ドン・キホーテがゲーミング家具業界に参入する。取り扱い商品を作るのは家具卸売業界で売り上げ日本一の関家具。

 総合ディスカウントショップのドンキが、関家具のゲーミングギアブランド『Contieaks-コンティークス-』(以下、コンティークス)とタッグを組んでしまった。

 これはかなりの大ごとなのでは。協業内容を教えてもらうため、ミス・ユースケは関家具の東京ショールームにやってきた。

※取材は感染対策を徹底したうえで行い、撮影時だけマスクを外しています。

ン・キホーテと関家具のゲーミングチェアは2万円。安価と高性能の源泉は、ドンキのルーツ“泥棒市場”から続く理念。そして家具屋としての怒り
この記事はドン・キホーテと関家具のゲーミングギアブランド『Contieaks-コンティークス-』の提供でお送りします。

イチからどころか、ゼロから作る

ン・キホーテと関家具のゲーミングチェアは2万円。安価と高性能の源泉は、ドンキのルーツ“泥棒市場”から続く理念。そして家具屋としての怒り

ドン・キホーテさんがゲーム業界に参入すると聞いて、こういうことかなーと思ったんです。ちょっと見てほしいんですけど。

ン・キホーテと関家具のゲーミングチェアは2万円。安価と高性能の源泉は、ドンキのルーツ“泥棒市場”から続く理念。そして家具屋としての怒り
ドン・キホーテ インテリアチームの野田和俊さん(中)と関家具でeスポーツプロジェクトを担当する山本信彦さん(右)。
ン・キホーテと関家具のゲーミングチェアは2万円。安価と高性能の源泉は、ドンキのルーツ“泥棒市場”から続く理念。そして家具屋としての怒り
ン・キホーテと関家具のゲーミングチェアは2万円。安価と高性能の源泉は、ドンキのルーツ“泥棒市場”から続く理念。そして家具屋としての怒り

ゲーミングドンペンくんです。

ン・キホーテと関家具のゲーミングチェアは2万円。安価と高性能の源泉は、ドンキのルーツ“泥棒市場”から続く理念。そして家具屋としての怒り

そんなことしないで。

ン・キホーテと関家具のゲーミングチェアは2万円。安価と高性能の源泉は、ドンキのルーツ“泥棒市場”から続く理念。そして家具屋としての怒り

両端の丸いやつから倒さないとダメージが通らないボスキャラみたいですね。

 “ゲーミング○○”と聞いてLEDぎらぎらのビジュアルを思い浮かべる人は多い。ドンペンくんがLEDをまとったらかわいいと思うのだが、いまのところ光るグッズは出ないらしい。

 ドン・キホーテと関家具によるゲーミング家具ブランドの名前は『produced by Contieaks』。ゲーミングチェアから展開するということで、ひとまず見せてもらった。

ン・キホーテと関家具のゲーミングチェアは2万円。安価と高性能の源泉は、ドンキのルーツ“泥棒市場”から続く理念。そして家具屋としての怒り
ン・キホーテと関家具のゲーミングチェアは2万円。安価と高性能の源泉は、ドンキのルーツ“泥棒市場”から続く理念。そして家具屋としての怒り
いきなり記念撮影から入る。
ン・キホーテと関家具のゲーミングチェアは2万円。安価と高性能の源泉は、ドンキのルーツ“泥棒市場”から続く理念。そして家具屋としての怒り
コストを抑えるためにカットされがちなオットマン(足置き)もついている。

 ゲーミングチェアは一般的なオフィスチェアより機能面が充実しており、オットマンなしモデルの相場はだいたい30000~40000円ほど。はっきり言って安いものではないが、ドン・キホーテなら驚かせてくれるはず。

 だって、キャッチコピーが”驚安の殿堂”だから。驚くほど安いと書いて驚安(きょうやす)。激安に代わる新しい言葉を作るほどの自信に満ちている。

ン・キホーテと関家具のゲーミングチェアは2万円。安価と高性能の源泉は、ドンキのルーツ“泥棒市場”から続く理念。そして家具屋としての怒り

オットマン付きで27000~28000円とか?

ン・キホーテと関家具のゲーミングチェアは2万円。安価と高性能の源泉は、ドンキのルーツ“泥棒市場”から続く理念。そして家具屋としての怒り

19900円[税別]です。

 「は?」と声が出た。

 30000円ほどの製品をもとに、別の機構も加えたチェアが税込で20000円ちょっと。時空がねじ曲がっていないか。

ン・キホーテと関家具のゲーミングチェアは2万円。安価と高性能の源泉は、ドンキのルーツ“泥棒市場”から続く理念。そして家具屋としての怒り

価格は最初から決めていたんですよ。20000円を切るのは絶対。その価格でハイスペックなモデルを販売できないかというのがスタートでした。

ン・キホーテと関家具のゲーミングチェアは2万円。安価と高性能の源泉は、ドンキのルーツ“泥棒市場”から続く理念。そして家具屋としての怒り
初期の設計資料を見せてもらった。20000円という価格を考えると、十分な性能に思えるのだが。
ン・キホーテと関家具のゲーミングチェアは2万円。安価と高性能の源泉は、ドンキのルーツ“泥棒市場”から続く理念。そして家具屋としての怒り

価格に合わせて設計するじゃないですか。それなりにいい感じにまとまったんですけど、野田さんは「これではダメです」とバッサリ。おもな要望としては、

  • 合皮じゃなくてジャージファブリック(布地)を使ってほしい。
  • 背もたれをリクライニングしたら固定できるようにしてほしい。
  • 座面にはいいグレードのウレタンを使ってほしい。
  • オットマン(足置き)をつけてほしい。
ン・キホーテと関家具のゲーミングチェアは2万円。安価と高性能の源泉は、ドンキのルーツ“泥棒市場”から続く理念。そして家具屋としての怒り

