『円卓の生徒 ジ・エターナル・レジェンド』基本システムとPSP版からの新規要素を公開

角川ゲームスは、2012年10月4日発売予定のプレイステーション・ポータブル用ソフト『円卓の生徒 ジ・エターナル・レジェンド』について、PSP版からの新要素などの最新情報を公開した。

●イベントボイスやデフォルメキャラの採用など新規要素盛りだくさん

 角川ゲームスから2012年10月4日(木)に発売予定のプレイステーション・ポータブル用ダンジョンRPG『円卓の生徒 ジ・エターナル・レジェンド』。同作について、ゲームの基本システムと、プレイステーション・ポータブル版からの新規要素が公開された。


1_キャラクターメイキング04.jpg

▲キャラクターメイキング時には、主人公の外見を選択する。全部で6種あるが、見た目による能力の違いはないので、お好みでどうぞ。

■ゲームの基本となる流れ
本作を始めるにあたり、プレイヤーは自分の分身となるキャラクターを作成し、世界に平和をもたらすため、生徒たちとともに切磋琢磨していくことになる。


■ロンドエール
主人公たちの冒険の拠点となる場所が空中に浮かぶ“ロンドエール”だ。ここでは、物語の登場人物たちと交流することも可能。ゲーム序盤にロンドエールを入手した後は、ゲームの進行とともに各施設が利用可能になっていく。
また、世界地図からは、ロンドエールを別の拠点へ移動させることも可能。


2_ロンドエール.jpg 22_世界地図_アーレンティール.jpg

【円卓の間】
ここでは、ゲームを進めるために必要なクエストの受領と報告を行う。
・掲示板:クエストの受領、確認、報告が行える。
・円卓辞典:入手したアイテム、遭遇した敵、ゲームの詳細情報などを確認。
・みんなの様子:キャラクターのステータスを確認できる。


3_円卓の間.jpg 5_みんなの様子.jpg

▲“みんなの様子”を確認すると、生徒が主人公に話したいことがある時、生徒の上にアイコンが表示される。自室でその生徒と面談してみよう。

4_商店(アーレンティール_交易所).jpg

【商店】
代金(GP)を支払って、アイテムや装備品の購入ができる。一度売却したアイテムは、同じ商店ならば買い戻すことも可能。アーレンティールでは、交易所が同じ機能を果たす。


6_地下室_魔法の炉.jpg

【地下室 魔法の炉】
炉に装備品を入れると、投入した装備品が失われるかわりに、装備品の能力が強化される。装備品の強化は種別ごとに行われ、同じ種別の装備品を多く投入することで、その種別の装備品すべての能力が強化される。
また、強化された装備品はアイテムデータのアイテム名に「+1」等の表示がつく。値が大きいほど強化されていることを意味するのだ。


【地下室 調合釜】
調合釜を用いて、食材から料理を作れるほか、食材から別の食材を作ることも可能。入手したことのある食材や料理については、調合レシピから作りかたを確認できる。ただし、調合にはお金(GP)が必要。
・調合:食材を消費して、料理を作成する。
・食材合成:食材を消費して、より高級な食材を作成する。
・食材分解:食材を消費して、低級な食材を複数作成。
珍しい食材からは、高級な料理が調合できる。高級料理は食事で大きな効果があるだけでなく、トラップポイントに仕掛ければとてつもない強さのモンスターが出てくることも。


7_地下室_調合釜01.jpg 8_地下室_調合釜02.jpg
9_出撃.jpg

▲前衛はどの武器でも敵を攻撃できるが、敵から狙われやすい。後衛は敵から狙われにくい反面、敵に届く武器が限定される。

■出撃
キャラクターの中から、最大6人を選んでパーティーを編成し、ダンジョンへ向かう。隊列の前3人が前衛、後ろ3人が後衛となる。


10_トラップエンカウント01.jpg

▲ここに現れるモンスターは、装備品の入った“呪いの宝箱”を持っているのだ。

【トラップエンカウント】
ダンジョンを探索していると、トラップポイントを発見することがある。いろいろな場所にあるので、ダンジョン内をくまなく探索してみよう。トラップポイントにエサ(食材)をしかけ、モンスターをおびき寄せることができる。


