木村亜希子と藤田咲によるミニスキットも! 『テイルズ オブ イノセンス R』発売記念イベントリポート

2012年1月22日、東京・秋葉原のコトブキヤ 秋葉原館にて、『テイルズ オブ イノセンス R』発売記念イベントが行われた。

●新情報満載のトークショウも!

 2012年1月22日、東京・秋葉原のコトブキヤ 秋葉原館にて、バンダイナムコゲームスより2012年1月26日に発売されるプレイステーション Vita用ソフト『テイルズ オブ イノセンス R』発売記念イベントが行われた。

 イベントの司会は、本作の制作プロデューサーを務めるバンダイナムコゲームスの村北美夏氏と、プロデューサーの大舘隆司氏のふたり。大館氏はなんと、『塊魂』シリーズの王子のかぶりものをして登場! “王子”と呼ばれている馬場英雄氏(『テイルズ オブ エクシリア』などのプロデュースを担当)に対抗したとのことで、「ツイッターなどに王子乱入、と書いてくださいね(笑)」と語っていた。

▲村北氏(左)と大館氏(右)。

▲「王子というよりも王様ですよね(笑)」と苦笑する大館氏。

 しかし、王子のままではメガネがかけられないという欠点があったため、大館氏は早々にかぶりものを断念。改めてふつうの状態で登場し、本作のプロモーションビデオ紹介&新キャラクターの解説が行われた。

 2007年のニンテンドーDS版をベースに再構築され、大きく生まれ変わった『テイルズ オブ イノセンス R』。パーティメンバーとして登場する新キャラクターは、キュキュ・セレツネワとコンウェイ・タウのふたり。コンウェイは、姿だけならかなり序盤で登場し、キュキュは中盤での登場となるという。ふたりとも異世界から来たキャラクターで、彼らにまつわる話は、クリアー後に出現するダンジョン“トライバースゲート”で明らかになるのだとか。キュキュは技のみが使用可能で、敵を引き寄せるなどコンボをつなげやすい技を持つキャラクター。対するコンウェイは術のみが使用可能で、全属性の術を操るという。彼らの参戦により、バトルはよりバリエーション豊かなものになりそうだ。

 そしてここで、スペシャルゲストである、ルカ・ミルダ役の木村亜希子とキュキュ・セレツネワ役の藤田咲が登場! ふたりを交えてのトークタイムが設けられた。アフレコ当時の心境について、木村は「原点に戻っての収録ということで、緊張していたんです」とコメント。「オリジナル版のルカとは少し印象が違って、ずうずうしくなっていました(笑)。ニンテンドーDSのときより、人とコミュニケーションできているな、と」と、ルカの性格について語った。なお、大館氏によると、「イリアはかわいくなっている」とか。

 今回が『テイルズ オブ』シリーズ初参加となる藤田は、『テイルズ オブ エターニア』からのシリーズファンとのことで、キュキュ役が決まって本当にうれしかったのだという。キュキュは異世界から来たキャラクターのため、“トライバース語”という言語を使う場面が多々あるのだが、藤田はこのトライバース語を自力で解読し、スタッフを驚かせたとか。ちなみに、もうひとりの新キャラクター・コンウェイもトライバース語を使うシーンがあるが、コンウェイ役の野島健児は、この言葉をマスターするのに苦労していたらしい。

 ちなみにトライバース語のセリフは、2周目では日本語で表示されるという。まだ発売されていないのに2周目の話というのも気が早いが、キュキュとコンウェイがどんな意味のセリフを言っているのか、気になるところだ。

 お次は本作のテーマソング「New Day, New Life」についてのトーク。オリジナル版でテーマソング「Follow the Nightingale」を歌ったKOKIAが、本作のために新たに書き下ろした曲だ。また、この曲を収録したシングルCD「New Day, New Life」は、2012年1月25日発売予定。このCDのカップリング曲である「life~生命の響~」は、「New Day, New Life」を書いた後に、『テイルズ オブ イノセンス R』のイメージをもったまま書いた曲とのことで、ファンはこちらもチェックしよう。

 さらに、KOKIAは2012年1月25日にほかにも2枚のシングルをリリース予定。劇場用アニメーション「ドットハック セカイの向こうに」の主題歌「光をあつめて」と、テレビアニメ「機動戦士ガンダムAGE」挿入歌である「Memorial days」だ。さらに、「New Day, New Life」と「光をあつめて」を、対象店舗でいっしょに購入すると、オリジナルクリアファイル(表面は『テイルズ オブ イノセンス R』、裏面は「ドットハック セカイの向こうに」の柄)がもらえるキャンペーンも実施されるという。ちなみに、「ドットハック セカイの向こうに」には藤田も出演しているので、藤田ファンはお見逃しなく。

