“Revo Linked BRAVELY DEFAULT Concert”リポート――Revoが音楽で誘う『ブレイブリーデフォルト』の世界

2012年11月25日に行われた、オーケストラ、バンド、歌い手たちが織りなす『ブレイブリーデフォルト』のコンサート“Revo Linked BRAVELY DEFAULT Concert”の模様をお届け。

●横浜から、遙かなるルクセンダルクの地へ!

 スクウェア・エニックスより2012年10月11日に発売されたニンテンドー3DS用ソフト『ブレイブリーデフォルト』。本作の全楽曲は、音楽ユニット“Sound Horizon”(読み:サウンドホライズン)を主宰するサウンドクリエイター、Revo(レヴォ)が手掛けている。スクウェア・エニックスからは、これらの楽曲をすべて収録したCD「ブレイブリーデフォルト フライングフェアリー オリジナル・サウンドトラック」も発売されている。

 『ブレイブリーデフォルト』の参加に合わせ、Revoは新プロジェクト“Linked Horizon”(読み:リンクトホライズン)を発表。これは、Revoがほかの作品とコラボレーションして音楽活動をする際のプロジェクト名。Linked Horizonは、『ブレイブリーデフォルト』の楽曲をさまざまな形でアレンジし、収録したマキシシングル「ルクセンダルク小紀行」と、アルバム「ルクセンダルク大紀行」を発売した。

 そして2012年11月25日、神奈川県の横浜アリーナにて、オーケストラ、バンド、歌い手たちが織りなすコンサート“Revo Linked BRAVELY DEFAULT Concert”が開催され、会場には多くのファンが訪れた。

 コンサートの1曲目は「Theme of the Linked Horizon」。森の中を、白い服の少女が歩いていく……という、「ルクセンダルク小紀行」に収録されているミュージック・ビデオと同じ情景がステージで再現された。そして、続く2曲目「ルクセンダルク紀行」で、観客はルクセンダルクの地へと誘われていく。なお、「ルクセンダルク紀行」には6人の歌姫が参加しているが、歌姫らが『ブレイブリーデフォルト』の登場人物や世界観をイメージした衣装を着ているのが印象的だった。

 続いて、旅の始まりを告げるように、「ブレイブリーデフォルト フライングフェアリー オリジナル・サウンドトラック」より「希望へ向う序曲」、フィールドメドレー(「光と影の地平」、「海原を駈ける船」、「大空を翔ける艇」)が奏でられた。

 旅に出れば、もちろん戦いが待っている。“バトルメドレー”として演奏されたのは、「戦いの鐘[Long Version]」、「戦いの果てに[Long Version]」、「彼の者の名は…[Vocalized Version]」。バンドメンバーによる演奏とRevoの歌声が、会場を大いに盛り上げた。

 長い戦いの終わりを、戦闘勝利時の曲「勝利の歓び」が告げると、Revoは「ここまでフルブレイブしてきたので、ここからはデフォルトしてもらいたい」と述べ、しっとりしたボーカル曲「虚ろな月の下で」、「花が散る世界」と、インストゥルメンタル曲「水晶の闇と煌き」、「風が吹いた日」、「緊迫の時」、「公国の御旗の下に」、「他愛もない出来事」が披露された。

 デフォルトの後に待つのは、盛り上がるボーカル曲の連続。最初にRevoが「練習をしましょうか」と提示した掛け声は、「み・な・ぎ・るー!」。ゲームをプレイした人なら、何の曲が演奏されるのか、これだけでわかっただろう。ティズ、アニエス、イデア、リングアベルの必殺技使用時の楽曲をボーカルアレンジした「君は僕の希望[Vocalized Version]」、「風の行方[Vocalized Version]」、「雛鳥[Vocalized Version]」、「愛の放浪者[Vocalized Version]」、そしてスーパースターであるプリンのテーマソング「純愛◆十字砲火[Long Version]」(※◆は、正しくはハートマークがふたつ重なっているマークです)が歌い上げられた。「純愛◆十字砲火」では、ボーカルのDaisy×Daisy(MiKA)が「ファイアー」と言う度にステージ上で炎が舞い上がるという迫力の演出も見られ、観客は大盛り上がり。この時、確かに観客たちはプリンの親衛隊になっていた。

 コンサートはいよいよクライマックスへ。超絶技巧を持つバンドメンバーにより、ゲーム終盤で聴くことができるバトル曲メドレー「邪悪なる戦い」、「邪悪なる飛翔」、「地平を喰らう蛇」が披露された。

 最後の曲は、『ブレイブリーデフォルト』エンディングテーマである「希望へ向う譚詩曲[Concert Arranged Version]」。本コンサートに参加した全員で奏でられる特別バージョンだ。長い旅の終わりを彩る楽曲に、観客全員が耳を傾けた。