じつは合皮よりもジャージ生地のほうが原価が高いんですよ。価格が上がる要素しかない。

ン・キホーテと関家具のゲーミングチェアは2万円。安価と高性能の源泉は、ドンキのルーツ“泥棒市場”から続く理念。そして家具屋としての怒り

ここに“20000円を切る”も加わるんですよね。鬼じゃん。

ン・キホーテと関家具のゲーミングチェアは2万円。安価と高性能の源泉は、ドンキのルーツ“泥棒市場”から続く理念。そして家具屋としての怒り
「我ながらめちゃくちゃ言ってますね」と、野田さん。自覚あるのか。
ン・キホーテと関家具のゲーミングチェアは2万円。安価と高性能の源泉は、ドンキのルーツ“泥棒市場”から続く理念。そして家具屋としての怒り

でも、2社でがんばったら作れちゃったんです。

ン・キホーテと関家具のゲーミングチェアは2万円。安価と高性能の源泉は、ドンキのルーツ“泥棒市場”から続く理念。そして家具屋としての怒り

急展開すぎる。アニメのクライマックスだってもっと段階踏みますよ。

 ありものを結集するだけでは野田さんの求めるチェアは作れない。フレーム構造や素材といったこれまでの概念をいったん横に置いて、イチから作る必要がある。

 関家具はどんな裏技を使ったのだろうか。

ン・キホーテと関家具のゲーミングチェアは2万円。安価と高性能の源泉は、ドンキのルーツ“泥棒市場”から続く理念。そして家具屋としての怒り

新たに工場を探してきました。

ン・キホーテと関家具のゲーミングチェアは2万円。安価と高性能の源泉は、ドンキのルーツ“泥棒市場”から続く理念。そして家具屋としての怒り

イチどころかゼロからだった。

ン・キホーテと関家具のゲーミングチェアは2万円。安価と高性能の源泉は、ドンキのルーツ“泥棒市場”から続く理念。そして家具屋としての怒り

中国の工場にもがんばってもらいました。「ここを削ると安くなりますよね」って理詰めで説明して。

ン・キホーテと関家具のゲーミングチェアは2万円。安価と高性能の源泉は、ドンキのルーツ“泥棒市場”から続く理念。そして家具屋としての怒り

工場の人、きっと「アイヤー」って言ったでしょうね。

 これ以上ないほどの正攻法である。そんな力技ありかよ。

 “製造ラインを整理して効率化を図る”とかそういうレベルですらない。工夫を重ねて、最終的には“25000円~30000円で売っても遜色のないレベル(山本さん談)”のチェアを作り上げてしまった。

ン・キホーテと関家具のゲーミングチェアは2万円。安価と高性能の源泉は、ドンキのルーツ“泥棒市場”から続く理念。そして家具屋としての怒り
ン・キホーテと関家具のゲーミングチェアは2万円。安価と高性能の源泉は、ドンキのルーツ“泥棒市場”から続く理念。そして家具屋としての怒り
シートは135度までリクライング可能。耐荷重150kgの高さ調整ガスシリンダーと床を傷つけにくいPUキャスターを採用している

 ドン・キホーテの野田さんとしては“単なるお安いグレードの製品”というイメージにはしたくなかったそうだ。取引相手が実績豊富な関家具だからスパルタなやりかたが成立したと言える。

 ところで、シンプルな疑問がひとつ。内部構造や素材を変えるとはいえ、それで1万円以上も安くできるものなのだろうか。製品としてのランクがそうとう下がるような気がするのだが。

ン・キホーテと関家具のゲーミングチェアは2万円。安価と高性能の源泉は、ドンキのルーツ“泥棒市場”から続く理念。そして家具屋としての怒り

もともとコンティークス』通常モデルは値段に対してオーバースペックなんですよ。フレームもアームレスト(肘置き)も強固なものを採用していますし、座面のモールドウレタンもお高めです。

ン・キホーテと関家具のゲーミングチェアは2万円。安価と高性能の源泉は、ドンキのルーツ“泥棒市場”から続く理念。そして家具屋としての怒り

『produced by Contieaks』を2万円内に収めるとなったとき、どこかで妥協する覚悟はあったんです。「どうしようかなー」と悩みながら適正グレードの素材を使って修正していったら、すごくいいものができてウケました。

ン・キホーテと関家具のゲーミングチェアは2万円。安価と高性能の源泉は、ドンキのルーツ“泥棒市場”から続く理念。そして家具屋としての怒り

ウケるな。

ン・キホーテと関家具のゲーミングチェアは2万円。安価と高性能の源泉は、ドンキのルーツ“泥棒市場”から続く理念。そして家具屋としての怒り
山本さんのこだわりは3Dアームレスト。安価なチェアは高さだけ調整できる2Dアームレストが採用されることが多いが、これは前後の位置も調整可能。

 ただ、それでも価格交渉はぎりぎりまで難航したらしい。お互いに信頼し合っているとはいえ、双方ともに最大限の利益を目指す必要がある。それがビジネスというものだ。

ン・キホーテと関家具のゲーミングチェアは2万円。安価と高性能の源泉は、ドンキのルーツ“泥棒市場”から続く理念。そして家具屋としての怒り

こちらとしても関家具さんの熱意に胸を打たれまして。

ン・キホーテと関家具のゲーミングチェアは2万円。安価と高性能の源泉は、ドンキのルーツ“泥棒市場”から続く理念。そして家具屋としての怒り

 
「……420円の値上げを決断いたしました」 
 
 

