『MHF』大型アップデート恒例! 運営陣が語るフォワード.4インタビュー

カプコンの『モンスターハンター フロンティア オンライン』で、2012年5月23日に大型アップデート『フォワード.4 "荒天貫く閃晶の瞬き"』が実施される。その見どころをプロデューサー・杉浦一徳氏と、アシスタントプロデューサー・宮下輝樹氏のふたりに伺った。

 カプコンの『モンスターハンター フロンティア オンライン』で、2012年5月23日に大型アップデート『フォワード.4 "荒天貫く閃晶の瞬き"』が実施される。その見どころをプロデューサー・杉浦一徳氏と、アシスタントプロデューサー・宮下輝樹氏のふたりに伺った。


●新モンスター“クアルセプス”について

左-杉浦氏 右-宮下氏.JPG

――どのようなモンスターでしょうか?
杉浦 クアルセプスは、海竜種という『MHF』では初登場となる種のモンスターです。ほかのモンハンシリーズのファンの方にも注目してもらえるのではないかと思います。
宮下 幼生時は海の中で過ごしますが、成体になると海から陸へと住処を移すため、海竜種でありながら陸棲となる風変わりな性質があります。

――どのような特徴がありますか?
宮下 見た目には体中に生えた水晶が特徴で、"晶竜(しょうりゅう)"の異名を持っています。基本的に高地に棲息するモンスターで、天候(晴天時と雨天時)によって、行動や攻撃が変化する特徴があります。グレンゼブルは、雨が降ると凶暴化するイメージでしたが、クアルセプスの場合、天候の違いで攻撃パターンがガラリと変わります。


――とくにこだわったポイントを教えてください。
宮下 新しく登場する海竜種ということで、皆さんに新鮮さを感じていただけるよう、
ほかのモンスターにはないような特徴づけにこだわっています。
天候で攻撃パターンが変化するという点もそのひとつで、重点的に力を入れています。
手応えを感じていただけるモンスターに仕上がったと思います。


――挑めるハンターランクはいくつでしょうか?
杉浦 HR71からのクエストと、剛種クエストを用意しています。
宮下 クアルセプスは高地だけでなく、樹海頂部と砂漠にも登場します。砂漠では2頭のクアルセプスが同時に出現し、剛種クエストでは狩猟するフィールドによって、異なる討伐の証が手に入ります。


●特異個体モンスターについて

KO5_6409.JPG

――どのモンスターの特異個体が追加されるのでしょうか?
宮下 『フォワード.4』では、"錆びたクシャルダオラ"と"グレンゼブル"の2体の特異個体が登場します。それぞれ、通常とは異なる攻撃が多数ありますので、楽しんでいただけると思いますし、それぞれの素材で作れるHC武器もありますので、ぜひ生産を目指していただければ、と思います。
杉浦 『フォワード.3』では特異個体を追加できませんでしたが、『フォワード.4』以降は、コンスタントに特異個体を増やしていきたいと考えています。

――"錆びたクシャルダオラ"は迎撃拠点のクエストですが、古龍迎撃戦の期間で狩ることになるのでしょうか?
宮下 古龍迎撃戦でも登場予定ですが、アカムトルムの特異個体のときと同じように、フロンティアクエストとしても配信する予定です。


F4-01.jpg F4-02.jpg

●奇種モンスターの追加について

――奇種とは、どのようなモンスターでしょうか?
宮下 亜種の変種という位置づけのモンスターになります。『フォワード.4』では、ヒプノック奇種、リオレイア奇種、リオレウス奇種、エスピナス奇種、ガノトトス奇種の5体が登場します。

――通常の変種にくらべて、手に入る素材に違いはありますか?
杉浦 変種と同様、剥ぎ取りなどでは汎用素材が入手できますが、それとは別に奇種のクエストでは専用の素材が手に入ります。
宮下 その素材を使って、新しいSP装飾品が生産できるようになります。新SP装飾品は何十種類もあり、性能もかなり高いものになっていますので、スキルを組み合わせる際に活用してほしいですね。