 そして、観客による大きな拍手を受けて始まったアンコール。「『ブレイブリーデフォルト』の曲はたくさん演奏してきたから」と、Sound Horizonの楽曲「即ち……光をも逃がさぬ暗黒の超重力[Concert Arranged Version]」が歌い上げられた。「超重力!」という歌詞とともにジャンプするのがお決まりになっているこの曲で、Revoは「超クレセントムーン!」、「超海老で鯛を釣る!」と『ブレイブリーデフォルト』の技名を言いながらジャンプし、会場を沸かせた。最後に、Revoの「ブレイブリー!」という叫びに、観客全員が「デフォルト!」と応え、コンサートは幕を閉じた。

 楽曲の構成や演出、トークの内容から、Revoの『ブレイブリーデフォルト』への愛が伝わってきた本コンサート。これまでのゲーム音楽のコンサートにはない情熱とうねりを感じることができた。Revoは「続編があるなら、ぜひやりたい」と語っているが、ぜひ続編についても楽曲制作、そしてコンサートを手掛けてほしいと強く思う。

■Vocals, Narration & Child Act
Revo
mao/Ceui/RIKKI/Joelle/Daisy×Daisy(MiKA)/小湊美和/Ike Nelson/ヤスイエミコ

■セットリスト
「Theme of the Linked Horizon」(「ルクセンダルク大紀行」より)
「ルクセンダルク紀行
 はじまりの国 カルディスラ
 砂と大時計の国 ラクリーカ
 艶花の国 フロウエル
 沈みそうな国 グランシップ
 内線の国 エイゼンベルク
 不死の地 エタルニア公国
 フィナーレ」(「ルクセンダルク大紀行」より)
「希望へ向う序曲」(「ブレイブリーデフォルト フライングフェアリー オリジナル・サウンドトラック」より)
「光と影の地平」(「ブレイブリーデフォルト フライングフェアリー オリジナル・サウンドトラック」より)
「海原を駈ける船」(「ブレイブリーデフォルト フライングフェアリー オリジナル・サウンドトラック」より)
「大空を翔ける艇」(「ブレイブリーデフォルト フライングフェアリー オリジナル・サウンドトラック」より)
「戦いの鐘[Long Version]」(「ルクセンダルク大紀行」より)
「戦いの果てに[Long Version]」(「ルクセンダルク小紀行」より)
「彼の者の名は…[Vocalized Version]」(「ルクセンダルク小紀行」より)
「勝利の歓び」(「ブレイブリーデフォルト フライングフェアリー オリジナル・サウンドトラック」より)
「虚ろな月の下で[Vocalized Version]」(「ルクセンダルク大紀行」より)
「花が散る世界[Vocalized Version]」(「ルクセンダルク大紀行」より)
「水晶の闇と煌き[Concert Arranged Version]」(「ブレイブリーデフォルト フライングフェアリー オリジナル・サウンドトラック」より)
「風が吹いた日[Concert Arranged Version]」(「ルクセンダルク小紀行」、「ブレイブリーデフォルト フライングフェアリー オリジナル・サウンドトラック」より)
「緊迫の時」(「ブレイブリーデフォルト フライングフェアリー オリジナル・サウンドトラック」より)
「公国の御旗の下に」(「ブレイブリーデフォルト フライングフェアリー オリジナル・サウンドトラック」より)
「他愛もない出来事」(「ブレイブリーデフォルト フライングフェアリー オリジナル・サウンドトラック」より)
「君は僕の希望[Vocalized Version]」(「ルクセンダルク大紀行」より)
「風の行方[Vocalized Version]」(「ルクセンダルク大紀行」より)
「雛鳥[Vocalized Version]」(「ルクセンダルク大紀行」より)
「愛の放浪者[Vocalized Version]」(「ルクセンダルク大紀行」より)
「純愛◆十字砲火[Long Version]」(「ルクセンダルク大紀行」より)
※◆は、正しくはハートマークがふたつ重なっているマークです。
「邪悪なる戦い」(「ブレイブリーデフォルト フライングフェアリー オリジナル・サウンドトラック」より)
「邪悪なる飛翔」(「ブレイブリーデフォルト フライングフェアリー オリジナル・サウンドトラック」より)
「地平を喰らう蛇」(「ブレイブリーデフォルト フライングフェアリー オリジナル・サウンドトラック」より)
「希望へ向う譚詩曲[Concert Arranged Version]」(「ルクセンダルク小紀行&大紀行」、「ブレイブリーデフォルト フライングフェアリー オリジナル・サウンドトラック」より)

アンコール
「即ち……光をも逃がさぬ暗黒の超重力[Concert Arranged Version]」(Sound Horizon未リリース楽曲)

■Musicians
田代耕一郎(Gt.)/西山毅(Gt.)/マーティ・フリードマン(Gt.)/YUKI(Gt.)/長谷川淳(Ba.)/河合英史(Key.)/桜庭統(Key.)/淳士(Dr.)/鈴木正則(Tp.)/旭孝(T.whistle)/平原まこと(Sax)
弦一徹ストリングス
千住明(Cond.)/東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団