ン・キホーテと関家具のゲーミングチェアは2万円。安価と高性能の源泉は、ドンキのルーツ“泥棒市場”から続く理念。そして家具屋としての怒り

ドン・キホーテさんが価格に厳しいのはよくわかりました。

ン・キホーテと関家具のゲーミングチェアは2万円。安価と高性能の源泉は、ドンキのルーツ“泥棒市場”から続く理念。そして家具屋としての怒り
相談を重ねて誕生した『produced by Contieaks』のゲーミングチェア。当初は全面が赤色だったのだが、派手過ぎると敬遠する人もいるので縁取り風デザインを採用。グレーとグリーンも用意されている。
ン・キホーテと関家具のゲーミングチェアは2万円。安価と高性能の源泉は、ドンキのルーツ“泥棒市場”から続く理念。そして家具屋としての怒り
背面下部には『produced by Contieaks』のロゴが。ニュートラルなチェアとして使いたい人のために、アピールは控えめになっている。

 スペック的に通常の『コンティークス』にかなわない部分はもちろんある。とはいえ、ふつうに座る分には気にならないレベルだ。自宅で別のゲーミングチェアを使っている僕が座っても違和感はない。

 僕は“ゲーミングチェアに詳しいから”という理由でこの記事を請け負ってるというのに、それでいいのだろうか。不安になってきたので、いったん休憩させてもらう。

ン・キホーテと関家具のゲーミングチェアは2万円。安価と高性能の源泉は、ドンキのルーツ“泥棒市場”から続く理念。そして家具屋としての怒り

インタビュー最中に横になる人っているんですね。

ン・キホーテと関家具のゲーミングチェアは2万円。安価と高性能の源泉は、ドンキのルーツ“泥棒市場”から続く理念。そして家具屋としての怒り
ン・キホーテと関家具のゲーミングチェアは2万円。安価と高性能の源泉は、ドンキのルーツ“泥棒市場”から続く理念。そして家具屋としての怒り

オットマン(足置き)があると体を伸ばせて楽ー。

ン・キホーテと関家具のゲーミングチェアは2万円。安価と高性能の源泉は、ドンキのルーツ“泥棒市場”から続く理念。そして家具屋としての怒り

ガチなゲーマーの方には不要かもしれませんけど、ドン・キホーテのお客さんはライトユーザーも多いと思いまして。リラックスできる仕様は外せなかったんですよ。オットマンなしの他ブランドさんと差別化もできますしね。コストが上がることはわかっていましたけど。

ン・キホーテと関家具のゲーミングチェアは2万円。安価と高性能の源泉は、ドンキのルーツ“泥棒市場”から続く理念。そして家具屋としての怒り

やっぱりここに鬼がいるな。

ン・キホーテと関家具のゲーミングチェアは2万円。安価と高性能の源泉は、ドンキのルーツ“泥棒市場”から続く理念。そして家具屋としての怒り

同じくらいの価格帯でデスクとラックも販売します。デスクが19900円[税別]で、シェルフ(棚)が10000円[税別]。

ン・キホーテと関家具のゲーミングチェアは2万円。安価と高性能の源泉は、ドンキのルーツ“泥棒市場”から続く理念。そして家具屋としての怒り
デスクもシェルフも頑丈なスチール製。併用を想定したデザインだが、どちらか片方だけでもオーケー。
ン・キホーテと関家具のゲーミングチェアは2万円。安価と高性能の源泉は、ドンキのルーツ“泥棒市場”から続く理念。そして家具屋としての怒り

幅は少し小さめの89cmにしています。通常のゲーミングデスクだと120cmくらいが多いんですけど、ノートPCを使ったり在宅でお仕事をされる方はコンパクトなほうがいいだろうと。

 やや小ぶりなサイズのデスクは、シェルフとの組み合わせで真価を発揮する。天板に固定してもいいし、横に置いてもいい。高さをデスクと合わせて奥行きを広げるように設置することもできる。

ン・キホーテと関家具のゲーミングチェアは2万円。安価と高性能の源泉は、ドンキのルーツ“泥棒市場”から続く理念。そして家具屋としての怒り
ン・キホーテと関家具のゲーミングチェアは2万円。安価と高性能の源泉は、ドンキのルーツ“泥棒市場”から続く理念。そして家具屋としての怒り
ン・キホーテと関家具のゲーミングチェアは2万円。安価と高性能の源泉は、ドンキのルーツ“泥棒市場”から続く理念。そして家具屋としての怒り
ン・キホーテと関家具のゲーミングチェアは2万円。安価と高性能の源泉は、ドンキのルーツ“泥棒市場”から続く理念。そして家具屋としての怒り
ン・キホーテと関家具のゲーミングチェアは2万円。安価と高性能の源泉は、ドンキのルーツ“泥棒市場”から続く理念。そして家具屋としての怒り
ン・キホーテと関家具のゲーミングチェアは2万円。安価と高性能の源泉は、ドンキのルーツ“泥棒市場”から続く理念。そして家具屋としての怒り
有孔ボードや棚の位置など、自分の使いたい形にカスタムできる。
ン・キホーテと関家具のゲーミングチェアは2万円。安価と高性能の源泉は、ドンキのルーツ“泥棒市場”から続く理念。そして家具屋としての怒り

メインのアイテムは揃ったかな、と。追加ラインアップも検討中です。デスクに付随するワゴンなのか、まったく別のアプローチでクッションなのか。『コンティークス』の名前を冠した別のアイテムでもいいと思うんですよね。

