『デジモンワールド リ:デジタイズ』の続編、『デジモンワールド リ:デジタイズ デコード』がニンテンドー3DSで発売決定!

“デジモン”15周年プロジェクト第4弾となる『デジモンワールド リ:デジタイズ デコード』が、ニンテンドー3DS用ソフトとして、バンダイナムコゲームスから2013年6月27日に発売されることになった。前作『デジモンワールド リ:デジタイズ』からパワーアップした続編の情報をお届け。

●“デジモン”15周年記念プロジェクト第4弾発売決定

3DS_logo.jpg

 “デジモン”15周年プロジェクト第4弾として、バンダイナムコゲームスからニンテンドー3DS用ソフト『デジモンワールド リ:デジタイズ デコード』が、2013年6月27日に発売されることになった。
 このソフトは、2012年に発売されたPSP用ソフト『デジモンワールド リ:デジタイズ』の続編。PSP版を購入したユーザーの声を反映し、ゲーム内容の大幅な改善とボリュームアップを遂げている。新システムはもちろん、登場するデジモンやイベントも大幅に追加。

●異世界“デジタルワールド”を冒険する少年たち!
 まずは、本作に登場するメインキャラクターを紹介しよう。キャラクターデザインは、ヤスダスズヒト氏が担当している。


主人公m.jpg ニコ.jpg

▲主人公/ロードバイクが趣味の中学生。友人たちとネットゲーム“デジタルモンスター”を遊んでいたところ、突然異世界“デジタルワールド”へ飛ばされてしまう。

▲ニコ(ニコライ・ヤーコヴィッチ・ペトロフ)/主人公の親友で、“デジタルモンスター”ではライバルプレイヤー。頼りがいがある、一本気でストレートな性格。たまに周りが見えなくなり、暴走することも……。

ユウヤ.jpg アキホ.jpg ミレイ.jpg

▲久我ユウヤ/強力なデジモンを操る少年。つねに物腰が柔らかく、にこやかな表情をしているが、ある目的を持って“デジタルワールド”を探索しているようだ。果たしてその目的とは?

▲鈴童アキホ/元気で、好奇心旺盛で、楽しいことが大好き。面倒見がよく、“デジタルワールド”では困っているデジモンたちを助けて回ったりもする。

▲御神楽ミレイ/主人公の前に現れる謎の少女。クールな表情の裏に、強い意志を隠している。どうやら“デジタルワールド”の迫る危機の正体を知っているようだが……。

●“デジタルワールド”を冒険する!
 コンピュータネットワーク上に存在する異世界“デジタルワールド”。いつものように主人公たちがゲーム“デジタルモンスター”を遊んでいるときに、謎のメールが届く。そのメールに添付された暗号を解いたとき、少年たちは不思議な光に包まれ、“デジタルワールド”へと迷い込んでしまったのだった……。
 不思議な異世界“デジタルワールド”を、主人公たちは育成したパートナーデジモンとともに探索する。“デジタルワールド”に散らばるさまざまな謎を探りながら、現実世界へ戻る方法を探すのだ。


4-04.jpg 2-02.jpg 4-01_ベティウム篇_その1.jpg

 “デジモンワールド”では、リアルタイムで進む時間の中で、誕生と死をくり返すデジモンを育成していく。育成には、食事の世話やトイレ、睡眠やトレーニングなどがあり、成長するとさまざまな姿へと“進化”する。限られた寿命のなかで、最強のデジモンを育て上げるのだ。
 また、冒険中には野生のデジモンが襲ってきてバトルになることも。バトルはリアルタイムに進行し、パートナーデジモンは自分の考えで行動する。プレイヤーは司令塔となり、デジモンに指示を出して、サポートすることになる。


5-01_育成_空腹なので肉が欲しい.jpg 5-03_進化.jpg

▲デジモンは、ふき出しで意思表示をするぞ。

▲育成次第で、さまざまな姿へと“進化”する。

5-04_バトル4上画面.jpg 5-05_バトル4下画面.jpg 5-06_召還ワザ.jpg

▲育成方法によって、デジモンの行動パターンが変化する(左・上画面表示)。下画面のタッチパネルを使って、デジモンに指示を出す(右)。

▲育成次第で、強力な召喚技も発動可能だ。

●本作ではどこが進化?
 前作に収録された“亜種生命体ヴィティウム篇”はもちろん、新たに“慟哭のX抗体篇”、“策謀の魔王篇”の2本のシナリオが追加された。サブイベントも大幅に追加され、総イベント数はPSP版の倍以上のボリュームとなっている。
 また、登場するデジモンも大量に追加。アンケートをもとに、育成可能ならデジモンが160体、ボスなどを含めた登場デジモンはなんと200体以上にも及ぶ!
 さらに、ゲームシステムも調整されている。ニンテンドー3DSの2画面に対応したゲームシステムにとして、マップを常時表示させたり、後述の“デジッター”といったシステムを搭載しているのだ。


