ニンテンドー3DSが追加コンテンツに対応

任天堂は2011年10月28日、都内で開催したアナリスト向け説明会で、“ニンテンドーeショップ”における追加コンテンツへの対応を発表した。

●ニンテンドーeショップのアップデートで機能を実装

 任天堂は2011年10月28日、都内で開催したアナリスト向け説明会で、“ニンテンドーeショップ”における追加コンテンツへの対応を発表した。これは2011年11月末に実施されるニンテンドーeショップのアップデートに伴って実装される機能で、対応したソフトは2012年より投入される予定だ。なお、本件に関して一部で“アイテム課金型”と報じられているが、任天堂の広報部に問い合わせたところ、課金でゲームが進行する形式とは異なる、との回答を得た。ただし、追加コンテンツを有料でダウンロード販売する可能性はあるとのことだ。

 そのほかにも、説明会ではニンテンドーeショップの新機能が複数発表された。起動回数を制限する試遊版の提供が可能となり、“おすすめ投稿”は、実際に1時間以上プレイした人だけが1票投稿できるシステムとなり、レビューの信頼性がさらに増す。また、複数のソフトをまとめてダウンロードしたりする場合や、大容量のソフトをダウンロードする場合の待ち時間を改善するため、ソフトのダウンロードはスリープ中に行えるようになるとのことだ。

 今回の更新の以降のステップとして、ニンテンドーeショップをWeb化して、PCやスマートフォンからアクセスできるようにするという取り組みも発表に。当初は、PCやスマートフォンから直接ソフトを購入することはできないが、将来的にはPCやスマートフォンからもソフトを購入できる仕組みを検討中だという。