ン・キホーテと関家具のゲーミングチェアは2万円。安価と高性能の源泉は、ドンキのルーツ“泥棒市場”から続く理念。そして家具屋としての怒り

“家にある具”すべてを扱うつもりなので何が来ても対応可能です。

ン・キホーテと関家具のゲーミングチェアは2万円。安価と高性能の源泉は、ドンキのルーツ“泥棒市場”から続く理念。そして家具屋としての怒り

全盛期のイチロー並みの守備範囲。

箱が小さいと価格が安くなる

ン・キホーテと関家具のゲーミングチェアは2万円。安価と高性能の源泉は、ドンキのルーツ“泥棒市場”から続く理念。そして家具屋としての怒り

価格を抑えるにあたって重要なポイントがあります。

ン・キホーテと関家具のゲーミングチェアは2万円。安価と高性能の源泉は、ドンキのルーツ“泥棒市場”から続く理念。そして家具屋としての怒り

 
箱が小っちゃいんですよ」
 
 

ン・キホーテと関家具のゲーミングチェアは2万円。安価と高性能の源泉は、ドンキのルーツ“泥棒市場”から続く理念。そして家具屋としての怒り

箱?

 ゲーミングチェアはけっこう大きい。したがって箱もかなりでかいのだが、『produced by Contieaks』は標準的な箱より1~2回りほど小さかった。

 箱が小さければ船便のコンテナにたくさん入る。1便でたくさん運べれば輸送コストを抑えられ、それだけ価格も下げられる。「輸送費ってけっこうばかにならないんですよ」と、山本さん。

 あまり気にしたことはなかったが、「たしかに!」と納得せざるを得ない。

ン・キホーテと関家具のゲーミングチェアは2万円。安価と高性能の源泉は、ドンキのルーツ“泥棒市場”から続く理念。そして家具屋としての怒り
箱の長辺は89cm。身長165cmの僕が持ってもこのサイズ(中身は入ってません)。
ン・キホーテと関家具のゲーミングチェアは2万円。安価と高性能の源泉は、ドンキのルーツ“泥棒市場”から続く理念。そして家具屋としての怒り

どうやって小さく梱包しているんですか?

ン・キホーテと関家具のゲーミングチェアは2万円。安価と高性能の源泉は、ドンキのルーツ“泥棒市場”から続く理念。そして家具屋としての怒り

ゲーミングチェアの背もたれって、車のシートみたいに包み込む構造になってるものが多いですよね。角度が狭すぎると大柄の人が入らないし、広すぎるとホールド感がない。その塩梅をうまく調整して、できるだけフラットに近づけました。そうすると箱を薄くできるんです。

ン・キホーテと関家具のゲーミングチェアは2万円。安価と高性能の源泉は、ドンキのルーツ“泥棒市場”から続く理念。そして家具屋としての怒り
体を包み込む部分がだいぶ薄く見える。
ン・キホーテと関家具のゲーミングチェアは2万円。安価と高性能の源泉は、ドンキのルーツ“泥棒市場”から続く理念。そして家具屋としての怒り
ン・キホーテと関家具のゲーミングチェアは2万円。安価と高性能の源泉は、ドンキのルーツ“泥棒市場”から続く理念。そして家具屋としての怒り
左が『コンティークス』通常モデル。右の『produced by Contieaks』は盛り上がりが小さい。

ン・キホーテと関家具のゲーミングチェアは2万円。安価と高性能の源泉は、ドンキのルーツ“泥棒市場”から続く理念。そして家具屋としての怒り

キャスター部分も工夫してます。5本足のスポークは完成品だと幅が69~70cmくらい。それだとうまく収まらないから組み立て式に替えています。コストは少し上がっちゃうんですが、輸送費の節約で打ち消せてますね。

ン・キホーテと関家具のゲーミングチェアは2万円。安価と高性能の源泉は、ドンキのルーツ“泥棒市場”から続く理念。そして家具屋としての怒り

企業努力。

ン・キホーテと関家具のゲーミングチェアは2万円。安価と高性能の源泉は、ドンキのルーツ“泥棒市場”から続く理念。そして家具屋としての怒り

いまは鉄鋼の価格が世界的に上がっているんですよ。ぎりぎりまで価格交渉できたのはドン・キホーテさんの販売力も大きかった。これだけ売るから(工場側には)何とか価格を抑えてほしいと。

ン・キホーテと関家具のゲーミングチェアは2万円。安価と高性能の源泉は、ドンキのルーツ“泥棒市場”から続く理念。そして家具屋としての怒り

うちも特別に無理をしているわけではないですし、順当に消化できると思います。ものがいいですからね。

ン・キホーテと関家具のゲーミングチェアは2万円。安価と高性能の源泉は、ドンキのルーツ“泥棒市場”から続く理念。そして家具屋としての怒り

なるほど。大量仕入れの約束があったから理解してもらえたんですね。「工場側に無理ばかり言って単なる下請けいじめじゃねーか」と思ってました。

ン・キホーテと関家具のゲーミングチェアは2万円。安価と高性能の源泉は、ドンキのルーツ“泥棒市場”から続く理念。そして家具屋としての怒り

そんな社会問題を抱えていたらこの記事を公開できません。

ン・キホーテと関家具のゲーミングチェアは2万円。安価と高性能の源泉は、ドンキのルーツ“泥棒市場”から続く理念。そして家具屋としての怒り
デスクやシェルフは、強度を維持しつつ柱の径(太さ)を控えめに。梱包サイズを極力小さくしている。

 ドン・キホーテは日本国内におよそ400店舗を展開。まずは100店舗ほどで『produced by Contieaks』を取り扱い、様子を見つつ販路を広げていく予定もあるそうだ。

