトップでした。注目すべきは、ランキング6位の「ダンガンロンパ 希望の学園と絶望の高校生The Animation」です。同作品は人気ゲームを原作とし、今回初のアニメ化ということで、ゲームファンによる期待値が際立って高い結果となっています。また、ゲーム化されているアニメ作品としては、ライトノベルを原作とした「ロウきゅーぶ!SS」についてもゲームファンとの親和性の高さが伺えます。
 ドラマ部門においても、シリーズとして知名度の高い作品が上位となっています。1位は人気シリーズの続編である「ショムニ2013」、2位に僅差で「救命病棟24時 5」がランクイン、3位以下を大きく引き離す結果となりました。「ショムニ2013」については、6月18日に19歳の新人アーティストSerenaが主題歌を担当することが発表され、インターネット上で話題を集めました。また、そのほかのドラマ作品では、「警部補 矢部謙三2」や「悪霊病棟」がゲームファンからの期待が高く、人気コミックを原作とした「孤独のグルメ Season3」とあわせ、主に男性からの支持を集めているようです。

【ファミ通トレンドウォッチとは】
 エンターテイメント分野の消費動向調査から、ゲームファンの生活スタイルと嗜好を分析する、『週刊ファミ通』の新コーナー。7月11号の誌面では、ゲームファンが選んだ7月放送開始のテレビアニメ・ドラマの期待度ランキングをTOP20まで掲載しています。

【調査概要】
調査対象 : 自社で運営するeb-iの20万人のモニターから、継続的に家庭用ゲーム機で遊んでいる15歳から49歳までのユーザー2682人(男性1681人、女性1001人)と、同年齢層の遊んでいないユーザー4693人(男性2260人、女性2433人)を抽出。
調査手法 : インターネットリサーチ。編集部が独自に選定した76新番組より複数回答。
調査期間 : 2013年6月17日~6月18日

【eb-iとは】
 『eb-i(enterbrain insight)』は、ファミ通(エンターブレイン)が2013年1月より週単位で継続して行っている、エンターテイメント分野の消費動向調査です。保有している全国20万モニターから週次で1万超を回収し、エンターテイメント分野の実態を調査・分析しています。

【「ファミ通」について】
 ファミ通グループでは、ゲーム総合情報誌「週刊ファミ通」をはじめとするファミ通各誌、「ファミ通.com」や 「ファミ通App」といったゲーム情報サイト、ゲームバラエティ番組「ファミ通LIVE」など、様々なゲーム情報 サービスを展開しています。また、電子出版事業にも積極的に取り組み、「週刊ファミ通」電子版や、ゲーム攻略本・設定資料集の電子書籍を多数配信しています。さらに、全国約3600店舗のファミ通協力店からゲームの売上データを集計し、5月31日に「ファミ通ゲーム白書2013」を発刊するなど、ゲームマーケティングサービスも行なっています。