東京ジョイポリス、リニューアルと同時にホラーアトラクション『貞子3D 呪いのツアー』をオープン!

セガの屋内型テーマパーク、東京ジョイポリスは、2012年7月14日のリニューアルオープンと同時に、映画『貞子3D』をモチーフにしたアトラクション『貞子3D 呪いのツアー』をオープンする。

●3Dで甦る貞子の恐怖をよりリアルに体験!

 セガが東京・台場に展開する国内最大級の屋内型テーマパーク、東京ジョイポリスは、2012年7月14日(土)のリニューアルオープンする。これ同時に、映画『貞子3D』の世界観を活かしたアトラクション『貞子3D 呪いのツアー』をオープンすることを、セガは発表した。
 以下、リリースより抜粋。

貞子3D』は、ジャパニーズホラーブームを巻き起こし、ハリウッドでリメイクもされた「リング」シリーズの最新作です。井戸やテレビ画面から這い出してくる姿が強烈な印象と恐怖を与えた“最恐”キャラクター・貞子が3Dで復活。ウェブ上に配信された“呪いの動画”により街頭ビジョンやスマートフォンなど様々なデバイスから飛び出し、日本中を震撼させます。
アトラクション『貞子3D 呪いのツアー』は、ゲスト自身が歩いて進んでいくウォークスルータイプのホラーアトラクションです。オリジナルストーリーで展開する本アトラクションの舞台は、イベント会社が企画した『呪いのツアー』。ゲストは“呪いの動画”に関連する場所を巡るそのツアーに参加することになります。自殺現場や学校の自習室、古い井戸など映画とリンクしたシーンを自分の足で巡る実体験に、アクターによる生身の演出が加わり、アトラクションならではのリアルな恐怖をご体感いただけます。忍び寄るような恐怖感とたたみかけるようなショックの連続で戦慄の体験を提供いたします。
 東京ジョイポリスは、7月14日(土)に「デジタル」と「リアル」の融合を意味する「デジタリアル(DigitaReal)」をコンセプトにリニューアルオープンいたします。「デジタリアル」空間に登場する“超リアル”なお化け屋敷をお楽しみください。

 【アトラクションストーリー
あるサイトの公開自殺動画を見ると、次々に自殺するというウワサがあった。だが多くの人はウワサを信じず、おもしろ半分で動画を探し続けている。あの呪いが復活しようとしているにも関わらず……。
そのウワサに便乗したイベント会社が、肝試し「呪いのツアー」と題し、ウワサされている公開自殺場所や、それに関連する場所を見学するツアーを始めた。興味本位で参加するゲスト達……。
興味本位で参加するゲスト達。そして、イベント会社が作った偽物(?)の動画が映し出される。
本物の恐怖「呪いのツアー」が始まった!

アトラクション概要
■正式名称:貞子3D 呪いのツアー
■オープン日:2012年7月14日(土)
■料金(予定):600円(税込) ※パスポート利用可
■所要時間:約7分

(c)2012『貞子3D』製作委員会