『ドラゴンズドグマ』プレイリポート【トレーラーあり】【CAPTIVATE 2012】

CAPTIVATE 2012に出展された、『ドラゴンズドグマ』試遊バージョンのプレイリポートをお届けする。

●オーガとの死闘!

 現地時間の2012年4月3日~4日、イタリアのローマにて、欧米メディア向けに行われたカプコンのプライベートイベント“CAPTIVATE 2012”。本記事では、同イベント会場で試遊バージョンが出展されたPS3、Xbox 360用ソフト『ドラゴンズドグマ』(日本での発売は2012年5月24日予定)のプレイリポートをお届けする。なお、本記事内では操作方法を、PS3版の操作方法(Xbox 360版の操作方法)と記述している。

 『ドラゴンズドグマ』は、広大な世界を旅する“オープンワールド”タイプのアクションゲーム。プレイヤーは3人の“ポーン”(コンピューター操作の従者)とともに、さまざまなクエストに挑むことになる。プレイヤーキャラクターは選んだジョブによって、使用可能なスキルなどが異なるのだ。今回のバージョンでは、上級職のソーサラーや、混成上級職のマジックアーチャーを使用することができた。ソーサラーはその名の通りの魔法使いで、氷や炎の魔法で敵を攻撃する。マジックアーチャーは、弓による遠隔攻撃と、短刀の二刀流による近接攻撃の両方が可能なジョブとなっている。これらふたつのジョブについては、下のトレーラーを観てほしい。


済_ドラゴンズドグマ_プレイリポート/01.jpg 済_ドラゴンズドグマ_プレイリポート/02.jpg
済_ドラゴンズドグマ_プレイリポート/03.jpg 済_ドラゴンズドグマ_プレイリポート/04.jpg
済_ドラゴンズドグマ_プレイリポート/05.jpg 済_ドラゴンズドグマ_プレイリポート/06.jpg
済_ドラゴンズドグマ_プレイリポート/07.jpg 新しいフォルダ (2)/08.jpg

 さて、試遊版ではプロローグのミッションと、ゲーム中盤からの冒険の2種類を遊ぶことができた。まずは、プロローグをプレイしながら、ゲームの操作を学ぶことに。プレイヤーが登場すると、その横にはひとりの仲間がいた。この仲間こそが“ポーン”だ。ポーンには、能力が成長する“メインポーン”と、オンラインで仲間から借りる“サポートポーン”の2種類がある。このポーンはメインポーンというわけだ。

 プレイヤーキャラクターのジョブはファイターで、□ボタン(Xボタン)の小攻撃と△ボタン(Yボタン)の大攻撃を使い分けながら戦っていく。道中で出たゴブリンを蹴散らし、仲間を加えながらボスであるキメラのところまでたどり着いた。キメラは、ライオンの上半身と羊の下半身を持ち、尻尾が蛇になっている巨大生物。素早い動きで攻撃してくる手強い敵だが、“つかむ”というアクションを活用することで有利に戦える。今回は下半身にしがみつき、尻尾を切断したことで有利に戦えた。

 続いて、ゲーム中盤からのプレイへ。大きな街からのスタートで、先ほどのキメラを含む、4体の大型モンスターとの戦いを楽しむことができた。また、宿屋に行けば転職も自由に行うことができたため、今回はマジックアーチャーを選んでプレイしてみることに。最初に挑戦したサイクロプスは、棍棒を振り回して暴れる一つ目のモンスター。棍棒を食らうと大きなダメージを受けてしまうが、背中にしがみつきながら切ったり、遠くから矢を射ることで、比較的安全に倒せた。つぎは、翼を持った大型のトカゲのような外見をしたモンスター、ドレイクに挑む。炎を吐いて攻撃をしてくる強敵で、30レベルほどのこのデータでは、倒すのは難しいとのこと。その言葉通り、あっさりとやられてしまい、無念の撤退となった。

 気を取り直して、今度はオーガとの戦いへ。まずは、とある女性の「地下を探索してほしい」という依頼を受ける。地下はモンスターが巣食う危険な場所。マジックアーチャーの特徴である、魔力を帯びた矢を射ったり、近接攻撃を駆使して敵を倒していく。上空に放った矢が辺り一面に降り注ぐ技などもあり、たくさんの敵が出現したときに使うと大きな効果を発揮した。ちなみに、設置されているタルを敵に投げつけると爆発し、ダメージを与えられるというおもしろい要素も確認できた。あくまでも筆者の感想だが、本作はこのように設置されているものを活かしたり、敵の攻撃を避けてから攻撃を加えるなど、オープンワールドゲームの中でもアクション性が高いように感じた。さて、地下を進んでいくと、ついにオーガのお出ましとなる。巨体を誇るこのモンスターは、ドロップキックを放ったり、腕をぶん回して殴りつけてくるなど、とにかく一撃が重い。油断すると、すぐに三途の川が見えてしまう。攻撃を受けて体力も尽きかけ、生き延びるために逃げまわっていたのだが、ここでオーガが高台から落下。驚いたことに、そのままお陀仏となった……。そう、本作は高いところから落ちると、プレイヤーもモンスターも等しくダメージを受ける。そのため、高いところにおびき寄せて落とす、というのも立派な戦術のひとつなのだ。今回はあくまでもまぐれで勝つことができたのだが、攻撃でダメージを与えにくい相手には有効な戦法と言えるだろう。


済_ドラゴンズドグマ_プレイリポート/オーガ.jpg
新しいフォルダ (2)/09.jpg 済_ドラゴンズドグマ_プレイリポート/10.jpg
済_ドラゴンズドグマ_プレイリポート/11.jpg 済_ドラゴンズドグマ_プレイリポート/12.jpg 済_ドラゴンズドグマ_プレイリポート/13.jpg

 最後に、CAPTIVATE 2012で公開された画像を紹介。ファンはこれを見て、発売日まで期待を高めてほしい。


済_ドラゴンズドグマ_プレイリポート/アンデッド.jpg 済_ドラゴンズドグマ_プレイリポート/スケルトンメイジ.jpg 済_ドラゴンズドグマ_プレイリポート/ファントム.jpg

▲左から、アンデッド、スケルトンメイジ、ファントム。


ドラゴンズドグマ
メーカー カプコン
対応機種 Xbox 360 / プレイステーション3
発売日 2012年5月24日発売予定
価格 各7990円[税込]
ジャンル アクション / ファンタジー

(C)CAPCOM CO., LTD. 2012 ALL RIGHTS RESERVED.
※画面は開発中のものです。