▲KOKIAからのビデオメッセージも放映された。

▲台本のどのあたりを読んでいるのかわからなくなった木村を、藤田が「迷子か? 迷子なったか?」とキュキュのキャラクターのままフォローする場面もあった。

 主題歌紹介の後は、お待ちかねのミニスキット(朗読劇)のコーナー。内容はルカとキュキュの自己紹介を兼ねたもので、ふたりの出会い(キュキュが大きなモンスターと戦っていたときにルカたちが登場)や、キュキュの抱きつきグセについて語られた。抱きつかれるのは恥ずかしいというルカに、キュキュは「リカルドもヘンな帽子(スパーダ)も嫌がる!」と不満そうな様子。

 また、ゲーム本編ではボイスなしで流れるというスキット“僕とキュキュ3”が演じられるというスペシャルな一幕も。「ルカはもっと偉そうかと思っていたが、思っていたよりおとなしかった」と言うキュキュ。ルカが「キュキュはずいぶん言葉が堪能になった」と褒めると、キュキュは「みんなが教えてくれる」と覚えた言葉を披露。「お祈り、メシ、銃……なんでやねん!」と、どのキャラクターが教えたのかすぐにわかる言葉を挙げ、ルカの表情を曇らせていた。

 スキットの後は、ふたたびトークショウへ。キュキュのルカ好きっぷりについての話になると、“宿屋スキット(宿屋に泊まると見られる)”でキュキュがルカのふとんにもぐりこむ場面があることが明らかに。なお、宿屋ではスパーダが女子部屋に何度も行こうとしたり、リカルドが修学旅行の引率の先生のようになったり、枕投げをしたりするようだ。

 また、予約特典として付いてくるコードを入力するとダウンロードできるプレイステーション Vita用がジェットアプリ「イノセンス R おみくじ時計」については、なんと“引き直しができる”という、おみくじらしからぬ仕様であることが判明。また、村北氏は「大凶の絵柄のひとつに、ヒンメルのふくれっつらがあるのですが、大当たりかと思うぐらいかわいいです」と語り、「お気に入りの絵はぜひスクリーンショットで保存してください」と述べた。

 続いては素敵なプレゼントが当たるお楽しみ抽選会。そのプレゼントとは……コトブキヤ 秋葉原館2階の“テイルズ オブ ショップ”で先行販売されている、“テイルズ オブ イノセンス R クッションカバー”のルカVer.とキュキュVer.。しかもサイン入りというレアなものだ。なお、このクッションカバー、パーティーキャラクター8人+ハスタのバージョンが作られているという。まさかのクッション化に、ハスタファンも驚愕!?

 さて、1時間があっという間にすぎ、いよいよイベントは締めくくりへ。最後に、木村は「あと何日か寝たら発売日ということで、とても楽しみです。先ほどゲーム画面を見たのですが、すごくキレイで、アニメみたいでした。というか、アニメになっちゃえばいいのに(笑)。要素が盛りだくさんで、何周も楽しめるとのことなので、ぜひプレイしてください。私もPS Vitaを買ってプレイします」、藤田は「念願かなってシリーズに参加でき、またキュキュという素敵なキャラクターに出会えて本当にうれしいです。皆さん、キュキュを1度はパーティーに入れてください。そして自分で操作するキャラクターにしてもらえたらうれしいです」とファンへとメッセージを送った。

■『テイルズ オブ』ファン必見の告知の数々!
 今回のイベントの最後で行われた、『テイルズ オブ』シリーズに関する告知の数々を紹介!

・2012年1月25日(水)21時~に行われる“バンダイナムコライブTV”は『テイルズ オブ イノセンス R』特集。木村と藤田がゲストとして登場!
http://www.bandainamcogames.co.jp/cs/event/bnltv/

・『テイルズ オブ イノセンス R』の体験版の配信が決定(配信日については言及せず)。プレイステーション Vitaのホーム画面に表示されるアイコンは、ゲーム本編がルカ、予約特典のアプリがイリア、そして体験版がスパーダ。「3人並べてほしい」と村北氏。

▲村北氏が持っているのが台本のレプリカ。

・『テイルズ オブ イノセンス R』の台本のレプリカが2012年3月に発売決定。来週からララビットマーケット(http://lalabitmarket.channel.or.jp/)にて予約開始。外装はコンウェイが持っている書物を模している。

・2012年3月に、コトブキヤ 秋葉原館2階“テイルズ オブ ショップ”内に“グミショップ”がオープン予定。量り売り形式とのこと。

・プレイステーション・ポータブル用ソフト『テイルズ オブ ザ ヒーローズ ツインブレイヴ』の体験版も配信決定。ルカ・スパーダが操作できる体験版で、シナリオは体験版用の書き下ろし。ボイスも入っているとのこと。

▲コトブキヤ 秋葉原館2階“テイルズ オブ ショップ”は今日も大盛況。

▲ショップ内には、期間限定で『テイルズ オブ イノセンス R』の秘奥義カットインやオープニングアニメのイラスト・線画が公開されている。展示されるイラストは少しずつ入れ替わるのだとか。

▲グッズはもちろん『テイルズ オブ イノセンス R』推し!