トラップポイントには、種別が“調合品”のアイテムのみ仕掛けることが可能。もちろん仕掛けたアイテムは所持品から失われるぞ。敵の好物については、マップ画面で確認することができる。もし、アイテムが好物でなかった場合は、敵は出現せずアイテムも失われてしまうので、要注意だ。逆に、仕掛けたアイテムが好物だった場合は、トラップポイントに敵が出現する。ただし、宝箱のある戦闘はタイムリミットがあり、一定のターンが経過すると宝箱が失われてしまう。宝箱を入手するには、それまでに敵のリーダーを倒す必要があるのだ。


11_トラップエンカウント02.jpg 12_トラップエンカウント03.jpg
13_トラップエンカウント04.jpg

敵との戦闘で宝箱の争奪に成功すれば、装備品の入った“呪いの宝箱”を手に入れることが出来る。呪いの宝箱は、そのまま開けると呪いが発動してダメージを受けてしまう。主人公は、“こじ開ける”、“呪いを解く”、“立ち去る”という3つの手段を取ることができる。


14_リザルト画面.jpg

【リザルト画面】
戦闘終了後、リザルト画面へ移行する。敵から入手したアイテムやお金(GP)、経験値(EXP)の情報が表示される。もし戦闘中にソウルゲージの変化があった場合、最終的な結果がここで表示される。戦闘は、敵の強さやターン数で評価され、“A”が最高。評価の高い戦いほど、多くのソウルゲージを得ることができるのだ。


■面談
生徒たちはそれぞれ、悩みや秘めた思いを抱えている。そんなサインがあったら、面談で話を聞いてみよう。生徒と面談をすると、ソウルランクが上昇するきっかけとなるだけでなく、思わぬ方向に物語が進展することもあるぞ。


15_面談:ルーミ01.jpg 17_面談_ミンツ01.jpg 16_面談_エルサ.jpg

▲生徒の相談に乗るのも先生の仕事!?

18_食事_ルーミ01.jpg 19_食事_ルーミ04.jpg

▲たとえば、ルーミの好きなチョコレートを用意すると……。

20_食事_サウル02.jpg 21_食事_サウル04.jpg

▲逆に、サウルが苦手なりんごを差し出すと、こんな反応が。

▲苦手な食べ物を食べたとしても、選択する会話次第では、ソウルゲージがアップすることもある。

●プレイステーション・ポータブル版からの新要素

キャラクターボイス採用.jpg

■キャラクターボイス採用
要望の多かったCVをイベントの一部に採用。ルーミ役の喜多村英梨をはじめ、沢城みゆき、広橋涼ら実力派声優陣が円卓のキャラクターを熱演。ふだんの軽妙な会話はもちろん、数々のイベントシーンもさらに魅力的に!


■キャラクタービジュアルを総リファイン
キャラクターのビジュアルは、すべてリファインされている。ボイスと合わせて、本作の世界がより魅力的になった。


これまでのマイ.jpg PSP版のマイ.jpg

▲これまでのマイ

▲PSP版のマイ

操作性の向上.jpg

■操作性の向上
従来作のユーザーから寄せられた要望をふまえて、PSPならではの操作性を追及。ダンジョン移動やコマンド入力もより快適に、遊びやすくなっている。


■デフォルメキャラを一新
Windows版、Xbox 360版で好評を博したデフォルメ化システムのキャラクターを一新! 本作の4コママンガでおなじみの透子による描き下ろしキャラクターがゲーム内に登場。オプションで、表示はいつでも切替が可能。


デフォルメキャラを一新01.jpg デフォルメキャラを一新02.jpg
主人公(青年).jpg マァリン.jpg ルーミ.jpg エルサ.jpg

■新アイテム“神村正”
シリーズファンにはおなじみの“大村正”を超える神秘の刀“神村正 (シンムラマサ)”を追加。すべてのクラスで装備可能な最強の武器を手に入れよう!


神村正1.jpg 神村正2.jpg


(C) 2012 KADOKAWA GAMES / Experience
※画面は開発中のものです。