あーくれぼ『ギルティギア』セガ秋葉原1号館の店舗予選&エリア決勝をリポート【ARC REVOLUTION CUP】

アークシステムワークスによる、同社のアーケード版対戦格闘ゲームの全国大会“ARC REVOLUTION CUP(アークレボリューションカップ)”、通称“あーくれぼ”。今回は、東京エリア最後の切符を懸けた『ギルティギア』秋葉原予選の模様をリポート。

●セガ秋葉原1号館の店舗予選&エリア決勝をリポート

 アークシステムワークスによる、同社のアーケード版対戦格闘ゲームの全国大会“ARC REVOLUTION CUP(アークレボリューションカップ)”、通称“あーくれぼ”。今回は、東京エリア最後の切符を懸けた『ギルティギア』セガ秋葉原1号館予選の模様をリポートする。

■ARC REVOLUTION CUPとは?
 ARC REVOLUTION CUP(アークレボリューションカップ)、通称あーくれぼは、『ブレイブルー クロノファンタズマ』、『ペルソナ4 ジ・アルティメット イン マヨナカアリーナ』、『ギルティギア イグゼクス アクセントコア プラス アール』というアークシステムワークスの3タイトルを競技種目とした、国内最大規模のアーケード版対戦格闘ゲームの全国大会。全国各地のゲームセンターで開催される店舗予選、店舗予選勝者が集うエリア決勝を勝ち抜くと、2013年5月19日に開催される同社の創立25周年記念イベント“ARC SYSTEM WORKS FESTIVAL(アークフェス)”内で実施予定の決勝大会に出場できる。なお、同大会はトーナメント方式で、各タイトルの最強を決めるべく1on1の試合形式が採用されている。

【ARC REVOLUTION CUP概要】
◇大会名称:ARC REVOLUTION CUP(アーク レボリューション カップ)
◇競技種目:
・BLAZBLUE CHRONOPHANTASMA(ブレイブルー クロノファンタズマ)
・ペルソナ4 ジ・アルティメット イン マヨナカアリーナ
・GUILTY GEAR XX ΛCORE PLUS R(ギルティギア イグゼクス アクセントコア プラス アール)
◇予選大会:2013年2月16日(土)~2013年4月21日(日)
◇会場:全国の予選実施店舗
 ※詳細は、公式サイトの予選店舗スケジュールをご覧ください。
◇全国決勝大会:2013年5月19日(日)
 会場:パシフィコ横浜 国立大ホール
 (ARC SYSTEM WORKS FESTIVAL(アークフェス)内に実施)
◇主催:アークシステムワークス
◇公式サイト(こちら

●東京地区最後の切符を懸けた戦い

 東京地区最後のエリア予選への切符をかけた、セガ秋葉原1号館の店舗予選には、“あいん”選手(カイ)、“コイチ”選手(イノ)、“KA2”選手(紗夢)、“ちびた”選手(紗夢)など、関東の強豪プレイヤーが勢ぞろい。この大一番を見ようと、多くの『ギルティギア』シリーズファンもつめかけ、会場は熱気に包まれていた。

秋葉原アーケードゲーマーの聖地として知られる秋葉原クラブセガ一号館。『GGXXACPR』の対戦が盛り上がる時間帯は、平日の夜と、休日の昼過ぎから。

トーナメントは、くじ引きで作成された。Aブロックは、KA2選手、ちびた選手、遠藤選手などが集まる激戦区に

■激戦を勝ち上がり、エリア決勝に駒を進めたのは……!?

 Aブロックでは、1回戦からKA2選手とちびた選手による紗夢同キャラクター戦が行われた。優勝候補の一角どうしのこのカードは、相手の対空行動をずらす“空中逆鱗”と、“祓斧”を警戒したラッシュをお互いが仕掛けていくという展開になる。KA2選手は、“しゃがみP”や“立ちK”などを織り交ぜた“ガトリングコンビネーション”で的を絞らせないように攻め立てる。しかし、ちびた選手が凌ぎきり、要所で見返りの大きい技を当ててリードを奪っていた。勝負を決めたのは、連続技後に“朝凪の呼吸・極”で各種必殺技を強化し、打撃の選択肢を警戒させたところで見せた“地上投げ”。補正が大きくかかる投げから、“強化劔楼閣”を決めて体力を削りきり、KA2選手を退けた。

