竹内薫の数学雑学本『体感する数学』が6月15日エンターブレインより刊行

エンターブレインより、2013年6月15日に竹内薫氏の著書『体感する数学』が発売される。価格は1260円[税込]。また、同書の発売を記念して、6月12日に竹内氏出演のイベントも開催予定だ。

●数学の苦手意識を吹っ飛ばす、目からウロコの体感エピソード満載

 エンターブレインより、2013年6月15日にサイエンス作家・竹内薫氏の著書『体感する数学』が発売される。イラストはマンガ『日常』で知られる、あらゐけいいち氏が担当。以下、リリースより抜粋。


学生でも社会人でも、「もっと数学が得意だったら…」と思う人はきっと多いはず。 学校で習う数学は、定義や計算式を無機質に覚えるばかりで、数学の面白さを感じるのはなかなか難しいかもしれません。
しかし、数学の本質を知れば、そこにたくさんの豊かな意味が見えてきます。一見複雑に見えるものが計算すると実に簡単に表現できたり、果てはたった1行で宇宙を表現することさえ可能だったりと、知れば知るほど数学の美しさや面白さを感じることができるでしょう。
「体感する数学」では、数学用語を日常生活に置き換えて紹介。身近なエピソードで数学を感じることができれば、数学をもっと楽しめるはず。数学を勉強中の学生の方も、数学を改めて勉強したい大人の方も必読の一冊です。

たとえば素数は、インターネットの暗号システムで、「セキュリティの高いカギ」として、利用されています。なぜ素数が「カギ」となるか、身近なエピソードで数学の本質を知れば、「なんだ、そうだったのか!」と、理解と興味が格段にアップすること間違いなし!

竹内薫
サイエンス作家。1960年東京生まれ。東京大学教養学部教養学科、同理学部物理学科卒。マギル大学大学院博士課程修了(高エネルギー物理学専攻、Ph.D.)。科学コミュニケーターとして活躍。『たけしのコマ大数学科』(フジテレビ系)、『サイエンズZERO』(NHK Eテレ)に出演。おもな著書に『不完全性定理とはなにか』(講談社ブルーバックス)などがある。

【商品概要】
◇書名:体感する数学
◇著者:竹内薫
◇発売日:2013年6月15日
◇価格:1260円[税込]

■発売記念イベントを6月12日開催

同書の発売を記念して、2013年6月12日(木)に、著者の竹内薫氏出演のイベント“体感する数学ナイト!~日常は数学で溢れている!~ in 東京カルチャーカルチャー”が開催される。

【イベント概要】
イベント名:体感する数学ナイト!~日常は数学で溢れている!~ in 東京カルチャーカルチャー
日時:2013年6月12日(水) 18:30開場/19:30開始/21:00終了予定
場所:東京カルチャーカルチャー
出演:竹内薫(サイエンス作家)
司会:テリー植田(東京カルチャーカルチャー・プロデューサー)