“TBSアニメフェスタ2012”で人気キャストが勢揃い!

2012年8月18日(土)、東京・文京区の文京シビックホールにて、TBSの人気アニメが一堂に会するイベント“TBSアニメフェスタ2012”が開催された。

●人気作品のキャスト陣がイベントを盛り上げる

 2012年8月18日(土)、東京・文京区の文京シビックホールにて、TBSの人気アニメが一堂に会するイベント“TBSアニメフェスタ2012”が開催された。会場では、2012年10月より放送が開始されるテレビアニメから、すでに放送が終了したアニメの情報など、出演キャスト陣やオープニング&エンディングを歌うアーティストたちを招いてのイベントが行われた。司会はTBSアナウンサー・向井政生。


TBS/tbs07.jpg

▲司会を務めたTBSアナウンサー・向井政生

■To LOVEる-とらぶる-ダークネス

 イベントの第一陣を切るのは、2012年10月よりTOKYO MX、サンテレビ、BS11にて放送開始予定のテレビアニメ『To LOVEる-とらぶる-ダークネス』。キャスト陣から、豊崎愛生(モモ・ベリア・デビルーク役)、福圓美里(金色の闇役)、井口裕香(黒咲芽亜役)、渡辺明乃(結城リト役)、戸松遥(ララ・サタリン・デビルーク役)、矢作紗友里(西蓮寺春菜役)、そしてサプライズで伊藤かな恵(ナナ・アスタ・デビルーク役)が出演。“チームで、とらぶる! “ドキドキ”大作戦!!”という、3チームに分かれ、出された複数のお題に答えていき、総合ポイントが高かったチームが最高級“桃”がプレゼントされ、最下位チームには罰ゲームが待っているというゲームで盛り上がる。同ゲームでは、“『To LOVEる』シリーズの魅力をひと言で”、“『To LOVEる-とらぶる-ダークネス』の略称を考えよう!”といったお題に対し、福圓、矢作、伊藤のチームCが“おっぱい”を推した解答で会場を沸かせていく。最終的には、渡辺、井口のチームBが勝利し、最高級“桃”をゲット。最下位となった豊崎、戸松のチームAは「スモモもモモもモモのうち、モモもスモモもモモのうち」という早口言葉にチャレンジすることになった。

 なお、刺激的な内容で知られる原作について、テレビアニメ化でどこまで再現されるのか、ということが気になる人も多いことと思う。福圓によると「“どこまで?”と聞いたら、ギリギリまでがんばっていると制作の方が仰られていた」とのこと。また、豊崎も「(前作から)さらに過激になって、原作のまま楽しんでいただけるものになっていると思います」とファンの期待に応えるような内容になっているようだ。


TBS/tbs01.jpg TBS/tbs02.jpg
TBS/tbs03.jpg TBS/tbs04.jpg
TBS/tbs05.jpg TBS/tbs06.jpg

※To LOVEる.com


■僕は友達が少ない

 テレビシリーズ第2期の製作が発表されている『僕は友達が少ない』、通称『はがない』のステージには、木村良平(羽瀬川小鷹役)、井上麻里奈(三日月夜空役)、伊藤かな恵(柏崎星奈役)、福圓美里(志熊理科役)、井口裕香(高山マリア役)が出演。同ステージでは、2011年10月から12月にかけて放送された第1期をキャスト陣が振り返った。

 「1話1話どれも残念な話ばかりで、アフレコが楽しかった印象です」と語る井口や、「ドS台詞が多くて、本当にオンエアしてもいいのかなと。いつアニメが打ち切りになってもおかしくないと不安になりながら、それでも力いっぱいの罵詈雑言をさせていただきました」と振り返る井上、そして木村は「“残念”ってこんなに便利な単語だったんだなって。2期もきっと残念だよ!」と第2期への期待を煽った。また、会場では、2012年9月26日発売予定のOVA『僕は友達が少ない あどおんでぃすく』の公開済みPV映像が上映される。こちらの内容に関しては、「本編以上に残念、かつ刺激的な内容になっています」(井上)、「井上麻里奈さん、そこまでやらなくていいんじゃないのっていうぐらいの新境地が観られるので、それだけでも期待してほしいですね」(福圓)とのことだった。

