チュンソフトの『街』と『かまいたちの夜2』がPlayStation Storeで販売開始!

チュンソフトからリリースされたプレイステーション・ポータブル用ソフト『街~運命の交差点~ 特別篇』と『かまいたちの夜2 特別篇』が、本日(2012年3月27日)よりPlayStation Storeでダウンロード販売が開始された。

●あの名作サウンドノベルをダウンロードして再び!

 チュンソフトは、『街~運命の交差点~ 特別篇』と『かまいたちの夜2 特別篇』の2タイトルのサウンドノベルを、本日3月27日よりPlayStation Storeにてダウンロード販売を開始した。価格はともに1980円[税込]。どちらもプレイステーション Vitaには非対応なので注意しよう。以下、資料より抜粋。


街~運命の交差点~ 特別篇』とは
読み進めるサウンドノベルです。8つの物語全てを最後まで読むとゲームクリアとなります。しかし、それぞれ独立しているように見える物語は渋谷という舞台を接点に絡みあっており、ある物語の主人公の行動(選択肢の選択)によっては別の物語がバッドエンドを迎えてしまうこともあります。事件の因果関係を推理し“ZAP”と呼ばれるキャラクター切り替えシステムを駆使して、全ての物語をベストエンドに導きましょう。またUMD版同様、PSP版でしか読めない秘蔵シナリオ「パトリック・ダンディー篇」と、窪塚洋介演じるサギ山が主人公の「サギ山篇」の2本を収録しています。


◇『かまいたちの夜2 特別篇』とは
選んだ選択肢によりストーリーが大きく分岐していく「マルチシナリオ・マルチエンディング」タイプのサウンドノベル、「かまいたちの夜」シリーズの第2弾。「かまいたちの夜」の事件から約半年。主人公、透と真理のもとにリゾート地「三日月島」への招待状が届いた。リゾートとは程遠い陰鬱とした島で懐かしい顔ぶれと再開したふたりだったが、その日の夜は50年に1度来るといわれる「かまいたちの夜」だった。そして島に伝わる「わらべ唄」になぞらえた殺人が発生して……。UMD版同様、PSP版でしか聞けないCDドラマ「ちょっとHなかまいたちの夜2」を収録しています。

(c)1998/2012 CHUNSOFT/長坂秀佳/難波弘之
(c)2002/2012 CHUNSOFT/我孫子武丸/田中啓文/牧野修/東儀秀樹/パッパラー河合/羽毛田丈史