2013年3月30日、31日の2日間、千葉県の幕張メッセで開催されているアニメの祭典“アニメ コンテンツ エキスポ 2013”。30日のREDステージでは、2013年夏に公開予定のアニメ『超次元ゲイム ネプテューヌ THE ANIMATION』のステージが行われ、ノワール役の今井麻美、ユニ役の喜多村英梨、監督の向井雅浩氏に加え、司会として鷲崎健が出演した。

●監督いわく、すべてのキャラクターが“かわいい”!?

 2013年3月30日、31日の2日間、千葉県の幕張メッセで開催されているアニメの祭典“アニメ コンテンツ エキスポ 2013”。30日のREDステージでは、2013年夏に公開予定のアニメ『超次元ゲイム ネプテューヌ THE ANIMATION』のステージが行われ、ノワール役の今井麻美、ユニ役の喜多村英梨、監督の向井雅浩氏に加え、司会として鷲崎健が出演した。

▲司会の鷲崎健。
▲写真左から今井麻美と喜多村英梨。

 トークでは、ネプテューヌたちキャラクターの話題に。『超次元ゲイム ネプテューヌ』を1回、『超次元ゲイム ネプテューヌ mk2』を7回、『神次元ゲイム ネプテューヌV』を5回クリアーしたという、『ネプテューヌ』シリーズを愛する向井監督から各キャラクターが紹介された……のだが、キャラクターへの愛情が溢れに溢れたせいなのか、監督のコメントはどれも“かわいい”ばかり。とくに、ネプテューヌの妹であるネプギアや、ノワールの妹であるユニなど、妹チームがお気に入りらしく、満面の笑みで各キャラクターを紹介していた。

▲今井と喜多村は、ノワールとユニとしてデュエットCDも出している。
▲監督の向井雅浩氏。

 続いての話題は、気になるアニメーションの物語に。向井監督いわく、『超次元ゲイム ネプテューヌ THE ANIMATION』では、アニメオリジナルの話が進んでいくとのこと。だが、完全オリジナルでありながらも、ゲームのイベントシーンをアニメならではの見せかたで再現していくようだ。原作のゲームを何度もクリアーした向井監督だけに、ゲームで構築した世界を崩さないように、ゲーム原作とアニメがオーバーラップしたものにまとめ上げ、原作のゲームファンはもちろん、初めて『ネプテューヌ』シリーズを見る人も楽しめる内容を目指しているとのこと。

 ステージでは、新作PVの初公開も行われた。かわいく描かれた各キャラクターの紹介に加えて、変身シーン、バトルシーンなどが入った、ハイクオリティーなPVが公開されると、会場からは大きな拍手が。なお、新作PVではゲームから引き続きオープニングを担当する、naoの『Dimension tripper!!!!』を聴けるのもポイントだ。

>

 ステージの終盤では、『ネプテューヌ』シリーズの今後の展開を発表。ネプテューヌがアイドルになった(!?)アドベンチャーゲーム、『神次元アイドル ネプテューヌPP』(プレイステーション Vita用ソフト)が、2013年6月20日発売予定で、続いて人気投票で1位になったノワールが主人公の『超女神信仰ノワール 激神ブラックハート』(プレイステーション Vita用ソフト)が、2013年に発売予定。さらに、『超次次元ゲイム ネプテューヌ Re;Birth1』も発売予定だが、こちらは今後続報を発表していくとのことだ。また、アニメをベースにしたスピンオフ作品も登場予定。スピンオフコミック『超次元ゲイム ネプテューヌ THE ANIMATION はろーにゅーわーるど』が電撃マオウにて連載予定。そして、このステージで初めて発表された情報として、スピンオフのノベライズが、MF文庫Jから続々刊行される予定とのことだ。第1弾として、『超次元ゲイム ネプテューヌ THE ANIMATION TGS 炎の二日間』が2013年5月25日に発売予定。表紙は、『ネプテューヌ』シリーズのキャラクターデザインを務める、つなこ氏による描き下ろしだ。

 数々の情報を発表して、『超次元ゲイム ネプテューヌ THE ANIMATION』のステージは終了。2013年夏の放映に向けて、これからも新情報が出るはず。放映まで期待して待とう!