 さらに、テレビシリーズ第2期のPVも公開。「マリアに関係するあの人も新キャラとして出てくると思うので、楽しみにしてください」(井口)、「皆さん、第2期です。お待たせしました! 少し絵の感じが変わっていたりとか、きっとアニメ本編はもちろん、皆さんと盛り上がれる場が用意されると思うので、楽しみにしていてください。そして、最後にもう一度言わせてください。第2期も残念だよ!」(木村)とそれぞれにコメント。なお、テレビシリーズ第2期は2013年1月放送開始予定となっている。


TBS/tbs08.jpg

※『僕は友達が少ない』公式サイト


■あっちこっち

 2012年4月から6月まで放送されたテレビアニメ『あっちこっち』のステージでは、大久保瑠美(御庭つみき役)、岡本信彦(音無伊御役)、福原香織(春野姫役)、生天目仁美(片瀬真宵役)、浅沼晋太郎(戌井榊役)が全員浴衣姿で出演。放送が終了した同作を振り返った。

 大久保によると、『あっちこっち』は「最初はドタバタ学園コメディーだと思っていたんですけれども、途中から血がドバドバ出まくっていたので、じつはバイオレンスコメディーでしたね。血の量が尋常じゃなかった」(大久保)と総括。なお、とくに血を出しまくっていた福原の演じるキャラクター・姫については「最初、鼻血は台本にSEで入れると書いてあったんですけれど、私がアフレコのときに“ぶはっ”と言ったら、とくにNGはなかったので、その後もブハブハ言っていたら、そのまま台詞になったというエピソードがあります」という裏話を披露。会場を沸かせた。

 また、大久保のイメージする“イケメン”が「想像を絶する」(浅沼)という話題では、動作つきで「俺とデート行かね?」とイケメンを演じた大久保に対し、浅沼から「大久保さんの中で、それがイケメンだと思って演っているのか、それともイケメンをdisってんのか?」という疑問の声が上がるほどのイケメンっぷりを発揮。さらに伊御の台詞をダイジェストでまとめた映像の上映や、お題として出されたキャスト陣の印象に合致する人物を指差していく“第一印象ゲームコーナー”を実施。“この中でいちばん腹黒いのは誰?”という質問に、岡本が堂々の4票(自身以外全員からの票)を獲得し、“この中でいちばんふつうなのは?”という質問には、全員が自分自身を指すなど、チームワークのよさを見せつけた。ステージの最後には、エンディング曲『手をギュしてね』を大久保が歌い、会場に癒しと萌えを振りまいた。


TBS/tbs09.jpg
TBS/tbs10.jpg TBS/tbs11.jpg

※『あっちこっち』公式サイト


■ひだまりスケッチ×ハニカム

 2012年10月より放送開始予定のテレビアニメ『ひだまりスケッチ ハニカム』のステージは、番組オープニング曲『おーぷん☆きゃんばす』の披露からスタート。同曲を歌うのは、阿澄佳奈(ゆの役)、水橋かおり(宮子役)、新谷良子(沙英役)、micco(marble)の4人。marbleのボーカリスト・miccoは今回特別に依頼され、ダンスまで覚えての歌唱となった。