●新たな武器と防具について

――クアルセプスの武具はどのような特徴がありますか?
杉浦 クアルセプスの素材を使用する武器・防具に加えて、今回も多数の武具を追加する予定です。防具のクアルシリーズはFXシリーズまでの強化が可能になっています。

宮下 注目なのはクアルセプスの剛種武器で、雷属性が高く非常に強力になっています。高地のほか、樹海頂部や砂漠の剛種クエストで異なる種類の討伐の証を手に入れて強化を行うことで、さらに強力な性能を発揮します。


F4-03.jpg F4-04.jpg
F4-05.jpg F4-06.jpg F4-07.jpg F4-08.jpg

――そのほかの武具についてはいかがでしょうか?
杉浦 ブースターパックの防具はデュラガウアをモチーフにしており、走ると尻尾がフワフワと揺れるようになっています(笑)。
宮下 剛種防具は、クシャルダオラのものになっていまして、外見もかっこよく仕上がったのではないかと思います。


F4-09.jpg F4-10-A.jpg F4-10-B.jpg
F4-10-C.jpg F4-10-D.jpg

●新たな秘伝防具について

F4-11.jpg

――既存の秘伝防具との違いはどのような点でしょうか?
宮下 今回追加する秘伝防具は赤色を基調にしたものになっていまして、既存の白い秘伝防具とは付属するスキルが異なっています。大剣の新秘伝防具には"剣術"という新スキルが付属しています。

――生産方法は既存のものと同じでしょうか? それとも既存の秘伝防具からの派生でしょうか?
宮下 派生ではなく、新規にイチから生産する防具となります。強化に必要な特異個体の素材は異なりますが、生産から強化までに必要な魂などは既存のものと同様です。

――既存の秘伝防具の性能については、現段階で調整は終わったのでしょうか?
宮下 これで終わりということはありませんが、調整はいったん済んだ、という段階です。新しい秘伝防具の性能をよくしすぎると、そちらばかりを作られると思いますので、既存のものと新しい秘伝防具は、別軸の方向性を打ち出したうえで、横並びのバランスを目指しています。
杉浦 さらに次の『フォワード.5』では、既存と新規の両方の秘伝防具を作ると、特典として新たな効果が得られるような仕組みを考えています。


●剛種武器生産の緩和(ライトボウガンをのぞく)について

――緩和した意図はなんでしょうか?
宮下 先日行いました剛種武器プレゼントキャンペーンで、初めて剛種武器を手にしたという方がかなりの数いました。そういった声を聞くと、剛種武器はまだ敷居の高いものだと感じました。そこで、もっと広く剛種武器を使っていただきたいと思いまして、生産時に必要な討伐の証の数を緩和するという変更を行いました。ただし、強化に必要な討伐の証は、従来どおりとなっています。


●ヘビィボウガンの進化武器追加について

――これですべての武器種に進化武器が揃うことになります。ヘビィボウガンの進化武器は、どのような特徴がありますか?
宮下 進化武器には"爆撃弾"や"龍爆撃弾"といった専用の弾が装填可能です。これらの弾は放物線を描くように飛んで、着弾するとその場に火柱などのエフェクトがしばらくのあいだ発生します。そのエフェクトの場所にいるモンスターは、ダメージを受け続けるという効果になっています。


●新スキル"剣術"について

――どのような効果があるスキルでしょうか?
宮下 効果は2段階あり、"剣術+1"では攻撃が弾かれなくなります。"剣術+2"では弾かれ無効に加えて、攻撃ヒット数が1回増える効果があります。使用する武器次第では、かなりの効果を感じていただけると思います。

――ヒットストップも2回分に……?
宮下 はい。攻撃ヒット数に応じて同じだけ発生します。


●新スキル"耐状態異常"について

――どのような効果があるスキルでしょうか?
杉浦 こちらは、3種の状態異常無効が発動するものになっています。通常ですと、春のアップデートは初心者向けのコンテンツ追加などが多いのですが、今回は上級者向けの秘伝書関連のコンテンツにも力を入れています。