 家具類を通販で買うのは怖い、まずは見て試したいと考える人は多いと思う。今回の取り組みによって、ドン・キホーテが約100ヵ所のショールームになったとも言える。

 そして、野田さんは販売側の立場から箱の小ささを絶賛していた。

ン・キホーテと関家具のゲーミングチェアは2万円。安価と高性能の源泉は、ドンキのルーツ“泥棒市場”から続く理念。そして家具屋としての怒り

ドン・キホーテの買い場(世間一般で言う売り場のこと)は多くの商品をギュっと圧縮して陳列しているので、コンパクトな設計はありがたいです。店舗の什器とほぼいっしょのサイズ。90cmのゴンドラにピタッとはまるのは気持ちいいですね。

ン・キホーテと関家具のゲーミングチェアは2万円。安価と高性能の源泉は、ドンキのルーツ“泥棒市場”から続く理念。そして家具屋としての怒り

「ピタッとはまるから気持ちいい」って商品への誉め言葉として聞いたことないな。

ン・キホーテと関家具のゲーミングチェアは2万円。安価と高性能の源泉は、ドンキのルーツ“泥棒市場”から続く理念。そして家具屋としての怒り

 箱の小ささは購入者にとっても大きなメリット。でかいゲーミングチェアはたいていのショップで後日配送対応になるが、『produced by Contieaks』の箱は軽自動車のトランクにも入るサイズである。

ン・キホーテと関家具のゲーミングチェアは2万円。安価と高性能の源泉は、ドンキのルーツ“泥棒市場”から続く理念。そして家具屋としての怒り

ドン・キホーテさんはロードサイドや駐車場の広い店舗も多いので、ゲーミングチェアがほしくなったら車で乗り付けてすぐに持ち帰れるんですよ。

ン・キホーテと関家具のゲーミングチェアは2万円。安価と高性能の源泉は、ドンキのルーツ“泥棒市場”から続く理念。そして家具屋としての怒り

24時間営業の店舗なら“夜中に突然ゲーミングチェアがほしくなった”というニーズにも対応可能です。

 おれたちはコンビニ感覚でゲーミングチェアを買っていいのだ。箱が小さいから玄関から運び込みやすく、すぐに組み立て可能というのもいい。

 その昔に流行った「24時間戦えますか」というキャッチコピーは我々への問いかけだったのである。

 禁忌とされていたものが解禁されると、人は大きな高揚感に包まれる。「そんな人いる?」というツッコミを忘れるほどに興奮した。

ン・キホーテと関家具のゲーミングチェアは2万円。安価と高性能の源泉は、ドンキのルーツ“泥棒市場”から続く理念。そして家具屋としての怒り

ゲーミングチェアRTA(リアルタイムアタック)で圧勝できますね。

ン・キホーテと関家具のゲーミングチェアは2万円。安価と高性能の源泉は、ドンキのルーツ“泥棒市場”から続く理念。そして家具屋としての怒り

次回のRTA in Japan(※)で競技タイトルに加えてほしい。

※RTA in Japan:ゲームのクリアタイム(実時間)を競い合う、日本最大級のリアルタイムアタックイベント。

ドン・キホーテに“高品質家具”のイメージがない

 ここまで話を聞いておいてなんだが、ずっと気になっていたことがある。ドン・キホーテと高品質家具のイメージが結びつかないのだ。

ン・キホーテと関家具のゲーミングチェアは2万円。安価と高性能の源泉は、ドンキのルーツ“泥棒市場”から続く理念。そして家具屋としての怒り

そもそもドン・キホーテさんって家具を売ってましたっけ? パーティーグッズ屋さんですよね。

ン・キホーテと関家具のゲーミングチェアは2万円。安価と高性能の源泉は、ドンキのルーツ“泥棒市場”から続く理念。そして家具屋としての怒り

違います。いや、パーティーグッズも自慢なんですけど。

ン・キホーテと関家具のゲーミングチェアは2万円。安価と高性能の源泉は、ドンキのルーツ“泥棒市場”から続く理念。そして家具屋としての怒り

今年の売れ筋パーティーグッズはなんですか?

ン・キホーテと関家具のゲーミングチェアは2万円。安価と高性能の源泉は、ドンキのルーツ“泥棒市場”から続く理念。そして家具屋としての怒り

新商品もいろいろ出てますけど、やっぱり定番ものは強いですね。

ン・キホーテと関家具のゲーミングチェアは2万円。安価と高性能の源泉は、ドンキのルーツ“泥棒市場”から続く理念。そして家具屋としての怒り

パーティーグッズを深堀りしないでいいですから。

 ドン・キホーテのキャッチコピーは“驚安の殿堂”。対して、個人的な関家具のイメージは“いい家具を少し高いお値段で売る家具屋さん”。

 失礼を承知で言わせてもらうと、ドン・キホーテは安売りイメージが強すぎるのだと思う。ミスマッチというかバッティングしているというか、とにかく違和感があった。

ン・キホーテと関家具のゲーミングチェアは2万円。安価と高性能の源泉は、ドンキのルーツ“泥棒市場”から続く理念。そして家具屋としての怒り

そこなんですよ。

ン・キホーテと関家具のゲーミングチェアは2万円。安価と高性能の源泉は、ドンキのルーツ“泥棒市場”から続く理念。そして家具屋としての怒り

ドン・キホーテさんに高品質のイメージがないこと?

ン・キホーテと関家具のゲーミングチェアは2万円。安価と高性能の源泉は、ドンキのルーツ“泥棒市場”から続く理念。そして家具屋としての怒り

ナチュラルに弊社をディスるのやめてもらっていいですか?