KA2選手VSちびた選手。ちびた選手が見返りの大きい行動を要所でうまくヒットさせ、ダメージで上回っていた。

 Bブロックでも、3回戦でコイチ選手VSてん選手というイノの同キャラクター戦が行われた。両者ともに、全国的に名を知られる強豪イノ使いのカードということで、ギャラリーたちの注目が集まった。この試合は、1回戦からアグレッシブな攻めで対戦相手を退けてきたコイチ選手が、その勢いのままてん選手を圧倒。ジャンプ攻撃をガードさせてからの鋭い“2択”でガードを揺さぶっていた。試合を決めたのは、連続技の終盤で受身をとったところにあわせた“空中投げ”だった。

 Cブロックの3回戦では、あいん選手(カイ)と中村選手(ミリア)が代表権をかけて戦った。体力の少ないミリアに対して、ローリスクな選択肢を中心に攻め立てるあいん選手。一方の中村選手は、技の隙を狙われにくい“P”や“K”を中心にくり出して対抗していた。相手に技がヒットした際に、ダウンを奪うことを重視し、そこから得意とする起き攻めに持ち込んだ中村選手が勝利した。Dブロックでは、Elven Shadow選手(ファウスト)が、闘劇出場経験のあるシュウト選手(アクセル)を圧倒。Elven Shadow選手は、都内の『GGXXAC』プレイヤーたちにも人気の海外選手。多くのプレイヤーが、その勝利を祝福していた。

大会の横では、野試合を楽しむプレイヤーたちの姿も。

 準決勝第1試合は、ふだんから対戦することが多いという、ちびた選手VSコイチ選手のカード。コイチ選手は、ジャンプや後退を使って、紗夢の“逆鱗”や、“千里沁鐘”、“ガトリングコンビネーション”によるラッシュをうまくいなし、地上での殴り合いを極力避けつつ、ローリスクに攻めのチャンスを作り出すという戦術をとっていた。攻めの際には、“祓斧”への対策となる下段攻撃を織り交ぜて、ちびた選手の防御をこじあけていたのが印象的だった。最終ラウンドは、お互いの体力を削りあう展開となるが、コイチ選手がちびた選手の横押しを切り替えして勝利した。

 準決勝第2試合は、中村選手VSElven Shadow選手。Elven Shadow選手は、空中から攻め込もうとするミリアに対して、“ジャンプHS”を置いておくようにくり出すことでプレッシャーをかけ、試合のペースをつかんでいた。この行動で、中村選手に地上、空中ガードを意識させたElven Shadow選手は、素早い地上ダッシュから攻めを仕掛けて、見事に勝利。決勝進出を決めた。ミリアに対して若干部が悪いとされるファウストで、強豪プレイヤーを破ったElven Shadow選手には、会場のギャラリー、選手たちから惜しみのない拍手が送られていた。

 決勝は、激戦を独創的な動きで勝ち抜いてきたふたり、コイチ選手VSElven Shadow選手。コイチ選手は、「準決勝の勢いで攻められると危ない」と判断し、開幕から強気の攻めを立て続けに仕掛けていく。この戦術が功を奏し、コイチ選手が終始ラッシュをかけ続け、危なげなく店舗予選通過を決めた。

コイチ選手には多くのギャラリーと友人たちが、声援を送っていた。持ち味である、躍動感溢れるプレイスタイルには、ファンも多いのだ。

この日の試合結果はこちら。

■東京最後の本戦出場枠をかけたエリア決勝

 エリア決勝大会は、のれん選手(スレイヤー)、ミツルギ選手(アクセル)、コイチ選手(イノ)による総当り戦。1試合目は、ミツルギ選手VSのれん選手。ミツルギ選手が、スレイヤーの横押しをアクセルの長いリーチを活かしていなしていき、のれん選手の得意とする接近戦にもつれ込むことなく試合をコントロールしていた。アクセルのリーチの長い技に対しては、“ダンディーステップ→パイルバンカー”がタイミング次第ではかみ合ってしまうため、遠距離戦を仕掛けたとしてもリスクを伴う部分は大きいが、ミツルギ選手はダンディーステップの的を絞らせないように巧みに技を使い分けていた。

