セガは、2011年12月より、全国のコンビニエンスストアを中心に“セガ ラッキーくじ”を展開することを発表した。

●ハズレなしの“ラッキーくじ”でオリジナルグッズをゲット!

「らき☆すた」イメージ

 セガは、2011年12月より、全国のコンビニエンスストアを中心に“セガ ラッキーくじ”を展開することを発表した。1回500円の“くじ”を引くと、引いた“くじ”の結果に応じてオリジナル商品がもらえる仕組みで、第1弾は『らき☆すた』を題材としたものとなる。以下、リリースより詳細を抜粋する。


 株式会社セガ(本社:東京都大田区、代表取締役社長COO:臼井興、以下セガ)は、2011 年12月より、全国のコンビニエンスストアを中心に「セガ ラッキーくじ」を展開いたします。
 「セガ ラッキーくじ」は、全国のコンビニエンスストアなどの店頭で購入することができる、ハズレなしの“くじ”です。引いた“くじ”の結果に応じて、人気キャラクターのオリジナル賞品と引き換えることができます。
 第1弾は「らき☆すた」を予定しており、2011年12月下旬より、埼玉県を中心としたエリアで、フィギュアをはじめとするオリジナルアイテムを1 回500 円で展開いたします。
 「らき☆すた」は、角川グループパブリッシング発行のゲーム雑誌「コンプティーク」などで掲載されている、美水かがみ氏原作の作品です。アニメの舞台となった埼玉県久喜市(旧・鷲宮町)の鷲宮神社には、アニメ放送終了後にも毎年ファンが数多く訪れ、町おこしのきっかけになるなど社会現象を巻き起こしており、2011年の三が日の初詣には過去最高の47万人の参拝客を記録しています。
 セガでは、全国のアミューズメント施設向けの景品として2009年よりフィギュアを中心にアイテムを展開し、現在では人気キャラクター商品としてシリーズ化しております。
“くじ”ビジネスは2003 年より堅調に市場を拡大し、2010年には150億円の市場規模が推定(出荷ベース)されています。セガは、アミューズメント施設向け景品ビジネスの企画・開発・生産のノウハウを活かし、アミューズメント施設以外での商品展開で販路の拡大を目指し、今後も成長が見込まれる“くじ”ビジネスに参入いたします。今後も幅広い年齢層をターゲットとした有力コンテンツを商品化してまいります。
 来年夏までに6タイトル以上を順次展開予定です。

【『セガ ラッキーくじ』概要】
●名称 :セガ ラッキーくじ
●販売開始日 :2011年12月(予定)
●販売先 :全国のコンビニエンスストアを中心とした各種流通

記載されている会社名、製品名は、各社の登録商標または商標です。

(C)美水かがみ/らっきー☆ぱらだいす