ン・キホーテと関家具のゲーミングチェアは2万円。安価と高性能の源泉は、ドンキのルーツ“泥棒市場”から続く理念。そして家具屋としての怒り

ン・キホーテと関家具のゲーミングチェアは2万円。安価と高性能の源泉は、ドンキのルーツ“泥棒市場”から続く理念。そして家具屋としての怒り

家具を買いに行こうとなったときに必ず名前が挙がる企業がありますよね。たとえば、ニトリさんですとか。我々インテリアチームとしては、そういう選択肢に入っていない自覚はたしかにあります。

ン・キホーテと関家具のゲーミングチェアは2万円。安価と高性能の源泉は、ドンキのルーツ“泥棒市場”から続く理念。そして家具屋としての怒り

正直、僕もそう思います。

ン・キホーテと関家具のゲーミングチェアは2万円。安価と高性能の源泉は、ドンキのルーツ“泥棒市場”から続く理念。そして家具屋としての怒り

家具業界の中でネームバリューのある関家具さんと組めば、“安い”だけじゃなくて“いいものが安く買える”というイメージにもつなげられる。そういったことにも期待しています。

ン・キホーテと関家具のゲーミングチェアは2万円。安価と高性能の源泉は、ドンキのルーツ“泥棒市場”から続く理念。そして家具屋としての怒り

お互いにすごくメリットを感じていると思います。関家具はピンキリなんですよ。19800円のダイニングセットから1億円の1枚板テーブルまである会社なので。

ン・キホーテと関家具のゲーミングチェアは2万円。安価と高性能の源泉は、ドンキのルーツ“泥棒市場”から続く理念。そして家具屋としての怒り

売り出しかた的に、ユースケさんが言う“ちょっといいもの”のイメージが先行しがちなんですけど、本当は量販店さんのチラシに載るような家具もいっぱい扱ってるんですね。そういったお客さんの要望に合わせるノウハウをゲーミングチェアに落とし込んだのが今回の施策。

ン・キホーテと関家具のゲーミングチェアは2万円。安価と高性能の源泉は、ドンキのルーツ“泥棒市場”から続く理念。そして家具屋としての怒り

 野田さんは「インテリアコーナーはあまりいい場所にないんですよ」とも言っていた。

 ここまで来ても相変わらずドン・キホーテに家具のイメージはないものの、言われてみれば店内のジャングルの奥で見たことがあるような……。

ン・キホーテと関家具のゲーミングチェアは2万円。安価と高性能の源泉は、ドンキのルーツ“泥棒市場”から続く理念。そして家具屋としての怒り

がんばって! 思い出して……!

ン・キホーテと関家具のゲーミングチェアは2万円。安価と高性能の源泉は、ドンキのルーツ“泥棒市場”から続く理念。そして家具屋としての怒り

記憶喪失になった幼なじみ?

 通路に所狭しと商品が並ぶドン・キホーテは、店内を歩きながら宝探し感覚を味わえるお店だ。何となく遊びに行ってあれもこれも手に取るのが楽しい、という人は多いはず。

 一方、大型の家具はふらりと入って衝動買いするものではない。「いいベッドあるじゃん。ちょうどほしかったんだよなー。これください」なんて豪傑は三国志にも出てこない。いたら秒で中原を平定する。

 目的を持って買いに行く家具はお客さんが能動的に探してくれるから、奥のほうに陳列されているのだろう。もしくはシンプルに、家具を買うつもりがないから目に入ってもスルーしていたか。

ン・キホーテと関家具のゲーミングチェアは2万円。安価と高性能の源泉は、ドンキのルーツ“泥棒市場”から続く理念。そして家具屋としての怒り

この記事でドン・キホーテさんに家具が売ってることに気づいた人は、急に目に留まるようになるかもしれない。RPGのフラグ立てみたい。

安価と高性能の両立の裏側にあった“家具屋としての怒り”

 ドン・キホーテに家具が売られていることを胸に刻み、見えないものが見えるようになった。クリアになったその瞳で、今度は別方面に踏み込みたい。『produced by Contieaks』誕生のきっかけについて教えてもらうことに。

ン・キホーテと関家具のゲーミングチェアは2万円。安価と高性能の源泉は、ドンキのルーツ“泥棒市場”から続く理念。そして家具屋としての怒り

私、ドン・キホーテに入る前は家具の専門店に務めていたんですよ。そこで関家具さんと取引がありまして。

 関家具とドン・キホーテは触れ合うことのない異業種だったが、野田さんが入社したことで接点が誕生。話しているうちにeスポーツ関連の商品を作りたくなったのがスタートだという。

 「低価格帯の製品も作たかったんですよ。もともと」と、山本さん。

ン・キホーテと関家具のゲーミングチェアは2万円。安価と高性能の源泉は、ドンキのルーツ“泥棒市場”から続く理念。そして家具屋としての怒り

広い価格帯の製品があるのはいいことだと思います。市場には安くて売れているゲーミングチェアもありますよね。どういう作りなのか個人的にも興味があって、買ってバラしたりしてるんですけど、

ン・キホーテと関家具のゲーミングチェアは2万円。安価と高性能の源泉は、ドンキのルーツ“泥棒市場”から続く理念。そして家具屋としての怒り

 
「中には本当にひどいものもあるんですよ」
 
 

ン・キホーテと関家具のゲーミングチェアは2万円。安価と高性能の源泉は、ドンキのルーツ“泥棒市場”から続く理念。そして家具屋としての怒り

もちろん安くていいものもあるはずです。ただ、私が調査した範囲では、新品なのにフレームが錆びていたり、ちゃんと溶接されていなかったり、そういったものもありました。安いからと言って見過ごせません。フレームが折れたら危険ですからね。

