『ポケットモンスターブラック2・ホワイト2』ニコニコ超選手権2013決勝戦はハッサムVSローブシンがアツい!【ニコニコ超会議2】

2013年4月27日、28日に千葉県・幕張メッセにて開催される“ニコニコ超会議2”。4月27日に、超ゲームエリアにてポケモンのニンテンドーDS用ソフト『ポケットモンスターブラック2・ホワイト2』を使用した“ニコニコ超選手権2013決勝戦”が開催されたので、その様子をお届けしよう。

●優勝選手へのショートインタビューも!

 2013年4月27日(土)、28日(日)に千葉県・幕張メッセにて開催される“ニコニコ超会議2”。4月27日に、超ゲームエリアにてポケモンのニンテンドー3DS用ソフト『ポケットモンスターブラック2・ホワイト2』を使用した“ニコニコ超選手権2013決勝戦”が開催されたので、その様子をお届けしよう。

 本決勝大会には、ニンテンドー3DS用ソフト『ポケットモンスターブラック2・ホワイト2』と連動するWEBサイト“ポケモングローバルリンク”にて、“ニコニコ超選手権2013予選”を勝ち抜いた上位4名を招待。ニコニコ生放送で中継され、観客が見守る中、準決勝が実施された。準決勝第1試合では、佐々木優一選手VS山出優人選手の試合が行われ、ハッサムが大活躍した佐々木選手が決勝に進出。第2試合では戸高昇一選手VS宮原弦輝選手の試合が行われ、ローブシンが驚きの粘り強さを見せた戸部選手が決勝進出を決めた。

▲益田氏のサプライズメッセージビデオも。

 試合の合間には、ゲームフリークの増田順一氏によるサプライズビデオメッセージも。先日公開された『ポケットモンスターX・Y』の新ポケモン(記事はコチラとともに、「皆さんニコニコ超会議2を楽しんでください」とメッセージが送られた。

 決勝戦では、一進一退の試合が展開。互いにクレセリアで仲間をサポートしながら、佐々木選手はハッサム、戸高選手はローブシンと、準決勝でも活躍したポケモンが主力となって活躍した。途中、サポートに徹していたクレセリアが“挑発”によって補助を封じられたり、見事な読みで攻撃を回避したりと、熱い展開には観客もはらはら。どちらが勝つのかまったく読めない中、突如佐々木選手の攻撃が急所にヒット! 運を味方につけた佐々木選手が硬いローブシンを破り、そのままの勢いでメタグロスをも撃破。見事優勝を勝ち取り、試合を締めくくった。

▲決勝戦では実況付きとなるため、選手たちはヘッドフォンを使用。

▲観客席はぎゅうぎゅう詰めに。最前列には選手たちの友人勢が並び、熱いエールを送っていた。

●優勝選手ショートインタビュー!

▲優勝した佐々木 優一選手

今回は優勝した佐々木選手に突撃したので、そのショートインタビューもお届け!

――本日は、優勝おめでとうございます。いまの率直な感想を教えてください。
佐々木 優一選手(以下、佐々木) ポケモンバトルの世界一を目指しているので、じつはここでは負けたくなかったんです。
――今日のバトルをふり返っていかがでしたか?
佐々木 立ち回りを考えると、ケアレスミスもけっこうあったので、反省点は多いですね。
しっかり反省して、WCS(ポケモンワールドチャンピオンシップス)に活かしていけたらと思います。
――バトルではハッサムが大活躍していましたがズバリ、今日の勝因はなんでしょうか?
佐々木 勝因は……運命力ですかね(笑)。最後は運が勝敗を左右する部分が多いゲームなので、しっかり運を引き寄せられてよかったです。
――それでは、最後になにかメッセージをお願いします。
佐々木 WCSの日本代表決定大会で一位を獲って、世界チャンピオンを目指します!