 なお、体調を崩して入院中の後藤邑子(ヒロ役)については、順調に回復しており、2012年9月よりアフレコや主題歌収録に参加予定とのことだ。

 ステージでは、marbleの菊池達也も交えて“ひだまりカンファレンス”と題して6つの情報を公開。その内容は以下のとおり。

・Twitterはじめます
anime_hidamariでアニメ『ひだまりスケッチ』の情報を公開していくTwitterを開始。

・アニメキービジュアル初公開
アニメ『ひだまりスケッチ×ハニカム』のキービジュアルを公開。より原作マンガに近づいた絵になっている。

・アニメPV第1弾初公開!
主題歌は最終的に6人で歌うことになるとのこと。

・放送日時発表!
TBS 10月4日 深夜1時25分~
MBS・CBC 10月~
BS-TBS 10月20日 深夜1時~

・ひだまりラジオ9月末より復活!
2012年9月末日より、『ひだまりラジオ×ハニカム』を配信開始。

・エンディングテーマタイトル発表&初披露!
タイトルは『夢ぐも』。miccoによると「夢の中で作った曲なんです。夢の中で歌っていたんです、私が」とのこと。

※『ひだまりスケッチ』公式サイト


■さんかれあ

 2012年4月から6月までテレビ放送されたアニメ『さんかれあ』のステージには、内田真礼(散華礼弥役)、木村良平(降谷千紘役)、井口裕香(降谷萌路役)、矢作紗友里(左王子蘭子役)が登場。ゾンビが好きという、木村演じる降谷千紘の趣味の話題になると、キャスト女性陣の変わった趣味がつぎつぎと暴露される。「足の匂いを嗅ぐのが好きなんですね」と語る井口は、自身の足の匂いが大好きなんだとか。さらに「汗びしょびしょ系男子が最近お気に入りですね」と、井口がさらに変わった趣味を披露すると、矢作も「夏になると皆さんタオルケットなどをかけて寝ると思うんですが、私は首まで羽毛布団をかけて汗だくになって寝るのが好きです」と自身の変わった趣味を披露。これを聞いた木村が「(井口と矢作で)カップル成立じゃん!」と盛り上がるなど、仲のよさがうかがえる。また、内田は「切った爪の匂いを嗅ぐのが好きです」とこちらも変わった趣味で会場を沸かせた。

 また、ステージでは、“さんかれあ超カルトクイズ”を実施。難度の高い問題に首を捻りつつも、キャスト陣は全力で解答。結果は、井口が最下位となり、罰ゲームとして用意された台詞を死後硬直の設定で演じることとなった。なお、「実際に死後硬直した人にもやってもらうということで」という木村の提案により、ゾンビになった少女・散華礼弥役の内田も台詞に挑戦。かわいらしい演技に会場も癒された。そして、ステージでBD&DVD第6巻に収録されるテレビ未放送の第13話のダイジェスト映像が上映されると、「これは第2期やらないとマズいと思います!」と木村が会場を煽る。内田も「『さんかれあ』はとても好きな作品で、初めてヒロインをやらせていただいたということもありますし、私にとっても心に残っている作品になりました。原作もまだまだ続いていますので、皆さん応援よろしくお願いします」とファンに語りかけた。ステージの最後には、エンディング曲『Above your hand』を歌うAnnabelが登場。同曲でしっとりと歌声を響かせ、会場を魅了した。


TBS/tbs12.jpg TBS/tbs13.jpg
TBS/tbs14.jpg TBS/tbs15.jpg TBS/tbs16.jpg

※『さんかれあ』公式サイト


■恋と選挙とチョコレート

 『さんかれあ』のステージから引き続き、Annabelが『恋と選挙とチョコレート』のオープニング曲『シグナルラフ』を歌い上げると、テレビアニメ『恋と選挙とチョコレート』ステージへと移行。こちらのステージには、中村繪里子(住吉千里役)、門脇舞以(青海衣更役)、今井麻美(森下未散役)、水橋かおり(木場美冬役)、浅川悠(東雲皐月役)が出演。登場したキャスト陣が演じるキャラクターたちの名場面に台詞を追加して、迷場面にしてしまおうという“前半戦迷場面をつくろう”というコーナーで盛り上がる。同コーナーでは、中村が独自の世界観を持った回答で会場を盛り上げたり、門脇渾身の安○先生のイラストが見られたり、今井が「プギャー」を「プギョー」と間違えて会場を沸かせたり、水橋が近くに寄りすぎる中村に恐怖を覚えたり、浅川が自身のキャラを「ところで東雲さんかわいいよね。声もかわいいよね。まじパーフェクト」と推しまくったりとそれぞれの個性を活かした回答が続出。今井が演じる森下未散のパンツが丸出しのシーンでは、客席にお尻を向けていた今井のお尻にカメラがズームするなど、出演者だけではなく、ステージを作っている全員がやりたい放題な展開に、司会の向井アナウンサーも「このコーナーいいですね!」と太鼓判だった。

 さらに会場では、エンディング曲『風のなかのプリムローズ』をCeuiが生披露。向井アナウンサーにCeui(セイ)という名前の由来を聞かれると、「私が会ったことのない不思議な占い師さんがつけてくれたみたいで、セイという発音で天空とか星とかいう名前にしな“セイ”と言ってくださったんです」と、これまた独特な雰囲気で話すCeuiの姿に会場に詰めかけたアニメファンも大いに癒されていた様子だった。ステージの最後には、これから後半戦に突入するアニメ『恋と選挙とチョコレート』について、「迷場面ではなく、名場面が詰まっていますので楽しみにしていただければと思います」と中村がアピール。アニメの展開も見逃せなさそうだ。