ン・キホーテと関家具のゲーミングチェアは2万円。安価と高性能の源泉は、ドンキのルーツ“泥棒市場”から続く理念。そして家具屋としての怒り

めちゃくちゃ怒ってるじゃないですか。

ン・キホーテと関家具のゲーミングチェアは2万円。安価と高性能の源泉は、ドンキのルーツ“泥棒市場”から続く理念。そして家具屋としての怒り

怒りをパワーに変えるタイプだ。

ン・キホーテと関家具のゲーミングチェアは2万円。安価と高性能の源泉は、ドンキのルーツ“泥棒市場”から続く理念。そして家具屋としての怒り

だから、近い価格帯で作りたかったというのはありますね。よくわからないブランドのチェアじゃなくて、ドン・キホーテさんで『produced by Contieaks』を買ってもらえばWin-Win-Winになると思って。

ン・キホーテと関家具のゲーミングチェアは2万円。安価と高性能の源泉は、ドンキのルーツ“泥棒市場”から続く理念。そして家具屋としての怒り

生地にも気を付けたいので、ボーケンさん(※)の強度試験を通しています。すぐ毛羽立ったり色褪せたら悲しいですからね。紫外線やアルカリ性・酸性の汚れにつけて変色が少ないとか、摩擦や水濡れで傷みにくいとか、すべての項目で4以上(5段階中)を取ってます。

※ボーケン:一般財団法人ボーケン品質評価機構。天然繊維や化学繊維素材などの試験を行っている。

 関家具が安価な高品質モデルにこだわったのは、社会的な意義によるものなのかもしれない。家具を扱う人間として、少なくとも自分が納得できるクオリティーの製品を使ってもらいたいのだろう。

ン・キホーテと関家具のゲーミングチェアは2万円。安価と高性能の源泉は、ドンキのルーツ“泥棒市場”から続く理念。そして家具屋としての怒り

ン・キホーテと関家具のゲーミングチェアは2万円。安価と高性能の源泉は、ドンキのルーツ“泥棒市場”から続く理念。そして家具屋としての怒り

安くて高品質なわけですよね。これが流行ったら『コンティークス』の通常モデルが売れなくなったりしませんか?

ン・キホーテと関家具のゲーミングチェアは2万円。安価と高性能の源泉は、ドンキのルーツ“泥棒市場”から続く理念。そして家具屋としての怒り

ぶっちゃけ、少し不安です。

ン・キホーテと関家具のゲーミングチェアは2万円。安価と高性能の源泉は、ドンキのルーツ“泥棒市場”から続く理念。そして家具屋としての怒り

何でそういうことしちゃうの。

ン・キホーテと関家具のゲーミングチェアは2万円。安価と高性能の源泉は、ドンキのルーツ“泥棒市場”から続く理念。そして家具屋としての怒り

冗談です。ここからステップアップしてほしいんですよ。耐久性にも機能性にも自信はありますけど、『コンティークス』通常モデルにはかなわないと思います。『produced by Contieaks』の保証期間は1年(一般的に1年を保証期間とする家具は多い)。買い替えるときに1ランク上のモデルを選んでいただければ。

ン・キホーテと関家具のゲーミングチェアは2万円。安価と高性能の源泉は、ドンキのルーツ“泥棒市場”から続く理念。そして家具屋としての怒り

『produced by Contieaks』のウリはコンパクトさにもありますから。ふつうにゲームする分にはいいけど、たとえばゲーム配信をするならPCを2台置きたいから広いデスクがほしい。そうなったら関家具さんのモデルを選べばいいので、食い合うことはないと思いますよ。

ドン・キホーテの原点は“泥棒市場”

ン・キホーテと関家具のゲーミングチェアは2万円。安価と高性能の源泉は、ドンキのルーツ“泥棒市場”から続く理念。そして家具屋としての怒り

お話を聞くにあたって、ドン・キホーテさんのことを少し調べたんですよ。いろいろエピソードが出てきた中で、いちばん好きなのがこれです。

ン・キホーテと関家具のゲーミングチェアは2万円。安価と高性能の源泉は、ドンキのルーツ“泥棒市場”から続く理念。そして家具屋としての怒り
原点となる雑貨店の名前が“泥棒市場”。

ン・キホーテと関家具のゲーミングチェアは2万円。安価と高性能の源泉は、ドンキのルーツ“泥棒市場”から続く理念。そして家具屋としての怒り

店名に“泥棒”ってつけるセンス、すごくないですか? 僕なら絶対思いつかない。

ン・キホーテと関家具のゲーミングチェアは2万円。安価と高性能の源泉は、ドンキのルーツ“泥棒市場”から続く理念。そして家具屋としての怒り

コンビニも23時で閉まっていた時代なのに泥棒市場は24時まで営業。狭い店内でも商品を見つけられるようにPOPで説明。いまはどこも当たり前にやってることですよね。常識にとらわれることなく、そのときに必要なものを提供する理念みたいなものがあったんだろうなと。

 そしてもうひとつ。

ン・キホーテと関家具のゲーミングチェアは2万円。安価と高性能の源泉は、ドンキのルーツ“泥棒市場”から続く理念。そして家具屋としての怒り
現場スタッフが売りものを自由に発注。

