●多彩なイベントを実施

 2012年8月4日~5日の2日間に渡って千葉県の下総フレンドリーパークで行われる“ゲームサマーフェスティバル 2012”が開幕した。エンターブレインが主催する本イベントは、対戦格闘ゲームの大会である“闘劇”や、ゲーム音楽ライブの“音撃 ~Game Sound Impact 2012~”など、さまざまなイベントが同時に行われている。そのひとつとしてエクストラステージで行われたイベントの模様をリポートする。
 エクストラステージでは、他のステージを違い、ゲームジャンルなどに依らないさまざまな企画が行われた。初日の(8月4日)のイベントは以下の通り。

STRIKE Presents 闘劇『SOULCALIBUR V』本戦直前トークショー
太鼓の達人』エキシビジョン
ぷよぷよ』講座/『ぷよぷよ』スーパープレイ
DEAD OR ALIVE 5』発売直前記念大会
ドルアーガの塔』タイムアタックバトル第三夜
闘劇2012 全国決勝大会』初日閉幕後トークライブ

1994年に稼働を開始したパズルゲーム『ぷよぷよ通』のイベントあり、発売前の格闘ゲーム『デッド オア アライブ 5』の大会ありと、エクストラステージならではの内容となった。『太鼓の達人』エキシビジョンと『ぷよぷよ』講座/『ぷよぷよ』スーパープレイでは、両作のトッププレイヤーがそれぞれ登場し、ゲームの解説から実践プレイ、来場者を交えての対戦プレイとバラエティに富んだ内容で盛り上げた。『DEAD OR ALIVE 5』発売直前記念大会では、当日予選を勝ち上がった8名によるトーナメント戦を実施。発売前のタイトルにも関わらず流れるようなプレイを見せるプレイヤーたちに、ゲストとして登場したコーエーテクモゲームスの早矢仕プロデューサーと新堀ディレクターも感心することしきりだった。

▲来場者との対戦では、それぞれ”バチ1本”、”連打ゾーン連打なし”、”目隠し”というハンデを背負っても勝利したゲストプレイヤー陣。『太鼓の達人』の達人はマジ達人でした。
▲『ぷよぷよ』講座/『ぷよぷよ』スーパープレイステージでは、基本ルールや連鎖の仕組みなども丁寧に解説された。
▲ゲストにコーエーテクモゲームスの早矢仕プロデューサーと新堀ディレクターを迎え、トーナメント戦が行われた。