●秘伝書の追加要素について

――新たに追加される"マイミッション"とはどのようなものでしょうか?
宮下 マイミッションは、秘伝書を取得したハンター向けの新コンテンツで秘伝書取得後(HR500~)に利用できる施設となっています。マイミッションの中には教官がふたりいまして、それぞれの教官からミッションを受けられます。ミッションをクリアーしていくと、部屋の飾りつけが豪華になったりしていきます。SRを上げながら、ミッションを楽しんでもらえれば、と思います。

杉浦 秘伝防具を手に入れると、マイミッション内に陳列されていき、FXシリーズまで強化すれば、キラキラと輝くようになります。また、ほかのプレイヤーをマイミッションに招くこともできますので、自慢の秘伝防具を披露していただければ。


F4-12.jpg
F4-13.jpg

――ミッションはどのようなものとなっていますか?
杉浦 どちらの教官のミッションも、"○○を●体倒せ"のようなお題が与えられ、受けた後は、通常どおり広場のカウンターからクエストを受注してお題を達成していく仕組みになります。

宮下 さらにSR500に達すると、教官から特別な"秘伝書育成ミッション"が受けられるようになり、それを順番にこなしていくことで、ハンター自体が強化されるようになります。たとえば、武器倍率を上昇させたり、被ダメージを軽減できたりします。『フォワード.4』では、合計でパラメータを140段階上げられるようになっていますので、ぜひチャレンジしてみてください。


●SR専用食事レシピについて

――どのような食事なのでしょうか?
杉浦 秘伝書を入手したSRのハンターのみが、専用の食材を使って作れる食事で、従来のものよりもワンランク上の効果が発動します。この食事を作れるのはSRのハンターだけですが、狩人弁当の場合、パーティーメンバー全員に効果があります。

――専用食材はどのようにして入手できるのでしょうか?
宮下 ハードコアクエストのクリアー報酬や、特異個体の部位破壊報酬として入手できます。


●課金コース"秘伝書コース"について

――どのような課金コースでしょうか?
宮下 プレミアムコースやアシストコースと同様、3日間980円で利用できる課金コースで、SRのハンターに特化したものです。具体的には、"○○魂"の入手数が増えるほか、SR100までの防御補正がなくなったり、武器のレア度制限が緩和されるなどの特典があります。また、アシストコースと併用することで、レジェンドラスタがさらに強くなるといった特典も用意しています。
杉浦 秘伝書コース実装直後、1週間程度の無料開放期間を設ける予定ですので、まずはそこで実際の内容をたしかめていただければ、と思います。


●一部武器種の仕様変更について

――ガンランス、ヘビィボウガンの仕様が変更されますが、それぞれどのような調整を予定していますか?
宮下 ガンランスは、横薙ぎが弾かれ無効になり、横薙ぎから連撃砲への動作が速くなります。また、連撃砲からステップの受付時間を長くしました。ヘビィボウガンは、通常弾・貫通弾・徹甲榴弾のクリティカル距離での威力がアップしています。さらに、属性弾の威力も従来より上げました。


●ガンナーのカメラ変更について

――具体的にはどのような変更になるのでしょうか?
宮下 これまでは、ガンナーで狙いを定めて発射した後にカメラの位置がリセットされていたのですが、それがリセットされないように、オプションから選択できるようにしました。


●新たなサポートキャラ"フォスタ"について

KO5_6440.JPG

――フォスタとは、どのようなキャラクターでしょうか?
宮下 フォスタは狩猟をサポートするキャラクターで、ひとりでクエストへ出発した場合、最大2名のフォスタがランダムで同行します。

――HRいくつから同行するのでしょうか?
杉浦 HR1からクエストに同行します。HR10までは教官ラスタも同行しますので、ひとりでクエストに出発しても、4人パーティーとなりますし、ホルクも同行するのでクエストを達成しやすくなるのではないでしょうか。