対戦相手の緊張も、大会慣れしているコイチ選手にとってはアドバンテージとなったようだ。

 2試合目は、のれん選手VSコイチ選手。コイチ選手は、スレイヤーに“テンションゲージ”を溜めさせないように、積極的に攻めを仕掛けていた。過去のあーくれぼ予選を振り返っても、スレイヤーにはいい思い出がないというコイチ選手だったが、この試合では相手の攻めっ気を殺ぐほどの猛攻を見せつけ、終始試合をリード。のれん選手側が攻めこんできた際も、ローリスクな連携として知られる“アンダープレッシャー始動の連携”を、“直前ガード→最速立ちP”で割り込むという対策を完璧な精度でこなし、攻守を逆転させていた。起き攻めの際には、スレイヤーのテンションゲージを溜めさせなかったことで、切り替えし手段として多用される“フォースブレイク版ダンディーステップ”を封じていたのが印象的だった。

 3試合目はコイチ選手VSミツルギ選手。ひとつのヤマ場だったスレイヤー戦を乗り越えたコイチ選手のまわりには、すでにエリア決勝出場を決めている『ペルソナ4 ジ・アルティメット イン マヨナカアリーナ』(以下『P4U』)のプレイヤーたちも応援に駆けつけていた。『P4U』と『GGXXACPR』の2種目本戦出場にリーチをかけたコイチ選手の座る筐体のまわりは、多くのギャラリーでにぎわっていた。会場を味方につけたコイチ選手は、ミツルギ選手を圧倒。ギャラリーたちからも歓声があがるテクニカルな動きや連携を連発し、本戦出場への切符を手にした。

エリア決勝通過の証である、通称・金切符を手に入れたコイチ選手。店舗予選を通過した証明となる賞状は、プレイヤーたちの間で通称・銀切符と呼ばれているが、コイチ選手はこれを5枚も所持しているとのこと。5度目のエリア決勝進出で、ついに優勝!

■予選通過者、コイチ選手(イノ)インタビュー

――優勝おめでとうございます。いまの心境をお聞かせください。

コイチ選手(以下、コイチ) 最後で予選を通過できて、ほっとしています。あーくれぼが発表されたときには、これは『P4U』と『GGXXACPR』を早めに通過して、残りの時間を『ブレイブルー』に充てて、3種目通過したいと思ったいたんですが、『GGXXACPR』をとるので精一杯でした。

――エリア決勝までは順調に進んでいる大会が多かった印象を受けました。

コイチ そうなんです。ただ、このゲームは調整版とはいえ、皆それぞれにやり込んできていて、最後の一歩で届かないことが多かったですね。あとは、シングル戦ならではの怖さも、久々に味わいました。ふだん10回対戦して、8回勝てる相手でも、大会では2をひかれてしまうということが起きたりしますしね。このゲームは、やっぱり、「相手のやりたいことをやらせない、自分のやりたいことをやる」という意識が大事だなと(笑)

――今日の大会のヤマ場についてお聞かせください。

コイチ 店舗予選では、ちびた選手、KA2選手を警戒していました。紗夢戦は、ケンカのような殴り合いになると押し切られてしまうことが多いので、当たったら危ないかなと思っていたんです。1回戦で、そのふたりが潰し合う形になったのは、少し運があったのかもしれません。エリア決勝では、やっぱりスレイヤーですね。この大会の予選を通じて、スレイヤーに何度か折れかけました(笑)

――大会前に対戦しているのれん選手を見て、攻めの鋭さに驚かされました。

コイチ のれん選手と、大会前に何度か試合をしてみて、戦績はそれほど悪くなかったのですが、こちらが負けるときは何もできずに一方的に負けることがあったので怖かったですね。

――のれん選手との試合の決め手は何でしょう?

コイチ スレイヤーの手癖になりがちな攻めへの対策をしていたことですね。“アンダープレッシャーガード後”の“立ちP割り込み”もそうです。試合前には、PS Vita版でスレイヤーの“近距離S→遠距離S”に“スラッシュバック”で割り込む練習をしていました。

――本戦への意気込みをお聞かせください。

コイチ 『GGXXACPR』は、エリア決勝で負け続けたことで、悔しくてかなり練習しました。そのおかげか、いまは強さに自信があります(笑)。『P4U』も、大会に向けて調整していければと思っています。

●店舗紹介
■セガ 秋葉原 1号館
住所:東京都千代田区 外神田1-10-9
TEL:03-5256-8123
営業時間:10:00~24:00
公式サイト(こちら