カプコンより発売中のPC版『バイオハザード6』について、本日4月26日よりエクストラコンテンツ“シージ”の配信が開始された。

●エージェントとエネミーに分かれ、訓練兵を巡って戦え!

 PC版だけの追加コンテンツ“ザ・マーセナリーズ アンリミテッド”の追加や、『LEFT 4 DEAD 2』とのクロスオーバーなどが話題のPC版『バイオハザード6』。同作について、本日2013年4月26日より、エクストラコンテンツ“シージ”の配信が開始された。ダウンロード価格は3.99USドルとなっている。
 ※エクストラコンテンツのダウンロード販売はValve社のSTEAMにて行われている。

■シージ(SIEGE)

“シージ(SIEGE)”はBSAA訓練兵を守る“エージェント”側と、訓練兵を襲う“エネミー”側に分かれて戦う対戦モードだ。最大6人で楽しむ事ができる。規定時間訓練兵を守りきればエージェント側の勝利となり、訓練兵を倒せばエネミー側の勝利となる。本モードでは、エージェント側、エネミー側、プレイサイドを入れ替えてプレイすることとなるが、両チームとも訓練兵を倒した場合には、倒すまでに要した“時間”の少ないチームが勝利となる。

◆エージェンドSIDE
エージェント側でのプレイ時には、チームメイトと連携することはもちろん、NPCである訓練兵にも“カモン”、“ウェイト”など、簡単な指示が出せるほか、傷を負った際には手当てすることも出来る。NPCとの連携も重要になるのだ。さらに、マップ上に強力な武器や、破壊すると制限時間を縮めることができるアイテムが出現する。それらを活用して訓練兵を守りぬこう。

◆エネミーSIDE
エネミー側でのプレイ時には、プレイヤーはさまざまなクリーチャーを操作することとなる。予めエージェントハントで操作に慣れておくことが重要だ。マップには封じ込められた強力なエネミーが存在する。囲いを破壊することで解放できるので積極的に解放しよう。時間が進むにつれ、増援も出現する。エネミー側でもチームメイトや、解放したエネミーや増援と言ったNPCとの連携が勝利への鍵となる。