『桜花センゴク Portable』は、美少女に転生した戦国武将たちがヒロイン!?

PCで好評を博した恋愛ゲームが、アルケミストによってプレイステーション・ポータブルに移植。『桜花センゴク Portable』として、2012年春発売予定だ。

●新ヒロイン3人を追加してプレイステーション・ポータブルに登場

 『桜花センゴク Portable』は、2010年10月に発売されたPC版『桜花センゴク ~信長ちゃんの恋して野望!?~』を原作とする移植作品。
 同作は、戦国武将たちの生まれ変わりが集う学園に転校した主人公が、かわいらしいがパワフルで常識はずれな転生武将のヒロインたちに翻弄されるラブコメ系アドベンチャーゲームだ。

 同作では、PC版で攻略可能だったヒロイン6名に加えて、真田幸村ちゃん、本多忠勝ちゃんを攻略可能ヒロインとして追加。さらに、サブヒロインとして真田信幸ちゃんも攻略可能(※信幸ちゃんは幸村ちゃんルートからのルート分岐)となる。追加された新キャラクターである、真田幸村ちゃんには斎藤千和、本多忠勝ちゃんには山本希望、真田信幸ちゃんには櫻井智と、豪華声優陣を起用。新規シナリオの加筆、修正に合わせて、イベントCGも40以上追加されている。
 また、本作用に新オープニング曲『セイシュン桜花』を新たに追加。作詞作曲は特撮番組等の楽曲を数多く手がけるサイキックラバーのYOFFY氏が担当しており、合わせて新規オープニングムービーも制作される。エンディング曲として新たに『Piece of My Heart』も追加されるのだ。
 さらに原作にもあった甲、乙、丙3ルートのシナリオも大幅に加筆修正し、既存のヒロインたちにも新ストーリーや新規CGを多数追加するなど、さまざまな面でパワーアップがはかられている。

 【プロローグ
ある日、戰獄学園(せんごくがくえん)から入学の推薦状が届いた。
明智光秀は、日々の生活費をバイトで稼ぐ『学生浪人』。
憧れの学生生活に、1も2もなく飛びついた。
ところが転校初日――光秀は、いきなり捕縛される事態に!
「余の前によくも顔を出せたな、打ち首じゃ!」
光秀の目前に立ちスラリと刀を抜きはなった少女は、織田信長と名乗った。
「お、俺は名前が明智ってだけで、本物の明智光秀じゃないんです!?」
事情が飲み込めぬまま命乞いをし、危ういところを命からがら逃げ出したものの……。
光秀は武田信玄、上杉謙信など、次々と戦国武将の名前を持った少女に出会う。
そう、ここは『戰獄学園』。
戦国武将の生まれ変わりが集う場所だったのだ!
推薦状が光秀の元に届いたのは、“明智光秀”の生まれ変わりと勘違いされた為であった。
学園天下統一を目指す少女達と、光秀の受難の日々は――こうして幕を開けた。

~第六天魔王女~ 織田信長ちゃん(CV:高梨澄香 原画:TOMA)

2年尾張組領主。
過激な発言と型破りな行動力で、光秀を振り回す暴君娘。
どんなにピンチを招き、その中心に立っていてもまったく動じない豪胆さと冷静さを併せ持っている。
危機をはね除けるバツグンの智謀と武勇、おまけに悪魔が憑いてるんじゃないかと疑いたくなるような天運の持ち主である。
「ま、また他国の娘と、打ち首にしてくれるわっ!」

~学園一の出世娘~ 木下藤吉郎ちゃん(CV:加藤恵 原画:TOMA)

2年尾張組。
「ござる」口調で話す元気っ子で、信長ちゃんに忠誠を誓っているムードメーカー。
宴の席ではつねに中心になるほどの明るい性格の持ち主だが、じつは智謀にたけているため、なかなかに掴み所のない性格をしている。豊臣秀吉という別の名を持つ。
「サルめにお任せ、でござるよ?」

~越後の風紀委員長~ 上杉謙信ちゃん(CV:山川琴美 原画:なつめえり)

2年越後組領主。
真面目で学園の風紀委員。
清廉潔白を信条としており、ひとりだけ白い学生服を着ている。
無法地帯と化した学園を嘆き、毘沙門天に祈りを捧げたところ、突如として神託を受け、魔法少女“毘沙門天使・謙信ちゃん”として覚醒してしまう。
「学園内で風紀を乱す行為は慎んでいただこう」

