ライトノベル原作のアニメ『境界線上のホライゾン』がゲーム化決定! 発売日は2013年2月28日

川上稔原作のテレビアニメ『境界線上のホライゾン』が、プレイステーション・ポータブル(PSP)にてゲーム化決定。タイトルは『境界線上のホライゾン PORTABLE』で、発売日は2013年2月28日(木)、価格は6279円[税込](初回限定版は10479円[税込])となる。

●豪華初回限定版は完全受注生産

 川上稔原作のテレビアニメ『境界線上のホライゾン』が、プレイステーション・ポータブル(PSP)にてゲーム化決定。タイトルは『境界線上のホライゾン PORTABLE』で、発売日は2013年2月28日(木)、価格は6279円[税込](初回限定版は10479円[税込])となる。本作は、キャラ育成・武蔵の強化・装備品の作成などをプレイし、約400種に及ぶミッションの数々をクリアしていくRPG。ストーリーはテレビアニメ第1~2期をベースにしながら、ゲームオリジナルのエピソードも多数追加されたファン必見のストーリー展開となっている。また、アニメと同じ豪華キャスト陣も起用している。

●キャラクター紹介

■トゥーサン・ネシンバラ
(声:田村睦心)
書記。歴史好きの作家志望者で同人作家。

■シロジロ・ベルトーニ(声:子安武人)
会計。武蔵の商工会の若手幹部。

■マルゴット・ナイト(声:東山奈央)
第三特務。金髪六枚翼の黒魔術師。笑い顔の方。

■マルガ・ナルゼ(声:新田恵海)
第四特務。黒髪六枚翼の白魔術師。漫研所属。

■直政(声:真堂圭)
第六特務。機関部で働く姉御。

■アデーレ・バルフェット(声:大橋歩夕)
六護式仏蘭西から流れてきた従士家系。眼鏡娘。

■ノリキ(声:平川大輔)
家族を支える勤労少年。不器用型格闘家。無口で無愛想。

■向井・鈴(声:悠木碧)
目が見えないけど頑張る少女。皆のストッパー。

●ゲームの特徴

本作のキモとなる“スタイルチェンジ”では、各キャラクターがスタイル(職業)を変更することができ、それに伴い能力値や取得スキルが変化し、専用服を着させることでグラフィックまでもが変化するのだ。スタイルは約11種存在し、キャラクターによってチェンジできるスタイルは異なってくる。今回は、浅間・智がチェンジ可能な学生から工士までの11種類のスタイルと、水着を加えた計12種類を紹介。グラフィックの好みで選ぶも良し、ミッションに応じて戦略的に選ぶも良し、すべてはプレイヤー次第だ。

▲喜美が“学生”から“巫女”にスタイルチェンジ。

【学生】
全カテゴリーの武器・防具を装備できる万能職だが、性能をフルに引き出す事はできない。交渉周りのスキルを多く獲得でき、全スタイルにチェンジできるといった特徴も持つ。

【遊び人】
女性専用のスタイルで、鎖・鞭系、楽器系武器のスペシャリスト。トリッキーなスタイルスキルを多く獲得できるので、戦況を変えたい局面には重宝する。

【白魔術師】
回復・能力補助に特化したスタイルで、パーティーに一人いるとミッションの遂行がし易くなる。知力系ステータスの成長率が高い反面、腕力系は低い。武器は符系、銃系がメインとなる。

【黒魔術師】
攻撃系術式に特化したスタイルで、符系、銃系がメインの武器となる。知力系ステータスの成長率が高い反面、腕力系は低い。罠解除の術式も憶えるので便利。

【巫女】
女性専用のスタイルで、弓系のスペシャリスト。攻撃力はさほどではないが、術式を反射するスキルはかなり重宝するはず。

【錬金術師】
各種の錬金ができる唯一のスタイル。アイテムを鑑定するスキルなど、パッシブ系スキルが充実している反面、通常使う戦闘用のスキルをほとんど憶えないのがネック。また、成長も遅め。

【騎士】
槍と盾がメインの、攻防に優れた戦闘系スタイル。一部からしかスタイルチェンジできない狭き門だが、頑強な武装は大きな魅力。弱点は交渉系のスキルをほとんど憶えない事。

