『MHF』10月17日実装の次期大型アップデート“フォワード.5”について、恒例のインタビューをお届け!

カプコンの『モンスターハンター フロンティア オンライン』で、2012年10月17日に大型アップデート“フォワード.5 砂漠に浮かぶ紅の楼閣”が実装される。その見どころを、プロデューサー・杉浦一徳氏とアシスタントプロデューサー・宮下輝樹氏のふたりに伺った。

 カプコンの『モンスターハンター フロンティア オンライン』で、2012年10月17日に大型アップデート“フォワード.5 砂漠に浮かぶ紅の楼閣”が実装される。その見どころを、プロデューサー・杉浦一徳氏とアシスタントプロデューサー・宮下輝樹氏のふたりに伺った。

●新モンスター“オディバトラス”について

――オディバトラスはどのようなモンスターでしょうか?
宮下 オディバトラスは、見た目のとおりデカいモンスターで、“フォワード.”のラストを飾るにふさわしい、ド迫力のモンスターとなっています。砂漠に登場するモンスターとなっており、砂を使った攻撃や地面を揺るがすような攻撃が特徴的です。別名を“弩岩竜(どがんりゅう)”といい、砂を弾丸のように飛ばしてくることもありますね。

――登場するクエストのランクはいくつでしょうか?
杉浦 剛種(HR100)と、ハードコア剛種(SR100)、覇種(SR300~)のクエストがあります。これまでの新モンスターは、下位や上位、剛種といったランク帯に分けていたのですが、いまでは高HRのハンターや、秘伝書を取得したハンターの方が大多数になっています。そのため、オディバトラスは上級者向けのモンスターという位置づけにしました。また、2013年春には『モンスターハンター フロンティアG』(以下、『MHF-G』)が控えていますので、そこへ向けて覇種を狩っていただきたい、という意図もありますね。

●“覇種”について

――覇種のクエストは、どのようなものでしょうか
杉浦 覇種クエストとはSR300から挑戦できる、ベテラン向けの高難度クエストです。覇種クエストをクリアーすると、手に入った素材から覇種武器や覇種防具が生産可能となります。

――オディバトラスのほかにも、覇種は登場しますか?
宮下 テオ・テスカトルと、パリアプリア、ドラギュロス、UNKNOWN、そして謎の覇種モンスター。“フォワード.5”では、合計6体の覇種を順次配信します。最初に登場するオディバトラスは、覇種の中でも挑みやすく調整していますので、ぜひ挑戦していただきたいです。

――外見や攻撃方法に変化はありますか?
宮下 覇種は、特異個体とも外見が異なり、独特の雰囲気を持っています。また、独自の攻撃を多数くり出してきます。変化の度合いで言うと……通常のモンスターが特異個体になったときにも増して、変化していますね。

――覇種武器や覇種防具は、どのような武具なのでしょうか?
宮下 剛種武具を強化すると天嵐武具になりますが、それをさらに覇種の素材で強化すると、覇種武具になります。覇種武器は、非常に性能が高く、クエスト中に青白いオーラが出ます。現状では、覇種武器の元となる天嵐武器の数が少ないのですが、“フォワード.5”では、多数の天嵐武器を追加します。それら天嵐武器の強化先として、40種以上の覇種武器を実装する予定です。現在あるランスの天嵐武器には、空色ゲージが出現するものがありませんが、追加される天嵐武器や覇種武器には、空色ゲージが出現するものもあります。

――覇種防具には、独自の性能がありますか?
宮下 天嵐防具の特殊効果を引き継ぎつつ、さらに天嵐武器や覇種武器を装備しているときに、武器の属性値が上昇する効果があります。また、スキルアップグレード効果の発動条件(体力・スタミナが一定値以上)が大幅に緩和されます。既存の剛種防具すべてが、覇種防具へ強化可能となります。新たにラオシャンロンの剛種防具が追加されますので、それも同じく強化できます。

――今後のアップデートで、覇種は続々と追加されるのでしょうか?
杉浦 つぎのアップデートは『MHF-G』となりますが、『MHF-G』のボリュームが多いので、現段階では、まず皆さんの反応を見つつ追加も視野に入れていく、というイメージですね。

オディバFXシリーズ

大剣 弩岩獄大剣【重何断】
ガンランス 弩岩獄銃槍【突放撃】
狩猟笛 弩岩獄笛【激楽打】
ヘビィボウガン 弩岩獄重弩【狙熱射】

●特異個体について

――新たな特異個体は追加されますでしょうか。また、それら特異個体の特徴的な攻撃方法はどのようなものでしょうか?
杉浦 『フォワード.5』では、ベルキュロスとゴゴモア、2体の特異個体を追加します。ベルキュロスは、よりダイナミックな攻撃が追加され、ゴゴモアはさらにトリッキーな攻撃があります。動きや新攻撃については、これまでの特異個体よりも力を入れていると自負しています。

