ファーストシングル「awake/もう一度」のリリースが決定した声優・下田麻美にインタビュー!

ファーストシングル「awake/もう一度」を2012年6月27日にリリースすることを発表した、声優・下田麻美のインタビューをお届け。

●下田麻美、ついにシングルを発表!

 先日、ファーストシングル「awake/もう一度」を5pb.Recordsからリリースすることを発表した声優の下田麻美。「awake/もう一度」は、アーケードゲーム『シャイニング・フォース クロスエリュシオン』の主題歌「awake」と、下田麻美自身が作詞・セルフプロデュースを行った意欲作「もう一度」の2曲が収録された両A面仕様のシングルで、2012年6月27日発売予定、価格は1260円[税込]となっている。

 ここでは、満を持してシングルCDをリリースする下田麻美のインタビューをお届け。

――ファーストシングルをリリースすることを受けての、率直な感想を教えてください。
下田 何年か前から、いろんな形で音楽活動はしていまして、これまでカバーアルバム「Prism」、ミニアルバム「DREAM」をリリースさせていただいたのですが、CD3枚目にしてついにシングルCDにたどり着くことができ、とてもうれしく思っています。「ストレートなシングルを作りたい!」と、スタッフの皆さんといっしょに制作に取り組ませていただいています。

――収録曲「awake」は、どのような曲ですか?
下田 以前、『シャイニング・フォース クロスレイド』主題歌の「TRIBE」(ミニアルバム「DREAM」に収録)を歌わせていただいたのですが、今回もシリーズの最新作『シャイニング・フォース クロスエリュシオン』の主題歌を歌わせていただけることになりました。『シャイニング・フォース』シリーズで描かれる、"剣と魔法を使った戦い"の内容・テーマを反映した内容の歌になっています。「TRIBE」は“黄昏”をイメージした曲で、色で例えるならオレンジ色のような曲だったのですが、「awake」は朝日のような、明るい曲。また、「TRIBE」がカッコよくも切ない雰囲気だったのに対し、「awake」は力強さを感じさせる雰囲気になっています。歌詞も男らしい、戦士らしいものになっていて、歌うのにパワーが必要でした。レコーディングは体力勝負でしたが、納得のいく歌になりましたね。

――「awake」の聴きどころを教えてください。
下田 サビの部分ですね。力強い歌詞で、メロディーもすごく張り上げるところだったので、レコーディングでは苦戦しました。でも、私の意地が詰まっているので、ぜひ聴いていただきたいですね。そのほかの部分も、明るい、楽しい雰囲気になっていますので、あまり難しく考えず、楽しんで聴いていただければと思います。

――「もう一度」は、下田さんみずから作詞されたとのことですが。
下田 私は小学校のときから作詞をするのが好きで、「趣味は作詞」と言い張っております。これまでも、仕事で作詞させていただくことが何度かありましたが、「もう一度」はその中でも、いちばん苦労して書いた作品です。困難MVP! という感じで(笑)。プレッシャーの大きさからか、かなり苦戦しました。内容はオトナな失恋ソングになっています。私は、ファンの方からは「明るい、元気」というイメージを持っていただいているようなのですが、今回はそのイメージを変える形になるかもしれません。みんなに私の新しい一面を見てほしいと思うあまりに、はっちゃけてしまいました。レコーディングぎりぎりまで作詞をしていて、夜遅くに友だちに連絡して「このフレーズ、もっといい言葉ないかな?」と聴いたり、スタッフさんに家までお越しいただいて、手助けしていただいたり……。本当にいろんな方々の力を借りて、書かせていただきました。いろんな思いを込めて書いた、等身大の私の歌詞です。

――「もう一度」はどんなメロディーになっているのですか?
下田 わかりやすく言うと、ミディアムバラードですね。アップテンポなメロディーの中にも、しっとりさがあるような、ちょっとオトナな、切ない曲です。これまでは、明るくて元気な曲を歌わせていただくことが多く、その反動が、「大人っぽい曲が歌いたいな」と思うようになっていまして。この「もう一度」は「麻美ちゃんの好きにしていいよ」と言っていただいたので、以前いっしょにお仕事させていただいた、私と感性の近い作曲家の方に、作曲をお願いしました。街を歩きながら別れた相手のことを思い出す……という歌で、「Aメロで歩き出して、2番に入ると天気が変わってきて……」と、シチュエーションを指定して作曲していただいたんです。“私らしい曲”というよりは、“私好みの曲”なので、聴いていただいた方に、「自分もこの曲が好み!」と思っていただけるとうれしいですね。サビは特徴のあるメロディーになっているので、一度聴いたら、きっと頭の中をぐるぐる回ってしまうと思います!

――作詞するときは、自分の経験をもとにするのですか? それとも想像して書くのですか?
下田 どちらの場合もあります。実体験をもとにしたり、「こういうシチュエーションを演じてみたい」と想像して書いたり。今回の「もう一度」は、どちらかというと、妄想して書いた歌詞ですね。昔から失恋の曲がとても好きなので、自分でも書いてみたい! と思って書いたんです。

――「もう一度」はどのように歌われたのですか?
下田 これまで、「声優ができる歌の表現をやりたい」と思って音楽活動をしてきました。「自分の声はこれだ」と絞ってしまわずに、カメレオンのように、歌声を好きな色に変化させて。ある曲は男性のように歌い、ある曲は小さな女の子のように歌う、というイメージです。今回は「ストレートに歌いたい」と考えていますので、下田麻美の素顔が感じられるような、透明感のある声で歌っています。

――今回、ジャケット衣装もご自分で選ばれたとのことですが。
下田 プロデューサーさんが「好きな店で、好きな服を買っておいで!」とおっしゃってくださったので、私が本当にふだん着ているような服を選ばせていただきました。撮影も飾らずに行いましたね。お洋服は3パターンありまして、ひとつはカジュアルな元気系の服、今日着ているシャーベットカラーの服、そしてタイトめのパンツと白いブラウスです。夏発売のCDではありますが、撮影は3月だったので、すごく寒かったです。生足でがんばりました(笑)。おそらくジャケットには、すべてのお洋服の写真が掲載されるのではないかと思います。

――失恋の曲がお好きとのことですが、どういったアーティストの方の曲が好きなのですか?
下田 尾崎豊さんがとても好きです。でも尾崎さんの曲は、尾崎さんが歌っているからこそ好きなので、自分で歌いたいなと思っているわけではないですね。それから、Janne Da Arc(ジャンヌダルク)さんが好きです。Janne Da Arcさんの歌のような、失恋経験がない人にも想いが伝わる詞が書けたらなと思って書きました。

――最後にひと言、メッセージをお願いします。
下田 シングル情報が解禁になると同時に、たくさんの方々から「待ってました」というお声をいただきました。本当にたくさんいただいたので、私もテンションとモチベーションがとても上がり、うれしく思っています。これまで重ねてきた自分の音楽経験を活かして、このシングルに臨みます。誰でも気軽に聴いていただけるようなCDになると思いますので、お手に取っていただけるとうれしいです。