『TES V: スカイリム』Xbox 360版でパッチ1.8が配信、DLC第3弾“Dragonborn”は12月21日配信決定

ベセスダ・ソフトワークスは、『ザ エルダースクロールズ V: スカイリム』Xbox 360版について、ダウンロードコンテンツ第3弾“Dragonborn”を12月21日に配信することを発表した。

●“最初のドラゴンボーン”との対決に備えよ!

121221tesv/1761DragonPeak.jpg

 ベセスダ・ソフトワークスは、オープンワールドRPG『ザ エルダースクロールズ V: スカイリム』Xbox 360版について、ダウンロードコンテンツ第3弾“Dragonborn”を12月21日に配信することを発表した。

 同DLCの価格は1600MSP。『The Elder Scrolls III: Morrowind』(日本未発売)にも登場したモロウウィンド地方にあるソルスセイム島(スカイリムの北東にある)を舞台に、最強の敵である“最初のドラゴンボーン”との戦いが描かれる。
 新ダンジョンやクリーチャー、装備などはもちろん、新たなドラゴンシャウトやパワーも登場。後ほどベセスダ・ソフトワークスで体験してきたプレイリポートをお届けする予定なので、今しばらくお待ち頂きたい。


 また、DLCの配信に先駆けて、本作のパッチ1.8の配信がスタートしている。安定性の向上や特定の問題の解消が行われているので、適用しておくといいだろう。

【パッチ1.8 アップデート内容】
・通常時のメモリと安定性の改善
・吸血鬼の手(Vampiric Grip)を使用した際、稀にクラッシュしていた問題を修正
・アーンリーフ・アンド・サンズ貿易会社(Arnleif and Sons Trading Company)の扉に永久に鍵が掛かってしまう問題を修正
・NPC複製に関する問題を修正
・稀に外側の扉が正しく開かなかった問題を修正