スピルバーグ監督初の3D映画を完全ゲーム化

 スピルバーグ監督が構想30年という期間を経て映画化したという『タンタンの冒険 ユニコーン号の秘密』が、ニンテンドー3DSでアクションゲームとなって登場する。『タンタンの冒険』とは、ベルギーのアーティスト、エルジェが1920年代末から新聞で連載を始めたコミック。世界中で翻訳されており、シリーズの売り上げは2億3000万部を超えている。

 プレイヤーは主人公のタンタンとなって、古城や難破船を冒険。行く手を塞ぐ敵をパンチで倒したり、謎を解いて扉を開けたりして先に進み、全29チャプターを楽しむことができる。飛行機を操縦する、タッチ操作で海賊船と闘うミニゲームなども用意されており、映画の魅力溢れるシーンを余すところなく体験できるのだ。

映画をもとにしたストーリーモード

 ストーリーモードは物語に沿って、さまざまな土地を冒険していくモード。全29チャプターで構成されており、古城や砂漠、海上など、世界中を冒険してユニコーン号に隠された謎を解いていくことにある。ストーリーの進行によっては、タンタンがもっとも信頼する白いフォックステリア犬、スノーウィや、タンタンのよき理解者であるハドック船長も活躍。スノーウィはタンタンでは入れない細い通路を探索できたり、行方不明になったタンタンを匂いで追跡することができる。また、ハドック船長と協力して先に進むような場面も……!

▲ハドック船長の手に飛び乗り、大ジャンプをして上の足場に移動することができる。

ゲームならではの楽しみも!

 ストーリーモードの途中には、ミニゲームやパズル、世界中に隠されたお宝探しといった、映画では体験できないゲームならではの楽しみかたも満載となっている。

▲飛行機を操縦して、嵐の中を飛ぶことも可能。
▲タッチペンを使って海賊たちと闘う。
▲箱を押したり引いたり、さまざまな謎解きも。

3Dコミックモードでストーリーを楽しむ

 ストーリーモード中には、ストーリーをコミックのようにして読める“3Dコミックモード”が挿入されることがある。1コマずつ読み進めることができ、原作の雰囲気を味わえるのだ。

■チャプター1:ノミの市
タンタンの住む町で開かれていたノミの市(フリーマーケット)。ここでユニコーン号の模型を買うことから物語が始まる。
■チャプター2:ムーランサール城
ユニコーン号の模型を奪った者たちが逃げ込んだ先はムーランサール城。敵を倒し、仕掛けを解いて、先に進んでいく。
■チャプター3:カラブジャン
何者かに気絶させられたタンタンは、“カラブジャン”と呼ばれる船に運ばれる。船の探索を進めるうちに、ハドック船長と出会うのだ。
■チャプター4:バグハル
カラブジャンから脱出したタンタンたちは、バグハルという砂漠の都市へ。ここでは鳥の力を借りて飛ぶ場面がある。
■チャプター5:ブルターニュ城
タンタンたちは、ユニコーン号の模型を追ってフランスのブルターニュ城へ向かう。城には数々の敵と仕掛けが待ち構えているのだ。
■チャプター6:ムーランサール城へ
謎を解いた一同は、再びムーランサール城へ。タンタンたちを苦しめてきた敵との、最後の戦いが待っている。

“タンタンとハドック”でタイムトライアル

 “タンタンとハドック”は、タイムトライアルに挑むことができるモード。さまざまなマップで、より早いクリアタイムを目指す。ゲーム中は、複数のキャラクターを使用できるので、機動力にすぐれるタンタン、腕っ節の強いハドック船長、狭いところも移動できるスノーウィなどを、状況に合わせて切り替えながら進もう。なお、このモードには、ストーリーモードには登場しなかったアクションやアイテムも多数登場する。たとえば、タンタンはパチンコで敵を引き寄せることができ、ハドック船長は一部の壁を壊すことができる。敵を倒したり、壺を壊したりすると出現するコインを取ることで、タイムを縮めることが可能だ。

▲ニンテンドー3DS本体と本ソフトが2本ずつあると、ローカルプレイを使って協力して進んだり、クリアタイムを競ったりすることができる。

タンタンとなって大冒険をくり広げよう


タンタンの冒険 ユニコーン号の秘密
メーカー ユービーアイソフト
対応機種 3DSニンテンドー3DS
発売日 2012年1月12日発売予定
価格 5040円[税込]
ジャンル アクション・アドベンチャー / 冒険
備考 ローカルプレイ対応