『ファイナルファンタジーXIII-2』のテーマソングが決定

スクウェア・エニックスは、12月15日に発売が決定したプレイステーション3、およびXbox 360用ソフト『ファイナルファンタジーXIII-2』のテーマソングに、ワーナーミュージック・ジャパン所属のシャリースとエイベックス・エンタテインメント所属のふくい舞(ふくい まい)の参加を発表した。

●日本およびアジアのプレイステーション3版はふくい舞

 スクウェア・エニックスは、12月15日に発売が決定したプレイステーション3、およびXbox 360用ソフト『ファイナルファンタジーXIII-2』のテーマソングに、ワーナーミュージック・ジャパン所属のシャリースとエイベックス・エンタテインメント所属のふくい舞(ふくい まい)の参加を発表した。

以下、リリースより抜粋。

 シャリースによる「New World」をワールドワイド版(※)のテーマソングとして、ふくい舞による「約束の場所」は日本およびアジア地域のプレイステーション3版でテーマソングとして起用される。
※ワールドワイド版は、北米と欧州で発売する「FINAL FANTASY XIII-2」および、日本とアジア地域で発売するXbox 360版の「FINAL FANTASY XIII-2」です。

ワールドワイド版
テーマソング「New World」 シャリース
作詞:jam
作曲:多保孝一
編曲:本間昭光

プレイステーション 3版 (日本・アジア地域のみ)
テーマソング「約束の場所」 ふくい舞
作詞:jam
作曲:多保孝一
編曲:塚陽平

 本作のテーマソングは、「ファイナルファンタジー」シリーズ初の2大アーティストによるコラボレーションにより実現したものです。
 一つの楽曲を国内版、海外版のどちらかがカバーする従来の形態とは異なり、本テーマソングでは、「ファイナルファンタジーXIII-2」の世界観に合わせて作られた一つの楽曲を元に2人のアーティストがイメージを共有の上、それぞれが持つ独自のアーティスト性を織り込んだ異なる歌詞、異なるアレンジ手法を用い、両者の圧倒的な歌唱力をもって表現することで、素晴らしいダブルテーマソングが完成いたしました。

 今回のコラボレーションへの試み、楽曲について、「FINAL FANTASY XIII-2」プロデューサーの北瀬 佳範は下記の様にコメントしています。

日本、欧米、アジアをはじめ世界の人々の心へ届くテーマソングを、という思いを抱き、エイベックス・エンタテインメントさんとワーナーミュージック・ジャパンさんのご協力をいただき今回のダブルテーマソングが実現しました。
ふくい舞さんには本作が描くテーマの一部、復興と再生を、現在私たちが直面している現実と照らし合わせながら、情感をこめて歌っていただきました。
シャリースさんには世界の人々の心に刺さるように美しくも力強い歌声で歌っていただきました。
表現アプローチの違う両アーティストのコラボレーションによって生み出された重層的な感動は、「ファイナルファンタジーXIII-2」をプレイした方々へ必ず届くと思います。ぜひ、ご期待ください。

名称未設定 1

写真左:ふくい舞、写真右:シャリース