セガのプレイステーション・ポータブル用ソフト『初音ミク -プロジェクト ディーヴァ- エクステンド』(2011年11月10日発売)に収録されている、新規収録曲と新モジュール(コスチューム)を紹介。

●もっと、いっしょに遊ぼうよ――

 セガのプレイステーション・ポータブル用ソフト『初音ミク -プロジェクト ディーヴァ- エクステンド』(2011年11月10日発売)に収録されている、新規収録曲と新モジュール(コスチューム)を紹介。

新規収録曲「ねこみみスイッチ」 アーティスト:daniwell
すべてがねこになった世界で、不思議かわいいミクの歌とダンスが繰り広げられる。とにかくかわいい!

02
03
04
05
06

新規収録曲「積乱雲グラフィティ」 アーティスト:ryo
本作のオープニング曲でもある「積乱雲グラフィティ」。リズムゲームのPVは、オープニングとは異なる世界観・映像で構成されている。

07
08
09
10
11
12

新モジュール“シャイニー” デザイン:宇木敦哉
「積乱雲グラフィティ」のイメージでデザインされた、夏の太陽の下で映えそうな、爽やかなコスチューム。デザインしたのは、アニメ監督としても知られる宇木敦哉氏。いつもとは違うミクの髪型にドキドキ!

新規収録曲「裏表ラバーズ」 アーティスト:wowaka
シリーズ第1作の追加楽曲集「ミクうた、おかわり」に収録されていたwowaka氏の代表曲。映像はモーショングラフィックスを駆使した完全新作!

13
14
15
16
17
18

新モジュール“コンフリクト” デザイン:redjuice
「裏表ラバーズ」のビジュアルイメージをモチーフにしたコスチュームは、redjuice氏がデザインを担当。“コンフリクト”とは、“衝突”や“葛藤”を意味する言葉で、相反し、せめぎ合う“裏”と“表”をイメージしている。

新規収録曲「リンリンシグナル -Append Mix-」 アーティスト:Dios/シグナルP
Dios/シグナルP氏の鏡音リン・レンデュエット曲は、本作だけの“アペンド ミックス”で収録。新しくなったふたりのボーカルを彩るのは、にぎやかで楽しいダンス・ステージ!

19
20
21
22
23

新モジュール“鏡音リン アペンド”、“鏡音レン アペンド” デザイン:オサム
音声合成ソフト「鏡音リン・レン・アペンド」のパッケージイラストがモジュールに。ちょっとサイバーでオトナっぽいふたりの姿を堪能しよう。

24
25

新規収録曲「千年の独奏歌 (DIVA edit)」 アーティスト:yanagi
KAITOの歌声がたからかに響く名曲。悠久の刻の流れをテーマにした映像にも注目!

26
27
28
29
30
31

新モジュール“スミレ” デザイン:憂
「千年の独奏歌」をイメージして作成されたKAITO用のモジュール。ゲーム映像のなかでつまびく楽器も合わせてデザインされている。荒野に咲く花にも似た、KAITOの新たな魅力は引き出される!

新規収録曲「忘却心中」 アーティスト:OPA/Asaki No'9
MEIKOが、激しく、切なく歌い上げる「忘却心中」のリズムゲームがついに登場! 映画のような回想シーンと歌唱シーンを重ねながら、歌の世界が綴られていく。

32
33
34
35
36
37

新モジュール“ローレライ” デザイン:あんこ
優雅なひれが印象的な、マーメイドドレスの新モジュール。「忘却心中」の激しいダンスにも、情感あふれるシーンにもぴったりな、まさにMEIKOのためのドレス。美しい歌声で船を沈めるという人魚伝説にちなんで名付けられた。

新規収録曲「SPiCa -39's Giving Day Edition-」 アーティスト:とく
人気曲「SPiCa」が2010年3月9日に行われたライブイベント“ミクの日感謝祭”で演奏されたバージョンで登場。ライブの感動が蘇る!

38
39
40
41
42
43

新モジュール“オービット” デザイン:refeia
「SPiCa -39's Giving Day Edition-」に合わせてデザインされたコスチューム。refeia氏は原曲「SPiCa」のCDジャケットやPVを担当しているイラストレーター。今回のデザインも「SPiCa」原曲PVのイラストをモチーフにしている。

●難易度は4段階!

 本作には、前作と同様に、4段階の難易度が用意されている。最初は無理せず自分に合った難易度で始め、曲やゲームに慣れるにしたがってステップアップしていく楽しみかたがおすすめだ。

EASY:使用するボタンは○のみ。長押しは少しだけあるが、同時押しはない。ターゲット数が抑えられているので、ゲームや曲に慣れるまでは、このモードでじっくり練習しよう。

NORMAL:使用するボタンは○と×の2種類。長押しはもちろん、この難易度からは同時押しも登場するため、方向キーも使用する。ターゲット数も増えるが、曲を知っていれば歌に合わせてプレイする感覚を味わうことができる。

HARD:使用するボタンは○×□△すべて。長押し、同時押しも増えて、一気に手強くなる。NORMALでは物足りない方向けのモード。NORMALに慣れたらぜひ挑戦してみよう。

EXTREME:使用ボタン数はHARDと変わらないが、配置がより複雑に。ターゲット数も曲によっては大幅に増えて、難易度は極限までUPする。簡単には完走さえ許さない、激辛好みの方向けのモード。

(C) Crypton Future Media, Inc.
(C) SEGA
VOCALOIDはヤマハ株式会社の登録商標です。
※画面は開発中のものです。