『新・世界樹の迷宮 ミレニアムの少女』オープニングや劇中に登場するアニメシーンの情報を公開

アトラスより、2013年6月27日発売予定のニンテンドー3DS用ソフト『新・世界樹の迷宮 ミレニアムの少女』。オープニングや劇中に登場するアニメシーンに関する新情報をお届けしよう。

●高品質なアニメで描かれる『世界樹の迷宮』の世界

 アトラスより、2013年6月27日発売予定のニンテンドー3DS用ソフト『新・世界樹の迷宮 ミレニアムの少女』。オープニングや劇中に登場するアニメシーンに関する新情報をお届けしよう。

 2007年に第1作目が発売されたニンテンドーDS用ソフト『世界樹の迷宮』は、タッチペンで地図を描きながらダンジョンを攻略していくという独自の遊び、歯ごたえのあるバトルなどが好評を博した。『新・世界樹の迷宮 ミレニアムの少女』は、シリーズの良さをさらに高めつつ、個性的で魅力あふれるキャラクターたちが繰り広げる、重厚なストーリーで描かれる3DダンジョンRPGとして、『世界樹の迷宮』の再構築を目指したものとなる。

●ストーリーをさらに魅力的に演出! オープニングや劇中にアニメーションが登場!

 アニメーションは『サマーウォーズ』、『千年女優』、『パプリカ』など高品質な作品を生み出している“マッドハウス”が制作。アニメは日向悠二氏が監修し、描くキャラクターの魅力がさらに高まる。

▲エトリアの全景、『世界樹の迷宮』では見られなかった世界観が垣間見られる。

▲世界樹の迷宮内がアニメーションで丁寧に表現され、世界観に没入できるアニメーションとなっている。

▲主人公らは冒険者が集う街:エトリアで怪異を調査するために冒険することになる。街には『世界樹の迷宮』で登場した冒険者たちの姿も。

▲主人公はハイランダーの長にある命を受けて、エトリアの街へ赴くことになる。

▲ハイランダーの里。エトリアとは異なり、鄙びた雰囲気がうかがえる。

▲ヒロインのフレドリカは記憶をなくしている。サブタイトルの“ミレニアムの少女”とは彼女を指すのだろうか。

▲世界樹の迷宮内部を探索中の5人。サイモン、アーサー、ラクーナはミズガルズ図書館から派遣された調査隊である。主人公は、どのようにして彼らと出会うのか。

◆アニメーション設定資料を公開!
 日向悠二氏がアニメを制作するにあたって、キャラクターの資料を制作。その設定資料の一部を公開! アニメーションで登場する冒険者たちは、身長なども細かく決められており、アニメーションを制作するにあたって緻密な設定がなされている。


新・世界樹の迷宮 ミレニアムの少女
メーカー アトラス
対応機種 3DSニンテンドー3DS
発売日 2013年6月27日発売予定
価格 6279円[税込]
ジャンル RPG / 冒険
備考 ディレクター:小森成雄、キャラクターデザイナー:日向悠二、モンスターデザイナー:長澤真、サウンドコンポーザー:古代祐三

(C)Index Corporation 2007, 2013 Produced by ATLUS 
※画面は開発中のものです。※ニンテンドー3DSの3D映像は、同本体でしか見ることができません。画面写真は2D表示のものです。