TBS/tbs17.jpg TBS/tbs18.jpg
TBS/tbs19.jpg TBS/tbs20.jpg
TBS/tbs21.jpg TBS/tbs22.jpg
TBS/tbs23.jpg TBS/tbs24.jpg
TBS/tbs25.jpg TBS/tbs26.jpg
TBS/tbs27.jpg TBS/tbs28.jpg

※『恋と選挙とチョコレート』公式サイト


■azusa

 TBSのアニメ作品に関する映像の上映のあとに登場したのは、テレビアニメ『アマガミSS+ plus』のオープニング曲などでおなじみのアーティスト・azusa。シークレットゲストとして登場した彼女は、テレビアニメ『アマガミSS+ plus』のエンディング曲『告白』を披露すると、続けて同オープニング曲『Check my soul』で会場と一体となって盛り上がる。“TBSアニメフェスタ”には3年連続出演というazusaは、「2回はシークレットゲストとして登場しているので、今度はちゃんと(笑)、ちゃんと出演できればと思います!」と力強くコメントした。


azusa01.jpg azusa02.jpg
azusa03.jpg

■ささみさん@がんばらない

 TBS、BS-TBSにてテレビアニメ放送開始予定と発表されていた『ささみさん@がんばらない』。監督を新房昭之氏、シリーズ構成・脚本を高山カツヒコ氏、キャラクターデザインを原田大基氏、アニメーション制作をシャフトが担当する新作アニメーションだ。この作品のキャスト情報の発表&キャスト陣によるステージがサプライズで行われた。

 主人公の月読鎖々美役は阿澄佳奈、邪神つるぎ役は斎藤千和、邪神かがみ役は花澤香菜、邪神たま役は野中 藍が担当。「鎖々美さんはお外に出ることのできない低血圧な感じの子で、がんばらないという子なので、がんばらずにがんばりたいと思います」(阿澄)、「長女31歳、実年齢といっしょでございます!」(斎藤)、「かがみちゃんは、鎖々美さんと同級生の女の子なんですけれど、ちょっと正体がまだ言えない感じの女の子でございます」(花澤)、「三姉妹の三女、邪神たまをやらせていただくことになりました」(野中)と、それぞれに挨拶をすると、作品について触れていく。

「日常系の作品かと思いきや、壮大な話になったりするので、アニメーションでどうやって表現するのか楽しみです」と原作の感想を語った阿澄と、「31歳だけどちびっこ先生で、中身はおじさんっていうことで、どこにフォーカスして演じればいいんだろうと(笑)」と演じかたに苦悩する斎藤など、作品の持つ独特の雰囲気がアニメーションでどのように表現されるか期待を煽るコメントが続出。さらに、主人公であるお兄ちゃんについて「さきほど、どなたがお兄ちゃん役なのか聞いたんですけれど、楽屋で全員で卒倒するぐらいすごい人です」(斎藤)、「その方を私はお兄ちゃんって呼ぶのかっていう(笑)」(阿澄)とのコメントも。なお、気になるお兄ちゃん役は、なんと大塚芳忠に決定。いったいどんなお兄ちゃんが見られるのか、2013年1月からの放送が楽しみだ。


TBS/tbs30.jpg

※『ささみさん@がんばらない』公式サイト


■武装神姫

 2012年10月より放送開始予定のテレビアニメ『武装神姫』のステージでは、第1話先行上映が行われた。そして、会場には阿澄佳奈(アン役)、茅原実里(ヒナ役)、水橋かおり(アイネス役)、中島愛(レーネ役)の4人が登場。それぞれにアニメの観どころを語った。