6-01_新たなイベント.jpg 6-02_新たなデジモン.jpg 6-04_マップ移動下画面.jpg

●新シナリオ・慟哭のX抗体篇
 人工生命体“ヴィティウム”の暴走により、デジタルワールドが不安定になった。安定を取り戻すべく、デジタルワールドのホストコンピュータ“イグドラシル”が活性化し、封印されていた“ムゲンマウンテン”をエミュレートする。そしてデジタルワールドを浄化すべく、異分子を強制削除する“Xプログラム”を散布し始めるのだった。
 “Xプログラム”の影響で、街に暮らすデジモンがつぎつぎに倒れていく。オメガモンX、デュークモンXは、再び惨劇をくり返そうとする“イグドラシル”の真意を知るため、“ムゲンマウンテン”の調査を開始する!


オメガモンX抗体.jpg デュークモンX抗体.jpg

▲オメガモンX抗体 究極体/戦いにおいて、一瞬にして先を読み、対応できる究極の力“オメガインフォース”を身につけている。あらゆる状況下でのオメガモンの戦闘センスとポテンシャルが極限まで高められ、引き出された能力である。

▲デュークモンX抗体 究極体/騎士としての忠義を貫き、聖なる戦いに身を投じるデュークモンは、ついに至高の聖鎧(せいがい)、聖槍(せいそう)、聖盾(せいじゅん)を授かるに至った。

ドルモン.jpg 7-02_X抗体篇_ドルモンの苦悩.jpg 8-04_X抗体篇_ムゲンマウンテンにて.jpg

▲ドルモン 成長期/額に旧式のインターフェースを持つため、デジモンが発見される以前の実験用“プロトタイプデジモン”と推測される獣型デジモン。闘争本能が強く、何にでもよく噛みつき、よく吠えるが、一度噛みついたものには馴れるらしい。

▲X抗体に深い関わりを持つドルモンも、“ムゲンマウンテン”の調査に参加する。

8-01_X抗体と対決.jpg 8-02_ムゲンマウンテンへ進入.jpg 8-03_X抗体篇_ムゲンマウンテン入り口.jpg

▲最強のコンビを相手に、どれだけ耐えることができるのか?

▲“ムゲンマウンテン”内部では、さまざまな仕掛けが待っている。

▲Xウィルスが蔓延している“ムゲンマウンテン”内部では、X抗体のないデジモンは苦戦する。

●“デジッター”と“デコードレベル”
 リアルタイムでゲームが進行する“デジタルワールド”では、つねにさまざまな出来事が起こっている。また、なかには時間限定で発生するイベントもあるため、見逃してしまうことも……。そんな時に便利な機能が“デジッター”だ。
 デジモンたちがつぶやいた各地の出来事が、本体の下画面に表示される。育成の成功(or失敗)といったパートナーデジモンの状態も表示されるので、育成のおおきな助けになる。


9-01_デジッター上画面.jpg 9-02_デジッター下画面.jpg

▲新機能の“デジッター”。デジモンたちのつぶやきは、本体の下画面(右)に表示される。

 一方の“デコードレベル”は、デジモンの潜在能力を引き出す力を指す。
 デジモンワールド内では、データの集合体であるデジモンやデジタルワールドの情報を解読し、正しい形に直したり、本来以上の能力を引き出すことのできる主人公の適正能力を“デコードレベル”と呼ぶ。正しい育成を行うと、主人公の“デコードレベル”が上昇し、デジモンの育成が楽になるというわけだ。


10-01_デコードレベル_デコードレベル表示.jpg 10-02_デコードレベル_デコードレベルによるブースト.jpg

▲主人公の“デコードレベル”が上がると、パートナーデジモンのステータスにブーストがかかり、育成が楽になるのだ。


デジモンワールド リ:デジタイズ デコード
メーカー バンダイナムコゲームス
対応機種 ニンテンドー3DS
発売日 2013年6月27日発売予定
価格 通常版、ダウンロード版ともに5480円[税込]
ジャンル 育成RPG
備考 開発:トライクレッシェンド、24Frame、プロデューサー:羽生和正、ディレクター:友野祐介

(c)本郷あきよし・東映アニメーション・テレビ朝日・電通
(c)2013 NBGI
※画面は開発中のものです。