 これはテレビ番組『タモリ倶楽部』で取り上げられて広く知られるようになった社風だ。

 通常、小売店では店長クラスや会社の上層部が商品発注を管理するもの。だが、ドン・キホーテではアルバイトにもその権限があるらしい。まじか。

ン・キホーテと関家具のゲーミングチェアは2万円。安価と高性能の源泉は、ドンキのルーツ“泥棒市場”から続く理念。そして家具屋としての怒り

本当です。たとえば関家具さんがお店側に「こういう商品はどうですか?」と営業をかけて、現場のスタッフが納得したらすぐに仕入れられます。

ン・キホーテと関家具のゲーミングチェアは2万円。安価と高性能の源泉は、ドンキのルーツ“泥棒市場”から続く理念。そして家具屋としての怒り

実際はチームリーダーに相談するでしょうけどね。それでも(上層部の承認を得るよりは)だいぶ早いと思います。

 ほかにも、現場が「『produced by Contieaks』を拡販するために値引きしたい」と言ったら、わりとすぐにできるそうだ。スピード感がすごい。

ン・キホーテと関家具のゲーミングチェアは2万円。安価と高性能の源泉は、ドンキのルーツ“泥棒市場”から続く理念。そして家具屋としての怒り

 「他店が500円で売っていたら450円にしたい。権限があればすぐに下げられますから」と、野田さん。ビジネスとしてはそれが効率的だ。

 “偉い人が売りものを管理する”は他者の常識である。倫理と法に反しない限り、そんなものに縛られる必要はない。“現場スタッフの判断は正しい”という信頼が感じられる関係はすてきだと思う。

 なお、前述の『タモリ倶楽部』は“変な発注をして売れ残った商品”がテーマだった。それもまたドン・キホーテらしくておもしろい。

ン・キホーテと関家具のゲーミングチェアは2万円。安価と高性能の源泉は、ドンキのルーツ“泥棒市場”から続く理念。そして家具屋としての怒り

スピード感と言えば、当社の社長も似たようなことを言っていますね。“朝令暮改”って言葉があるじゃないですか。“朝思いついたことを夜に改めるのは愚者のやること”という意味ですけど、いまの市場は朝令暮改が当たり前だと。

 要するに、よりいい案を思いついたらすぐに方向転換したほうがいいということ。社内の風土が似ているからこそ、コラボもスムーズに進んだのだと思う。

ン・キホーテと関家具のゲーミングチェアは2万円。安価と高性能の源泉は、ドンキのルーツ“泥棒市場”から続く理念。そして家具屋としての怒り

ということは、今シーズンはゲーミングデバイスを多く並べようみたいな判断もあり得るんですか?

ン・キホーテと関家具のゲーミングチェアは2万円。安価と高性能の源泉は、ドンキのルーツ“泥棒市場”から続く理念。そして家具屋としての怒り

もちろんです。最近の家電チームはマウスやキーボードに力を入れてますね。(『produced by Contieaks』ゲーミングチェアの)グリーンは家電チームの要望で作りましたし。

ン・キホーテと関家具のゲーミングチェアは2万円。安価と高性能の源泉は、ドンキのルーツ“泥棒市場”から続く理念。そして家具屋としての怒り

ん? 仕入れだけじゃなくて商品開発にも関わっていると?

ン・キホーテと関家具のゲーミングチェアは2万円。安価と高性能の源泉は、ドンキのルーツ“泥棒市場”から続く理念。そして家具屋としての怒り

家電チームの方々から「Razerさんの製品を扱っているのでグリーンも作ってほしい(※)」というオーダーがあったんですよ。社内の意見に便乗して1色追加できました。ラッキー。

※グリーン:シンガポールに拠点を構える大手ゲーミングデバイスメーカー・Razerは、イメージカラーがグリーン。

ン・キホーテと関家具のゲーミングチェアは2万円。安価と高性能の源泉は、ドンキのルーツ“泥棒市場”から続く理念。そして家具屋としての怒り
グリーンのモデルを単独で撮影していなかった。申し訳ない。

『produced by Contieaks』のつぎなる一手は“ゲーミング学習デスク”という可能性

 『produced by Contieaks』は扱いやすいエントリーモデルとして作られたことは理解した。野田さんは「ゲームを遊ぶうえで、ひとまずは必要最低限のラインアップ」としており、つぎの仕掛けが気になるところ。

ン・キホーテと関家具のゲーミングチェアは2万円。安価と高性能の源泉は、ドンキのルーツ“泥棒市場”から続く理念。そして家具屋としての怒り

お子さんの学習机の代わりにゲーム向きのデスクを買うような流れもあるみたいです。家具メーカーの学習机市場からの撤退が相次いでまして、大学生が使うようなデスクで勉強する子は増えているらしくて。

ン・キホーテと関家具のゲーミングチェアは2万円。安価と高性能の源泉は、ドンキのルーツ“泥棒市場”から続く理念。そして家具屋としての怒り

子ども向けのゲーミングチェアがほしいという声もありますね。「子どもが『フォートナイト』を始めたからチェアとデスクを買いたいけど、何を選んでいいかわからない」ですとか。

ン・キホーテと関家具のゲーミングチェアは2万円。安価と高性能の源泉は、ドンキのルーツ“泥棒市場”から続く理念。そして家具屋としての怒り

へぇー。たしかに、お子さんにはなおさらちゃんとしたイスに座ってほしいですもんね。成長してからもカスタマイズをして使い続けられるデスクなんていいのでは?

ン・キホーテと関家具のゲーミングチェアは2万円。安価と高性能の源泉は、ドンキのルーツ“泥棒市場”から続く理念。そして家具屋としての怒り

ゲーミング学習デスク……。

 野田さんはアイデアを噛み締めるようにつぶやいた。スピード感と安さを持って展開する『produced by Contieaks』のつぎなる一手は何なのか。楽しみで仕方ない。

記事制作協力:バーボン津川