 コンテンツの誕生から6年の歳月を経てのアニメ化に対して「なったらいいなと思ったけど、まさかホントになるとは思わなかったです。すごくうれしかったです」と初期から参加している茅原がコメント。同じく初期から参加をしている阿澄も喜びを噛み締めている様子だった。また、それぞれが演じるキャラクターについては、「レーネと姉妹機。微妙に武装とかが似てる。性格はボクっ娘です」(水橋)、「レーネはマイペースでゆるかわいい女の子だと思います。粗相も多いんですけれど、みんなのために一生懸命がんばっている女の子です」(中島)と解説。アニメでは「神姫たちのかっこいいところと、かわいいところを観ていただけると思います」(阿澄)とのことで、どんな物語が描かれていくのか、神姫たちによる戦闘シーンにも注目が集まる。

 さらに、オープニング曲は、作品の劇判も手掛ける織田哲郎が作・編曲している『Install×Dream』になることが決定。曲は阿澄、茅原、水橋、中島の4人が歌うことになる。そして、阿澄と茅原のふたりでWebラジオを担当することも明らかにされた。「6年目にしてテレビアニメ化というのはすごくうれしいし、感慨深いです」と語る阿澄。『武装神姫』は、TBSにて2012年10月4日(木)深夜1時55分~放送予定だ。


TBS/tbs31.jpg TBS/tbs32.jpg

※『武装神姫』公式サイト


■この中に1人、妹がいる!

 2012年7月より放送が開始されたテレビアニメ『この中に1人、妹がいる!』のステージは、StylipS(石原夏織、能登有沙、小倉唯、松永真穂)によるオープニング曲『Choose me・ダーリン』からスタート! 同曲で会場の熱気を上げると続けて、『初恋EVOLUTION』を披露。向井アナウンサーから、作品にちなんで“どんなお兄ちゃんが欲しい?”と質問されると「サッカーとか野球とかスポーツを教えてほしいです」(能登)、「やさしくて、いっぱい面倒をみてくれるお兄ちゃんがいいです」(小倉)、「お兄ちゃんというより、同い年ぐらいの近さでいっしょに活動できるお兄ちゃんがほしい」(松永)と、それぞれに違ったお兄ちゃん像を回答。会場のファンから「俺が!」「俺が!」と熱いコールを受けていた。

 続いて、出演キャスト陣が登場。石原夏織(鶴眞心乃枝役)、佐倉綾音(神凪 雅役)、竹達彩奈(国立凛香役)、大亀あすか(天導愛菜役)、日高里菜(嵯峨良芽依役)がウェディングドレス風な衣装に身を包んで登場すると、さらに新キャラクター・宝生柚璃奈役として登場することが決定した小倉唯もステージに登壇し、同キャラクターについて「突然、将悟の家の隣に引っ越してくる謎の女の子です」(小倉)、「ガッツリ持っていかれちゃうんですよ、出番とか!」(石原)と戦々恐々とした状態になっていることを明らかにした。

 そしてステージでは、「○○といえば、これ」という答えを書いていき、6人全員が同じ回答をすれば正解となる“この中で1人、違っていると意味がない!”というコーナーを実施。3問正解でカリフォルニアディズニーランド招待、2問正解で東京ディズニーランド招待、1問正解で赤坂TBS前サカス広場招待と、正解数に応じてプレゼントの内容が変わるという状況にキャスト陣も奮起。1問目の“作中に出てくるお菓子と言えば?”という質問に、全員が“シュークリーム”と見事に答える見せ場を作ったものの、その後は、“ロンドンオリンピックのメダリストと言えば?”という質問に「バレーボール」(小倉)、「体操の向井さん」(石原)、“妹に言われると萎える台詞は?「お兄ちゃん○○○!”という質問に「お兄ちゃん? はぁ? ウザいんだけど?(某キャラクターを彷彿とさせる声色で)」(竹達)、「のバカ!」(小倉)という珍回答を連発し、結果、1問正解ということで“赤坂TBS前サカス広場招待”をゲット。すっかりテンションが下がったキャスト陣だったものの、最後は石原夏織、佐倉綾音、竹達彩菜、大亀あすか、日高里菜の5人がエンディング曲『Heavenly Lover』を披露して、会場を盛り上げ、イベントの幕を華やかに閉じた。


TBS/tbs33.jpg TBS/tbs35.jpg
TBS/tbs34.jpg
TBS/tbs36.jpg TBS/tbs37.jpg
TBS/tbs38.jpg
TBS/tbs39.jpg TBS/tbs40.jpg
TBS/tbs41.jpg

※『この中に1人、妹がいる!』公式サイト