――配信時期はいつを想定していますか?
宮下 まだ確定していないのですが、オディバトラスや覇種の配信もありますので、タイミングを見て順次、配信していきたいと思います。

――HRのハンターでも挑めるクエストはありますか?
宮下 これまでと同様、脈動シリーズや戦慄シリーズのようなクエストで、HRのハンターの方でも、特異個体を狩れます。また、新たなG装飾品も多数追加しています。

●奇種モンスターについて

――奇種モンスターの追加はありますか?
宮下 アクラ・ジェビア奇種、ゲリョス奇種、ヴォルガノス奇種、グラビモス奇種など、7体を追加し、順次配信を行っていきます。これらのモンスターを狩猟すると、また新たなSP装飾品の素材が手に入ります。新しいSP装飾品の中には、"匠+10"が付いたものなど、強力なものもあります。
杉浦 現状、なかなかSP装飾品を活用しにくいと感じている方も多いと思います。ですので、SP装飾品を装着するSP防具の性能を上げました。HR100以降のクエストで、SP防具1部位以上装備することで防御力が100上昇しますので、ぜひ活用してほしいですね。

●狩護防具について

――新たな防具カテゴリーとして追加される“狩護(しゅご)防具”とはどのようなものでしょうか?
宮下 HCシリーズの防具の強化先として、新たにHSシリーズを追加しました。このHSシリーズが、“狩護防具”と呼ばれるものです。現在ある、モンスター素材で生産できる防具、ルコFXシリーズやゴゴFXシリーズといったFXシリーズを強化すると、HCシリーズに派生し、そこからさらに強化を重ねて狩護防具が生産できます。また、『フォワード.5 プレミアムパッケージ』や『プレミアムキット』の特典防具も、狩護防具に強化可能です。ですので、かなりの数の狩護防具を用意しています。
杉浦 フォワード.5では、FXシリーズ防具の強化素材数を緩和しますので、これまでよりも作りやすくなっていると思います。

――狩護防具には、独自の効果が付与されるのでしょうか?
宮下 狩護防具は、ハードコアクエスト時に発揮される特殊効果があります。受けるダメージを軽減したり、徐々に体力が回復したりするもので、狩護防具は"防御特化"の防具と言えます。たとえば、覇種防具と狩護防具を組み合わせて、それぞれの特殊効果を発動することもできます。ただし、どちらの防具も装備部位数が多いほど効果が大きくなりますし、目的のスキルが発動するか、といった点も考慮する必要があると思います。

――フォワード.4の天嵐防具を始め、最近では防具のカテゴリーが増えてきています。この意図はどのような点にありますか?
宮下 狩護防具のほかに、天嵐防具や覇種防具などもそうですが、現状では上級ハンターの装備が秘伝防具一択になりつつあるので、その状況を打開し、多様な装備の組み合わせを楽しんでいただきたく、これらの防具を追加しました。
杉浦 フォワード.4では、お客様から秘伝防具に関する要望をたくさんいただきましたが、なかなかお応えできなかった反省点がありました。フォワード.5では、そこを完全に解消できたわけではありませんが、覇種防具や狩護防具など、秘伝防具に代わる、または秘伝防具と同程度の性能を誇る防具を実装しました。秘伝防具だけでなく、さまざまな防具を選択するという従来の『モンスターハンター』の楽しさを感じていただけるのではないかと思います。

ゾデックHSシリーズ/レイストHSシリーズ/ルコHSシリーズ(剣士)/アビオHSシリーズ(ガンナー)

●秘伝書・マイミッションについて

――秘伝防具の“二重装備システム”は、どのようなシステムでしょうか?
宮下 紅白の秘伝防具を全部位装備しているときに、秘伝スキルの上位版である“真秘伝スキル”が発動するというものです。真秘伝スキルの効果としては、剣士は“斬れ味レベル+1”の効果が発動し、ガンナーは攻撃力が上昇します。詳しい発動条件は下記のようになっています。

・クエスト時に秘伝防具FX(LV7)一式を装備
・白紅秘伝防具FX(LV7)一式を所持
・"秘伝書の装備"で"秘伝二重装備"を設定

杉浦 すでに、紅白の秘伝防具を最終強化している方も大勢いますね。強化を途中で止めていたという方も、二重装備システムの効果は大きいので、ぜひ強化に励んでほしいです。