【格闘士】
拳メインの戦闘系スタイル。強力な打撃スキルを持つがミドルレンジの相手にも苦戦必至という弱点がある。通常使う戦闘スキルが充実している、HPの成長率が高いという特徴もあるので、経験させて損はない。

【侍】
刀がメインの戦闘系スタイルだが、槍も扱えるので、力押しのパーティーには欠かせない存在。優秀な攻撃スキルに加え、防御スキルもなかなか強力。ただし、交渉系のスキルはほとんど憶えない。

【忍者】
打撃・術式共にこなせる万能スタイルで、解錠、罠外しといった特殊技能も併せ持つ。敏捷以外は特に目立つステータスは無いが、これといった穴も無い。ネックは成長の遅さ。

【工士】
解錠、罠外しといった特殊技能に特化したスタイル。扱える武器は槌・鎖・鞭・剣・弓と多種多彩で、盾も扱える器用さが特徴。成長は早めだが、強力な攻撃スキルは少なめ。

【水着】
アイテムとして存在する水着をキャラクターが所持することで、グラフィックが変化。所持していると何か特別なイベントが起こるかも?

●ゲームの特徴2

ここでは、開発中のゲーム画面をパートごとに紹介。アドベンチャーパートや戦闘パートでは、アニメで描かれていた名シーンが再現されるだけでなく、アニメや原作小説でも見られないキャラクターたちのやり取りを楽しむことができる。また、パラメーターやスキルについても各キャラクターの特徴を捉えたものとなっており、『境界線上のホライゾン』ファンが納得・満足できるゲームに仕上がっているのだ。

■アドベンチャーパート
アドベンチャーパートは、アニメ準拠のメインシナリオが楽しめるほか、ゲームオリジナルのシナリオも収録。また、指揮官に設定したキャラクターとその他のキャラクターとのコミュニケーションが楽しめる会話なども存在し、さまざまなストーリーが楽しめる。

■キャラクター情報
各キャラクターの詳細な情報が確認でき、所持品の設定などを行える。

▲遊び人・火属性にスタイルチェンジした浅間。遊び人専用の武器である楽器を装備している。

▲トーリは不可能男だけに、全体的に能力が低いが、CHR(魅力)は非常に高く、設定を忠実に再現している。

▲体力の能力値は低いが交渉能力に長けているネシンバラ。所持品も交渉への対策がされているようだ。

▲巫女にスタイルチェンジした喜美。PIT(信心)の高さがなんとも巫女らしい。

■スキルセット選択
ミッションに備えて取得したスキルをセットする。“喜美の弓”や“浅間の鞭”など、ゲームならではの組合せを楽しむことも可能。またパーソナルスキルといったキャラクターに依存するスキルも存在しているのだ。

▲遊び人スキルの“濃艶”は戦闘後にニヤリとできるスキルとなっている。

▲色々なスキルをセットして自分だけのキャラクターにカスタマイズ。

▲ミトツダイラのパーソナル・スキル“誇り”はパーティーのピンチをチャンスに変える特殊なスキル。

▲喜美の巫女スキル“巫女乱れ撃ち”。説明を見ているだけでも強力なのが想像できる。

■ミッション選択
“戦闘”、“交渉”、“採取”など、幅広いミッションが約400種類存在。ミッション選択後、メイン3人+ヘルパーひとりの最大4人のキャラクターを選択して1パーティーを編成し派遣していく。画面に“middle”、“long”という表記があるように、キャラクターの所持する武器の有効距離範囲に応じた位置にキャラクターを配置することがミッションの成功率を高めるポイントになる。ペーパートイ“グラフィグ”をモチーフに描かれた、コスパ公認の可愛いSDキャラクターにも注目だ。

▲条件と概要を確認し、キャラクターを選択。

■戦闘パート
ミッション遂行時に発生する戦闘パートはターン制となっており、各キャラクターがセットしているスキルを駆使しながら敵パーティーを撃退させていく。“スタイル”、“レンジ”、“スキル”、“属性”、“装備”などの事前準備と、バトル中の敵との駆け引きが重要なポイントになる。スキルを選択すると、可愛らしいSDキャラクターが勇ましいアクションを起こし、戦闘を実行。また、スタイル専用服を着たキャラクターは戦闘パートのグラフィックも変化する。

