富野由悠季と新進気鋭のクリエイターによって生み出されたSFロボットアニメーション『オーバーマン キングゲイナー』がBlu-ray BOXになって登場する。発売日は、2013年3月22日を予定。価格は、36750円[税込]。

●豪華クリエイター陣が集結したロボットアニメ

 富野由悠季と新進気鋭のクリエイターによって生み出されたSFロボットアニメーション『オーバーマン キングゲイナー』がBlu-ray BOXになって登場する。発売日は、2013年3月22日を予定。価格は、36750円[税込]。

 監督・富野由悠季のもと、ゼロ年代アニメーションシーンを牽引する新進気鋭のクリエイターが多数集結したことで注目を集めた『オーバーマン キングゲイナー』。『交響詩篇エウレカセブン』などの吉田健一、『コードギアス 反逆のルルーシュ』などの安田朗、『ストリートファイターII』シリーズなどの西村キヌ、『コードギアス 反逆のルルーシュ』などの大河内一楼、『トップをねらえ!』などの田中公平、『機動戦士ガンダムSEED』などの山根公利、『機動戦士ガンダムUC』などの中田栄治と、豪華なクリエーター陣が参加した作品だ。BD-BOXには、監督・富野由悠季監修のもと、2007年に制作された5.1ch並びにオリジナルステレオ音源、既発のDVDに収録されたすべての映像特典が網羅されるほか、企画書、イメージボード、ラフ設定他、数多の資料より厳選して掲載した解説書も封入。ファン必携のアイテムとなること間違いなしのBD-BOXとなっているのだ。

【ストーリー】
この時代、人類は新たな文明を構築していた。破壊された環境を取り戻すため、本来、人類が生活するにはきびしい土地にドームポリスを建設し、その中で暮らしていた。しかし時は過ぎ、地球の環境が改善されると人間は本来いた土地で生きるべきだという考えが生まれ、ドームポリス脱出(エクソダス)が各地で行われるようになった。しかしエクソダスは犯罪のひとつとして取り締まられるようになり、その結果、大規模なエクソダスを成功させた者は皆無であった。そんな時代が、この物語の舞台である――。

■オーバーマン キングゲイナー BDメモリアルBOX
発売日:2013年3月22日発売予定(※2014年3月31日までの期間限定生産商品)
価格:36750円[税込]
仕様:カラー(予)650分/ドルビーTrueHD(5.1ch)・リニアPCM(ステレオ)/AVC/BD25G×1枚+BD50G×5枚/16:9<1080i High Defnition>
【特典】
・キングゲイナーアーカイブス(32P)※貴重な企画時の資料、デザイン、版権イラスト等を厳選して掲載
・ライナーノート(16P)
・BOXイラストは吉田健一、インナージャケットは安田朗、西村キヌ、中田栄治らによる描きおろし
発売元・販売元:バンダイビジュアル

【全26話収録】
第1話「ゲインとゲイナー」
第2話「借りは返す」
第3話「炸裂! オーバースキル」
第4話「勝利の味はキスの味」
第5話「シベリアに光る目」
第6話「セント・レーガンの刺客」
第7話「鉄道王キッズ・ムント」
第8話「地獄のエキデン」
第9話「奮闘! アデット先生」
第10話「アスハムの執念」
第11話「涙は盗めない」
第12話「巨大列石の攻防」
第13話「ブリュンヒルデの涙」
第14話「変化ドミネーター」
第15話「ダイヤとマグマの間」
第16話「奮戦、アデット隊」
第17話「ウソのない世界」
第18話「刃の脆さ」
第19話「リオンネッターの悪夢」
第20話「カテズで勝てず」
第21話「オーバーマンの闇」
第22話「アガトの結晶」
第23話「復活のオーバーデビル」
第24話「オーバーマックス」
第25話「氷の中で」
第26話(最終話)「ゲインオーバー」

【スタッフ】
原作・総監督:富野由悠季
シリーズ構成:大河内一楼
キャラクターデザイン:中村嘉宏、西村キヌ(カプコン)、吉田健一
メカデザイン:安田 朗(カプコン)、山根公利、吉田健一
アニメーションディレクター:吉田健一
美術監督:池田繁美
色彩設計:横山さよ子
撮影監督:大矢創太
編集:山森重之
音楽:田中公平
音響監督:鶴岡陽太
製作:サンライズ・WOWOW・バンダイビジュアル 他

【キャスト】
ゲイナー:野島裕史
ゲイン:かわのをとや
サラ:小林 愛
ベロー:大竹周作
ママドゥ:西 凜太朗
ヒューズ:草野 徹
アナ:鬼頭典子
ヤッサバ:江川央生
アデット:林 真里花
シンシア:水城レナ 他