『エースコンバット 3D クロスランブル』ストーリーと登場人物の詳細をお届け

 1~2作目の世界設定をもとに、新たなキャラクターやエピソードを加えて再構成された『エースコンバット 3Dクロスランブル』。今回は、ストーリーと登場人物の詳細をお届け!

●伝説のパイロットとしての生き様を体感せよ

 1~2作目の世界設定をもとに、新たなキャラクターやエピソードを加えて再構成された『エースコンバット 3Dクロスランブル』。今回は、ストーリーと登場人物の詳細をお届け。併せて、機体のカスタマイズについても解説する。

●STORY

 深い傷跡を残した戦争が終わった。2大大国は長年の軍事的緊張から融和へと大きく転換し、世界には平和が訪れつつあったが、そのあいだに位置するユージア大陸は揺れ動いていた。成長する2大大国へ危機感を募らせるユージア大陸各国は、互いの関係の強化を目指す。その第一歩としてユージア同盟軍が結成され、2大大国への対抗姿勢を明確にしていった。しかし、南部の国家軍が、大国のひとつ"オーシア連邦"への加盟を画策。ユージア各国の同盟を無視して、オーシア連邦との軍事同盟である"スプリング海条約"の締結へ動き出す。南部の豊富な資源に依存する北部と西部の軍事国家群は、これに強く反対したが条約締結を止められなかった。そして、条約調印式の日を狙って、大陸各地で軍事クーデターが引き起こされた。同盟軍は大陸各地で鎮圧に向かうも敗北。クーデター軍は瞬く間に大陸全土を勢力下に置いていく。この状況に対し、同盟軍は志願兵による特殊戦術戦闘飛行隊“スカーフェイス隊”を結成。“戦オペレーション・ファイターズオナー士の名誉作戦”を発動し、クーデター軍鎮圧へ向けて、最後の攻勢を起こしていく。
 スカーフェイス隊1番機“フェニックス”。彼にこの戦争を終わらせることができるのか..。

●スカーフェイス隊出撃せよ!!

クーデター軍に対抗するために結成した“スカーフェイス隊”。その隊員は、いずれも腕に自信のある猛者ばかり。ユージア大陸の行く末は、彼らの戦果にかかっているのだ。

主人公
TACネーム:フェニックス
若くしてエースの名を欲しいままにした伝説のパイロット。一度は除隊していたが、クーデターに対抗するため、軍部から招集された。

TACネーム:キーノート
ウルリッヒ・オルセン
出身国の空軍で経験を積んだ作戦司令官。クーデターの発生により、スカーフェイス隊の指揮官として抜擢される。

TACネーム:スラッシュ
ジョン・ハーバード
ルーキーのころからオルセンのもとで経験を積んだ。凄腕だが、リーダー気質は薄く、2番機以下の立場を好む。

TACネーム:エッジ
永瀬ケイ
出身地のユージア極東部がクーデタの被害に遭っている。戦闘を終わらせたいと、スカーフェイス隊に志願した。

●カスタマイズで機体を強化

特定の敵を撃破すると、"チューニングパーツ"と呼ばれるものを入手できることがある。このチューニングパーツには、エンジン、ウイング、アーマー、コックピットの4系統があり、機体に装備させることでスピードや耐久力などの機体性能をアップできるのだ。機体を自分好みの性能にカスタマイズしよう!

※詳しくは週刊ファミ通2012年1月6日号(2011年12月22日発売)をチェック


エースコンバット 3D クロスランブル
メーカー バンダイナムコゲームス
対応機種 3DSニンテンドー3DS
発売日 2012年1月12日発売予定 
価格 5800円[税込]
ジャンル アクション / 戦争
備考 プロデューサー:小柳匡史、ディレクター:濱中雄大、サウンド:中西哲一、 ミュージック:椎名 豪、アートディレクター:和田太一

(C)2011 NAMCO BANDAI Games Inc. All trademarks and copyrights associated with the manufacturers, aircraft, models, trade names, brands and visual images depicted in this game are the property of their respective owners, and used with such permissions. (C)GeoEye (C)JAPAN SPACE IMAGING CORPORATION ※画面は開発中のものです。※ニンテンドー3DSの3D映像は、同本体でしか見ることができません。画面写真は2D表示のものです。