Kinectを使用しての用途がさらに広がる

 米国マイクロソフトは、Xbox 360の新ゲームシステムKinectを、2012年初頭よりWindowsでの用途に限り商用ベースで利用可能となることを2011年10月31日(現地時間)に明らかにした。

 全世界で1000万台以上の販売を記録し、最先端のテクノロジーが注目を集めているKinect。今年の6月には、Windows向けKinect開発キット“Kinect for Windows SDK”のベータ版が公開され、非営利での利用が可能になったばかり。2012年初頭よりWindowsでの商用プログラムが利用可能になるとのことで、今後、Kinectを使っての用途の幅が広がりそうだ。リリースは米国本社から発信されたもので、日本国内における対応などは未定。ただ、日本でも同じ対応が取られる可能性が高く、国内におけるKinectの普及の弾みとなりそうだ。