『聖闘士星矢Ω アルティメットコスモ』Ω版ポセイドンやソレントらがゲームに登場、アニメにはなかったオリジナル展開も

バンダイナムコゲームスより、2012年11月29日発売予定のプレイステーション・ポータブル(PSP)用ソフト『聖闘士星矢Ω アルティメットコスモ』。今回は、Ω版となって登場するポセイドンやソレント、新たなキャラクターたちを紹介しよう。

●ゲームだけの完全オリジナルストーリー

 バンダイナムコゲームスより、2012年11月29日(木)発売予定のプレイステーション・ポータブル(PSP)用ソフト『聖闘士星矢Ω アルティメットコスモ』。今回は、Ω版となって登場するポセイドンやソレント、新たなキャラクターたちを紹介しよう。

●ストーリーモード

▲タラッサ島の全景。左下には7つのアクアドロップが並んでいる。7つのアクアドロップを集めると、凄まじい力が得られるらしく、このアイテムが物語のカギとなってくる。

■フルボイスでオリジナルストーリーを楽しめる
今作のストーリーモードは、“タラッサ島”を舞台に7つの“アクアドロップ”をめぐる死闘が繰り広げられる完全オリジナルストーリー。光牙、蒼摩、ユナ、龍峰、栄斗、エデン、星矢の7キャラクターのシナリオが用意されており、すべてのシナリオをクリアーすれば今回の闘いの真相が明らかになるのだ。

■Ω版“ポセイドン ジュリアン=ソロ”、“セイレーン ソレント”が登場
かつて星矢たちと死闘を繰り広げた“ポセイドン ジュリアン=ソロ”、“セイレーン ソレント”がゲームオリジナル設定で甦る! 体にまとった鱗衣(スケイル)も一新されており、今作に収録されるゲーム内アニメにもしっかりと登場する。テレビアニメには登場していないふたりが、ゲームでどんな活躍をするのか注目だ。

▲Ω版“ポセイドン ジュリアン=ソロ”

▲Ω版“セイレーン ソレント”

■豪華に盛り込まれた新規イラスト&描き起こしアニメーション
ストーリー中には、美麗イラストや新規描き起こしアニメーションを多数挿入。オープニングアニメも用意されており、主題歌は「ペガサス幻想ver.Ω」だ。

●キャラクター紹介

■水蛇座・市(声:小野坂昌也)
水蛇座こと、ヒドラスの白銀聖闘士。星矢たちと同じ世代の聖闘士。同世代の聖闘士たちが命を落としたり引退していく中、聖闘士として生きることに固執する男。市は聖衣が聖衣石へと変化しており、小宇宙に属性が加わった現代の闘いに対応できず、歳の離れた若い聖闘士たちとともにパライストラで学んでいた。しかしマルスに寝返ることを条件に、青銅聖闘士から白銀聖闘士へと昇格した。

■蛇使い座・シャイナ(声:小山茉美)
蛇遣い座こと、オピュクスの白銀聖闘士。沙織の依頼を受け、星矢が命を救った少年、光牙を聖闘士とすべく、幼い頃から過酷な修行をさせてきた。普段は厳しいが、内心では光牙のことを大事に思っている。女聖闘士の掟に生きているため、素顔を見られたらその相手を愛するか、殺すかしなければならない。かつて素顔を見られた星矢のことになると冷静さを失う一面も。

■孔雀座・パブリーン(声:折笠愛)
孔雀座こと、ピーコックの白銀聖闘士。アリアを連れ去り聖域の反逆者となったユナを倒す任務をソニアに志願する。かつて幼少のユナが荒んだ生活を送っていたころに出会い、弟子とした人物。ユナには「大事な選択に向き合う時に、常によりよい第三の選択肢がないかを探す」ようにと伝えていた。ユナが聖闘士を志す原点となった人物であり、高潔な理想を追い求め、社会のおける聖闘士の役割を考えていた。

■スズメ蜂・ソニア(声:久川綾)
マルスの娘にして、白銀聖闘士達を率いる戦士。火星士(マーシアン)の中でも上位の存在で、スズメ蜂ことホーネットのハイマーシアンと呼ばれている。聖闘士ではないが、女聖闘士のように仮面を付けている。マルスに対する忠誠心は誰よりも強く、率先して困難な任務を遂行してきた。スズメ蜂同様、俊敏な動きから闇属性の針を用いて攻撃する。得意技は無数の針を飛ばす“ホーネット・スティンガー”。



(C)車田正美/東映アニメーション・テレビ朝日・電通
(C)2012 NBGI
※画面は開発中のものです。