▲ウルキアガの攻撃。かわいいSDキャラながら、攻撃力はかなり高い。

▲ノリキの“睦月”がヒット。連続HIT数は12と非常に手数が多い。

▲二代の攻撃を喜美が“高嶺舞”で軽くいなしている。アニメの名場面もしっかりと再現されている。

▲スタイルチェンジで遊び人になった浅間。攻撃だけでなく、回復のスキルもバランス良くセットしたい。

●初回限定版情報

※イラストは制作中のものです。

■初回限定版描き下ろしイラストを公開
さとやす氏が描き下ろした初回限定版のパッケージイラストを公開。通常版のパッケージイラストはミッションを前にしたスタイルチェンジ前、初回限定版はミッションクリア後の場面をイメージして描かれており、並べるとリンク感を楽しむことができる。なお、この描き下ろし特製BOXに、ゲームソフト本体と2つの特典を同梱。初回限定版は完全受注生産になるので、確実に入手したい人はお早めに予約をしよう。

■ねんどろいど 浅間・智(制服ver)
数多くのキャラクターが登場する本作の中でも特に人気の高い“浅間・智”が、“ねんどろいど”になって初回限定版に同梱。付属パーツも充実しており、プレイバリューの高い仕上がりとなっている。

<仕様>
ABS&PVC
塗装済み可動フィギュア
ノンスケール
全高:約100mm

<セット内容>
浅間・智本体
狙い顔パーツ
妄想顔パーツ
頬あて腕
弓構え腕
片梅
ディスプレイベース

※写真は監修中の試作品です。実際の商品とは異なります。

※画像はイメージです。実際の商品とは異なります。

■『境界線上のホライゾン PORTABLE』スペシャルファンブック
原作者・川上稔氏の書き下ろし特別企画を始め、このファンブックにしか収録されないコンテンツが満載。読み応えのある豪華なファンブックだ。

<収録予定コンテンツ>
・川上稔氏特別企画
・武中英雄氏描き下ろしコミック
・羽仁倉雲氏描き下ろし4コマ漫画
・境界線上のホライゾン PORTABLE 設定資料集

●予約特典ゲーム紹介

''■“境界線上のホライゾン PORTABLE オパーイパラダイス!”
予約特典のプロダクトコードを使用しダウンロードすることで、“オパーイ合わせ”、“オパーイくらべ”、“オパーイ透かし”という、“オパーイ”に関する3種類のミニゲームが遊べるようになる。その中から今回は“オパーイ合わせ”を紹介しよう。

■“オパーイ合わせ”
“オパーイ合わせ”はシャッフルされた後に配置された各キャラクターの左右の“オパーイ札”をCPUと交互にめくって持ち主を当てる神経衰弱のようなゲーム。正解の際には揃えた“オパーイ”が弾みながら持ち主のボイスが発生し、手持ちカードになる。ゲーム終了後は、開始時にベットしたポイントや正解数に応じたポイントが獲得できる。

▲ベットをしてから同じキャラクターの左右の“オパーイ”を探して、沢山のポイントをゲットしよう。

■ギャラリーモード
各種“オパーイ”ゲームで獲得したポイントで、指定した女性キャラクターの“オパーイ”が弾んでいるシーンを眺めるモード。長い秒数を連続で見たい場合は多くのポイントを必要とする。各種ボタンを押すことで、キャラクター固有の“オパーイ”の弾みを楽しむことができ、アングルやズームなどを調整しながら眺めることもできる。

▲欲望の赴くままに観賞時間を設定し……。

▲好きな角度から眺める!

※“境界線上のホライゾン PORTABLE オパーイパラダイス!”は、予約特典のカードに記載されたプロダクトコードを使用し、PlayStation Storeからダウンロードしてください。また、PlayStation Storeをご利用になるには、“PlayStation Networkアカウント”が必要です。
※予約特典は無くなり次第終了となります。


境界線上のホライゾン PORTABLE
メーカー 角川ゲームス
対応機種 PSPPSP
発売日 2013年2月28日発売予定
価格 6279円[税込]
ジャンル RPG / 学園戦国
備考 初回限定版は10479円[税込]、企画・製作:アスキー・メディアワークス、開発:テンキー

(C)川上稔/アスキー・メディアワークス/境界線上のホライゾン製作委員会
(C)2013 TENKY/ASCII MEDIA WORKS Inc.
※画面は開発中のものです。