――マイミッションのリファインはありますか?
宮下 これまでは、秘伝書育成ミッションで攻撃力(武器倍率)を上げることができましたが、フォワード.5から、SRを上げると攻撃力が上昇するようになります。それに伴って、秘伝書育成ミッションから攻撃力上昇の項目を削除しました。
杉浦 これまでの攻撃力上昇の項目が、攻撃力上限解放の項目に差し替わりますので、これまで秘伝書育成ミッションをがんばっていた方が損をしないようにしています。

――攻撃力上限はどの程度解放されますか?
宮下 ほとんど、天井がないレベルまで引き上げています。天嵐防具や覇種防具にはハンターの攻撃力(武器倍率)が上がる特殊効果がありますので、そのあたりも考慮して、攻撃力の上限を引き上げました。SRを上げていただき、覇種武器と覇種防具を装備することで、かなり攻撃力を上げることができます。
杉浦 G級のモンスターに挑むためにも、SR上げと覇種武具生産は重要になるポイントですね。

――マイミッションのユーザーの反響はいかがでしょうか?
宮下 正直、高い評価はいただいていないのが現状ですね。マイミッションの進行度が個人個人でバラバラになってしまい、仲間といっしょに進められないという問題点があります。このあたりは、改善しないといけないと考えています。

――そのほかに、秘伝書関連の追加要素はありますか?
宮下 マイトレのショップにSRハンターのみが買える品物が追加されます。
杉浦 G級に至るまでには、SRは必ず通る道ですので、今後もSRに関してはおろそかにせず、さまざまなリファインを行いたいと思います。

●その他のリファインについて

――進化武器の上方修正についてお聞かせください。
宮下 現在では、11種すべての武器種に進化武器を実装しましたが、比較的最近追加したライトボウガン、ヘビィボウガン以外の武器種では、強化後の進化武器の性能が、ほかの武器よりも劣ることが多い状況になってきました。そのため、ライトボウガン、ヘビィボウガンを除く進化武器について、強化後の攻撃力を引き上げました。

――ブースターパックの進化武器についてはいかがでしょうか?
杉浦 ブースターパックの進化武器についても、同様に性能を引き上げています。

――必要ゲキ数に調整はありますか?
宮下 ゲキについては、変更はありません。

――剣術スキルの上方修正についてお聞かせください。
宮下 剣術スキルは、攻撃ヒット数が+1されるスキルですが、2撃目は1撃目よりもダメージが低いのに、同量の斬れ味を消費してしまっていたので、2撃目は斬れ味を消費しないように変更しました。

――グークについて、追加要素はありますか?
宮下 新たなシステムとして、“グーク鍋”を追加します。これは、いらなくなったアイテムを鍋に入れて肉焼きと同じ要領で調理を成功させると、成功度合いによって別のアイテムが手に入るというものです。
杉浦 そのほかに、新しいグーク服やお部屋パーツも追加しています。

●『MHF-G』に向けて

――『MHF-G』まで、フォワード.5の期間は半年ありますが、その間にイベントなどの予定はありますか?
宮下 もちろん、これまでどおり多数のイベントクエストは予定しています。それ以外にも、すべての秘伝書を取得するとG級防具がプレゼントされたり、覇種を討伐して指定された覇種武具を生産すると、G級武具がもらえたりするイベントも行います。
杉浦 覇種のクエストでは、SRPがたくさん手に入ります。覇種を狩っているうちに、自然とSRも上がっていくという感じですね。G級に挑むためにも、『フォワード.5』で覇種を楽しんでいただければ。

――フォワード.5は、G級に向けての重要な期間、ということですね。
宮下 覇種武具は、"対G級武具"という位置づけになっていますので、ぜひとも狩猟に励んでほしいですね。

――『MHF-G』の発表について、ユーザーの反応はいかがでしたか?
杉浦 『MHF-G』の特設サイトをオープンしましたが、通常の大型アップデートのものとは比にならないほど多くの方がサイトを訪れてくれています。オフラインイベントの“MHF感謝祭2012”の会場で発表したときにも、お客様の反応から手応えを感じました。

●最後に

――ひと言ずつメッセージをお願いします。
宮下 『MHF-G』を開発しながらも、『フォワード.5』では多数の覇種モンスターの実装に力を入れました。覇種を狩猟することが、G級攻略のカギとなりますので、『フォワード.5』では覇種を遊び尽くしてください!
杉浦 やはり、フォワード.5は『MHF-G』への重要なステップだと考えています。フォワード.5で改善すべき問題があれば、『MHF-G』にも影響がある部分ですので、対処していきたいと思います。まずは、フォワード.5を遊んでいただき、お客様がよくないと感じた点、よかったと感じた点をお聞かせいただけるとうれしいです。