熟練度という成長システムを採用

 いまから33年前の1988年(昭和63年)12月17日は、ファミリーコンピュータ用ソフト『ファイナルファンタジーII』が発売された日。

『FF2』が発売された日。河津秋敏氏による前衛的なシステムが特徴。全滅からはじまる衝撃なオープニングも忘れられない【今日は何の日?】

 1作目の発売から1年後となる1988年に発売された『II』。いまでこそ違和感はありませんが、「ファイナルなのに『II』なの?」とナンバリングだったことに驚いた人も多いのでは?

 「ファイナルファンタジーのファイナルは究極っていう意味だから」と反論する人もいれば、「でも、もともとは最後っていう意味で付けられた」とさらに反論する濃いファンもいました。なお、タイトルにの由来については、“国際日本ゲーム研究カンファレンス”で詳しく明かされています。Fから始まる単語であれば何でもよかったんですね(苦笑)。

 『II』に関しては前衛的なシステムが特徴。経験値やレベルではなく、熟練度という成長システムが採用されていました。物理攻撃をすれば力が上がり、ダメージを受ければ最大HPが上がるというように、戦闘の行動によって直接ステータスが上昇するものでした。ただ、力が上がると知性が下がるなど、相反する能力は両立できないので、よく考える必要がありました。なお、移植版ではステータスが減少しないので、遊びやすくなっています。オリジナル版をプレイした人とゲームボーイアドバンス版以降で本作をプレイした人では本作の難易度などのイメージは異なるかも?

 なお、本作のゲームデザイン部分は、のちに『サガ』シリーズのプロデューサーとなる河津秋敏氏が手掛けています。そのため、とがったシステムになった理由もわかりますね。

『FF2』が発売された日。河津秋敏氏による前衛的なシステムが特徴。全滅からはじまる衝撃なオープニングも忘れられない【今日は何の日?】
『FF2』が発売された日。河津秋敏氏による前衛的なシステムが特徴。全滅からはじまる衝撃なオープニングも忘れられない【今日は何の日?】

 また、バトル以外だと特定のキーワードを記憶・使用することで物語を進行させるワードメモリーシステムも採用されました。最初に覚えるのが反乱軍の合言葉である“のばら”なので、『ファイナルファンタジーII』と言えば“のばら”を真っ先に思い浮かべる人も多いのではないでしょうか?

『FF2』が発売された日。河津秋敏氏による前衛的なシステムが特徴。全滅からはじまる衝撃なオープニングも忘れられない【今日は何の日?】
『FF2』が発売された日。河津秋敏氏による前衛的なシステムが特徴。全滅からはじまる衝撃なオープニングも忘れられない【今日は何の日?】

 ストーリーはパラメキア帝国の侵略で故郷を失ったフリオニールが反乱軍に参加し、皇帝に戦いを挑むというもの。冒頭でいきなり敵にやられて全滅するという演出が斬新でしたし、物語が進むにつれて、つぎつぎに犠牲になる仲間たちにも心を痛めました。

『FF2』が発売された日。河津秋敏氏による前衛的なシステムが特徴。全滅からはじまる衝撃なオープニングも忘れられない【今日は何の日?】
『FF2』が発売された日。河津秋敏氏による前衛的なシステムが特徴。全滅からはじまる衝撃なオープニングも忘れられない【今日は何の日?】
『FF2』が発売された日。河津秋敏氏による前衛的なシステムが特徴。全滅からはじまる衝撃なオープニングも忘れられない【今日は何の日?】

 ただ、個人的にいちばん印象に残っているのは仲間の死よりもフリオニールが偽者のヒルダ女王に誘惑されるシーン。「はやくきて じらさないで…」「……ゴクッ……」というやり取りは、白鳥の湖でおなじみの“情景”が原曲のBGM“王女の誘惑”や、全体がピンク色になる画面の演出などによって、ちょっとギャグっぽく笑えるものになっています。『ファイナルファンタジーII』の極めて印象的なシーンです。

『FF2』が発売された日。河津秋敏氏による前衛的なシステムが特徴。全滅からはじまる衝撃なオープニングも忘れられない【今日は何の日?】

 ちなみに、シリーズ初期の作品を蘇らせる“ピクセルリマスター ファイナルファンタジー”シリーズの1本として、ピクセルリマスター『ファイナルファンタジーII』がiOS、Android、Steamにて7月29日に配信されている。気になる方はプレイしてみてはいかが?

 また、週刊ファミ通2021年12月30日号(2021年12月16日発売)では、『ファイナルファンタジー ピクセルリマスター』を28ページにわたって特集しているのでこちらもお見逃しなく。

ピクセルリマスター『ファイナルファンタジーII』Steamサイト
App Storeでダウンロード
Google Playでダウンロード
週刊ファミ通2021年12月30日号(2021年12月16日発売)の購入はこちら (Amazon.co.jp)
これまでの今日は何の日?

※本記事は、2020年12月17日にアップした記事を再編集したものです。