『白衣性恋愛症候群 RE:Therapy(リセラピー)』の新規要素をまとめて公開

サイバーフロントから2012年6月28日に発売予定のPSP(プレイステーション・ポータブル)用ソフト『白衣性恋愛症候群 RE:Therapy(リセラピー)』の最新情報をお届けする。

●『白衣性恋愛症候群』に追加要素が多数追加

 サイバーフロントから2012年6月28日に発売予定のPSP(プレイステーション・ポータブル)用ソフト『白衣性恋愛症候群 RE:Therapy(リセラピー)』の最新情報をお届けする。

 本作は、2011年9月29日に発売され、ユーザーに高い評価を受けている『白衣性恋愛症候群』(以下、『本編』)に、新たなキャラクターや攻略対象キャラクター、ストーリーなどの要素が追加された、キラ☆ふわガールズラブ看護師アドベンチャーゲーム。

■新規要素(1)/新キャラクターの登場

若本まゆき(CV:佐倉綾音)

百合ヶ浜総合病院内科の奥の個室、310号室にずっと入院しているらしい、中学生位の謎の少女。“病室の主”と呼ばれているが、部屋にこもりきりで、その姿を見ることは、たとえ看護師でも少ないと言われる。

■新規要素(2)/攻略対象キャラクターの追加

本編での主人公“沢井かおり”の攻略対象キャラクターは、“大塚はつみ”、“藤沢なぎさ”、“堺さゆり”の3人だけだったが、今作では“山之内やすこ”、“浅田あみ”のふたりのエンディングが加わり、新たな攻略対象キャラクターとなっている。

山之内やすこ(CV:原由実)
かおりの病院の先輩ナース。職場では、主任であるはつみと新人であるかおり、なぎさの橋渡し的なポジションとして良い姉貴分を務めている。

浅田あみ(CV:水野愛日)
元気なんだけど空回りが多い、どじっこ気質の患者。気持ちの元気さとは裏腹に、病弱で、現在はネフローゼ症候群の治療でかおりの病院に入院中。

■新規要素(3)/イベントCG、新規シナリオを追加

新キャラクター、攻略対象キャラクターの追加以外に、本編のシナリオにも着手し、本編では見られなかった“はつみ”、“なぎさ”、“さゆり”の旧エンディング後のアフターストーリーなどの新規シナリオなども追加されている。また、イベントCGも新規要素(1)と(2)を含めて多数追加収録されている。

▲以前は患者として、百合ヶ浜総合病院に入院していた堺さゆりが、看護師としての立場で主人公たちと触れ合うことに……。

■新規要素(4)/声優音声、OP曲、ED曲ともに新規収録!

フルボイスだった本編に合わせて、今作で追加されるシナリオの音声も新たに収録された。また、OPムービーに使用される楽曲も変更され、歌は大塚はつみ(CV:喜多村絵梨)が担当している。
※本楽曲は初回限定版に特典シングルCDとして同梱されます。

■基本ストーリー

子どものころ、交通事故で、瀕死の重症を負ってしまった少女・沢井かおり。彼女は死の淵から自分の生命を救い出してくれた“医療”に恩返しをしたいと思うようになりました。そして、看護師になろうと決意します。“あなたは生きなさい”夢の中で語りかけてくる、優しい声に導かれるままに。

そして、10年後――

首都から少し離れた“古都神庫(かなくら)”の隣り、少し寂れた田舎町“百合ヶ浜”看護学校を卒業した彼女は、その地元・百合ヶ浜にある病院で新人看護師としての第一歩を踏み出します。彼女が就職した病院“百合ヶ浜総合病院”はベッド数50程度の、小規模の病院でしたが、ここにはいろいろな人がいました。

「あたしたち、また良いコンビになれそうね!」 ――高校時代に慕っていた、仲良しの先輩。

「いつまでも学生気分でいられるのは迷惑よ」――厳しくも優しい、尊敬できる上司。

「あなた、それでも看護師なんですか?」――ココロを開いてくれない、ワケアリの患者さん。

看護師として過ごす、おっかなびっくりな日常生活。初めて触れる業務内容に目を白黒させたり。叱られて泣いてしまったり。けなげな患児に目を潤ませたり。

詰所内でくり広げられるガールズトーク。患者さんのベッドサイドで、「ありがとう」と言われる、ささやかな喜び。元気になって退院する患者さんの背中を見送るときに感じる、うれしさと、少しのさみしさ。周囲の人たちと濃厚でハートフルな関わりの中、彼女はいろいろなものを吸収していきます。ひとりの看護師として、そして、ただの女の子として。経験を積み、いろいろな人と交流を重ねる中、彼女は、どう成長していくのでしょうか――。

■キャラクター紹介

<主人公>
沢井かおり(CV:阿澄佳奈)
誕生日:8月12日
本作の主人公。明るいだけが取り柄の何処にでも居る娘。10歳の時に交通事故で生死の境をさ迷うも、九死に一生を得る。そのことから、自分を救ってくれた医療の世界への恩返しの意味で看護の道を選ぶ。事故の加害者の影響からか、男性恐怖症気味。事故の後、撫でることで相手の患部の痛みを緩和する“癒しの手”という力を得たとまわりに言われるが、本人はプラシーボ効果だろうと本気にはしていない。

大塚はつみ(CV:喜多村英梨)
誕生日:8月16日
かおりが入職する病院の内科主任。まだ新米のかおりをことさら厳しく指導し、かおりに恐れられるも、その根底には愛情が秘められている。汚部屋住人+料理できないなど、家事一般が壊滅的の典型的な仕事人。

藤沢なぎさ(CV:日笠陽子)
誕生日:7月16日
かおりが入職する病院の一期先輩で、かおりの高校時代の憧れの先輩。高校時代はかおりとともに生徒会に所属し名コンビと学園で話題になった。かおりの“プリセプター”(※)を命じられ、またコンビ復活だねと喜ぶ彼女にはしかし、かおりに対して秘めた想いが……。 ※看護師のプリセプター制度指導する先輩看護師をプリセプター、指導される後輩看護師をプリセプティーという。

堺さゆり(CV:今井 麻美)
誕生日:5月16日
かおりの病院に入院してくる娘。かおりを初対面から敵視するもかおりは身に覚えがなく???。ことあるごとにかおりに食って掛かる彼女には何か秘密があるらしく……。“再生不良性貧血”という大病を患っている。



(C) 2012 KOGADO STUDIO,INC. (C) CYBERFRONT
※画面は開発中のものです。