2012年11月18日、アメリカで任天堂の新型ハードWii Uが発売される。ニューヨークにあるニンテンドー・ワールド・ストアでは、0時の解禁を前に“ニューヨークスタイル”のド派手なローンチイベントが行われた。

●もちろん先頭はあのヒトでした

 2012年11月18日、アメリカで任天堂の新型ハードWii Uが発売される。ニューヨークにあるニンテンドー・ワールド・ストアでは、同日0時の解禁を前に“ニューヨークスタイル”のド派手なローンチイベントが行われた。

 記者が夕方に行ってみると、16日夜には3~40人程度だった行列が一気に様変わり。数百人の列が彼方まで続いている上、これからの待ち時間を退屈しないよう、一定間隔でテレビが設置されているというスケールの違いに早速驚かされた。
 列の先頭集団を集めた会場ではダンスミュージックで盛り上げつつ、おみやげや軽食の提供なども行われており、11月のニューヨークの気温にまったく負けない明るいノリで、意外なほどあっという間に深夜販売までの時間が過ぎた。

 NOA(ニンテンドー・オブ・アメリカ)のレジー・フィザメイ社長は、イベントでの挨拶で、ほぼちょうど6年前、2006年11月に北米で発売されたWiiについて触れ、「5歳から95歳まで」遊べることでゲームをプレイする“顔ぶれ”を変えたその成功を、Wii Uで継続させることを誓った。

 同社長はカウントダウンにも登場し、その足でストア内に入って、列の先頭に並んでいたファンに最初のWii Uを手渡し。その後も夜通しイベントは続き、午後5時ごろに並んだ取材班のひとりが入手したのは何と午前2時半。そのころもまだ長蛇の列が続いていた……。

 観光のメッカであるタイムズ・スクエアにほど近いということもあり、通りすがりの観光客などが次々と足を止め「これ何?」、「ニンテンドーの新しいWiiらしいよ」とか会話をしていたのも微笑ましかったが、宣伝効果は抜群だったのではないだろうか。日本では12月8日の発売を予定している。

▲イベント会場の設営の間も、列はどんどん伸びていき、何ブロック分にも。
▲お客さんも気合入れた衣装やコスプレなんかで積極的に楽しむし、取材側にも全身で楽しんじゃうヒトが。ルイージになっていたのは“ANIME JAM SESSION”のホストでありカメラマンでもある“DJ Ranma S”氏。
▲先頭集団がストア横のステージ前についに入った! 少しでも体を動かすよう、爆音のダンスミュージックに乗せて司会が盛り上げる。「よーし、俺がウィーと言ったらみんなはユーと言ってくれ、行くぞ、ウィー!」、「ユー!」、「ウィー!」、「ユー!」、「騒げぇぇぇ」、「ギャアアアア!」と、コンサートノリ。
▲マリオやMii軍団も踊る、踊る!
▲レジー・フィザメイNOA社長はとにかく大人気。ストアの2階から一瞬姿を見せると会場からレジーコールが起こり、残り数時間の所でステージに登場して挨拶を行った後はサイン攻めに。
▲「あなたは、何を、次に、遊ぶのかっ?」、「Wii Uですっ!!」というレジー・フィザメイ社長からトライフォースさんへの直渡し儀式。
▲本体を渡すだけかと思ったら、何だかんだでソフトも。
▲「寄付ありがとう!」と、先日のハリケーンで被害を受けた人々のためのチャリティTシャツも購入していた。
▲そしてゲットした後、報道陣に囲まれるトライフォースさん。
▲これがそのチャリティTシャツ。一着10ドルで販売され、収益は赤十字社に寄付される。