~毘沙門天使~ 謙信ちゃん
上杉謙信ちゃんが覚醒した姿。
本人の意思とは関係なく毘沙門天使に無理矢理変身させられたりするので涙目になることもしばしば。武勇において学園最強な魔法少女なので魔法ではなく武力解決が基本。
「ち、違う!この格好は別に趣味というわけでは!?」

~甲斐のトラ耳っ~ 武田信玄ちゃん(CV:幡宮かのこ 原画:浮月たく)

2年甲斐組の領主。
小柄な見た目に反して、信じられない怪力を誇る。
実は信長以上の問題児で“武田キバ軍団”というデコチャリ暴走族のヘッド。
光秀と幼なじみだが、ツッパッてることは絶対の秘密。
少なくとも、向こう3年は隠しきる覚悟である。
「みっくんは優しいから、変な女から守ってあげないとっ」

~西国の優等生~ 毛利輝元ちゃん(CV:力丸乃りこ 原画:もとみやみつき)

3年安芸組の領主。
他の個性的な女の子達と比べるてあまりにもふつうすぎるポンコツ領主。
ただふたりの妹にとってはよき“お姉ちゃん”であり、毛利三姉妹の結束力は学園最強を誇っている。
のんびりした平和な生活で、料理や家事が得意でお嫁さんにしたいランキング第1位!
「大丈夫です、私にはバッチリの秘策がありますからっ」

~ちいさな独眼竜~ 伊達政宗ちゃん(CV:壱智村小真 原画:くらすけ)

1年陸奥組の領主。
飛び級で進学してきた天才少女だが、ちゃんと空気も読める奥ゆかしい人。
かわいい物、珍しい物には目がない……のだが、天才ゆえかやや斜め方向へ走っている。
右目の眼帯にはなにか秘密があるらしい。
「乙女の野望は、ダテじゃありませんからっ」


【新規追加ヒロイン】

~目覚めぬ六文銭~ 真田幸村ちゃん(CV:斎藤千和 原画:浮月たく)

明智家から戰獄学園の途中の河川敷でテント生活をしている女の子、なにか理由があるらしい。
とある事件をきっかけに光秀と仲よくなる。
鉄パイプ一本で不良集団を叩きのめすほど戦闘力は高いが性格は控えめで回りに気を使えるタイプ。
ふだんは真田紐で編んだミサンガを売って生活しているがやっぱり売り上げはきびしいらしい。
「ふふふ、大丈夫です。私、体を動かす事は得意ですから」

~家康ちゃんには過ぎたモノ?~ 本多忠勝ちゃん(CV:山本希望原画:くらすけ)

1年生。
三河、遠江の領主である家康ちゃんの家臣。
真面目で前向きな優等生タイプで、武の面で家康ちゃんに頼りにされている。
しかし家康ちゃんへの忠誠心の高さから融通が利かなく信長ちゃんとに睨み合いになることも……
前世の縁からか、武田家の真田信幸とは親友関係。
幸村ちゃんとは同じ年だが、信幸ちゃんの親友のため姉の親友=お姉ちゃんで“忠勝お姉ちゃん”と呼ばれている。
「他家の君主の命令を聞かなければならぬ道理がありませぬ」

~隠れた名将~ 真田信幸ちゃん(CV:櫻井智 原画:竹玄)

幸村ちゃんの従姉妹で3年信濃組。
荒くれ者が集まる武田キバ軍団の中ではわりと常識人のため、歴史に続いて今世も色々と苦労を背負い込みやすい苦労人……のはずなのだが本人はわりと気にせず飄々としている。
3年生だがヤンキークラスの甲斐組が心配(不安)なのか何故か2年の甲斐組にいることが多い。
前世の縁で本多忠勝ちゃんとは敵勢力ながらも親友関係。真田幸村ちゃんからも“信幸お姉ちゃん”と慕われている。
無類のマージャン好きで親父ギャグも担当。
「だぁーっ! だから、それやばい、ってんのに! 馬鹿なのアンタは!」


桜花センゴク Portable
メーカー アルケミスト
対応機種 PSPPSP
発売日 2012年6月28日予定
価格 7140円[税込](限定版は8379円[税込])
ジャンル アドベンチャー / 恋愛
備考 限定版は音楽CD『桜花センゴク Portable ボーカルディスク(仮)』つき 原画:TOMA、浮月たく、なつめえり、もとみやみつき、くらすけ、いまだこずへ、竹玄ほか シナリオ:籐太、高嶋栄二、なたけ、企画屋(新規ヒロインルート)

(C)APRICOT/Alchemist
※画面は開発中のものです。