――同じくサポートキャラのラスタは武具の選択が可能でしたが、
フォスタの場合はどうなるのでしょうか?
宮下 ハンターのHRが上がるにつれ、フォスタの武器や防具も徐々に強いものに変化していきます。また、フォスタはクエスト中は狩りに関するヒントやアドバイスを話すこともあります。


●グークのリファインについて

――グークの追加要素について教えてください。
宮下 グークが4匹まで飼えるようになり、グークの服や部屋のパーツなども追加されます。

――新しい毛色のグークは追加されますでしょうか?
宮下 10種類ほどの新色を用意しています。また、グークのアイテムも追加されます。クエスト中に使える打ち上げ花火のような見た目に楽しいものや、設置すると周囲のハンターの体力が回復するようなものまでいろいろあります。


F4-14.jpg F4-15.jpg

●ホルクのリファインについて

――ホルクのレベル上限はいくつまで解放されますか?
宮下 『フォワード.4』では、LV3まで解放されます。4人でクエストに行った際、LV3のホルクが4匹いれば、クエスト達成時間がかなり短くなると体感できるくらいの強さを想定しています。
杉浦 ホルクはもともと、初心者のサポート的な役割として実装しましたが、LV2、LV3と育てていくと、やり込み要素が強くなってきます。また、今回も学びの書が追加されますので、ぜひ集めてみてください。
宮下 LV3でかなり強力になるということもあり、ホルクのレベル解放については、いったんLV3で様子見をさせていただきたいと考えています。

――PVのラストシーンで、ハンターがホルクにつかまって
飛んでいきましたが、アレはいったい……?
宮下 ……なんでしょうね(笑)。なにかあるかもしれません。


●猟団プーギーのスキル発動手順について

――どのような手順になるのでしょうか。
宮下 これまでは、季節やHRの違いによってプーギーのよろこぶエサが違っていたのですが、この部分を調整しました。基本的には季節やHRに関係なく、ブタせんべいを与えるだけでスキルが発動しやすい仕組みになっています。


●フォワード.3プレビューサイトの次回予告で公開されていた画像について

――フォワード.3プレビューサイトの次回予告で告知されていたあの部屋はなんだったんですか?
杉浦 あれは、狩猟技クエストのリファインによってできた新しい部屋で、フォワード.4で実装予定だったものなのですが、システムの調整が間に合わず、やむなくフォワード.5に実装延期させていただくことになりました。お客様には大変ご迷惑をおかけするのですが、新たな狩猟技コンテンツとして楽しんでいただけるよう調整を行っておりますので、今しばらくお待ちください。


●5周年記念のオフラインイベントも開催

KO5_6453.JPG

――ひと言ずつメッセージをお願いします。
宮下 今回からインタビューに参加させていただいています。今後ともよろしくお願いいたします。『フォワード.3』では、多数の不具合がありまして大変申し訳ありませんでした。『フォワード.4』では、そのようなことがないよう私のほうで対応していきます。また、『フォワード.4』期間中に、『MHF』は5周年を迎えます。心機一転、さまざまなイベントなど、新しいことにもチャレンジしていきたいと思いますので、応援よろしくお願いいたします。

杉浦 『MHF』開発・運営チームでは、大きな組織変更がありまして、このたび、『MHF』のプロデューサーを前任の小野義徳から私に引き継ぐことになりました。また、開発・運営チームをひとつにまとめ、製販一体の『MHF』チームとして再出発する形となりました。とはいえ、私と宮下でコンビを組んで進めていくことには変わりはありません。皆さん、宮下をあまりイジめないでください(笑)、上司は私ですので私が先頭に立ってお叱りを頂戴するのが筋ですから。これからも末永くよろしくお願いいたします。

5周年を迎えるMHFですが、5年間のお礼の意味を込め、夏から秋にかけての大きなイベントとして、ゲーム内イベントと連動したオフラインイベントを開催します。これから数年間の『MHF』をどう展開していくか、その場でお話できるかと思いますので、ぜひ楽しみにしていてください。