2021年9月30日(木)~10月3日(日)に開催される“東京ゲームショウ 2021 オンライン”(TGS2021 ONLINE)。

 開催4日目となる10月3日、“SQUARE SQUARE ENIX PRESENTS at TGS 2021 Online”にて、2022年に発売予定の『チョコボGP』を紹介する番組“チョコボGP開幕!TGS2021特別生放送”が配信。番組には、本作のディレクターである前田明彦氏、シロマ役の千本木彩花さん、ベンさん役の松岡禎丞さん、MCとしてエレキコミックの今立進さんが出演。千本木さん、松岡さんによる実機プレイとともに、本作の概要や魅力が紹介された。

 本稿では、番組の模様をお届けする。

※『チョコボGP』の試遊リポートはこちらをチェック。

“東京ゲームショー2021”最新情報まとめはこちら

チョコボたちが魔法合戦を繰り広げるレースゲーム

 まずは、前田氏が『チョコボGP』とはどのようなゲームなのかをゲーム映像を交えて紹介。

 『チョコボGP』は、『FF』(ファイナルファンタジー)シリーズの人気キャラクター・チョコボを始め、『チョコボ』シリーズでおなじみのシロマやダンジョンヒーローX(モーグリ)などのキャラクターが登場するレースゲーム。ブーストやドリフトといった基本的なドライビングテクニック以外にも、『FF』シリーズおなじみの魔法とアビリティを駆使して、1位を目指して競い合う。

 ゲームモードは、4つのレースを走って総合順位を競う”シリーズモード”、遊び方を自由に設定できる“カスタムレース”のほか、オンラインのトーナメント形式で競い合う“チョコボGPモード”など、さまざまなモードを収録。さらに、レース以外にも、チョコボと仲間たちの冒険を進めていきながらゲームのルールが学べる“ストーリーモード”も用意されているとのことだ。

『チョコボGP』千本木彩花さん、松岡禎丞さんが実機プレイ。魔法合戦が繰り広げられる白熱のレースに大興奮!!【TGS2021】
『チョコボGP』千本木彩花さん、松岡禎丞さんが実機プレイ。魔法合戦が繰り広げられる白熱のレースに大興奮!!【TGS2021】
レース開始のカウントダウンにタイミングをあわせると、スタートダッシュを決めることが可能。
『チョコボGP』千本木彩花さん、松岡禎丞さんが実機プレイ。魔法合戦が繰り広げられる白熱のレースに大興奮!!【TGS2021】
 コースにはクリスタルも出現。最大10個まで獲得でき、獲得数によってスピードが上昇。
『チョコボGP』千本木彩花さん、松岡禎丞さんが実機プレイ。魔法合戦が繰り広げられる白熱のレースに大興奮!!【TGS2021】
ドリフトを使うと、あまり減速せずにカーブを曲がり切ることができる。さらに、ドリフト状態をキープすることで、急加速(ブースト)が可能。

 レースにおいて重要となるのが魔石。コースに存在する“マジカルエッグ”に触れると魔石を獲得でき、ファイアやエアロといったなどさまざまな魔法を放つことができる。また、同じ魔石を取り続けることで、ファイア→ファイラ→ファイガといったように3段階で魔法がパワーアップ。魔法の効果もレベルが上がるごとにより強力なものへと変化する。魔法の種類は、『FF』シリーズおなじみの6属性の攻撃魔法のほか、補助魔法や召喚魔法など、パワーアップしたものを含めると30種類以上が登場するようだ。

『チョコボGP』千本木彩花さん、松岡禎丞さんが実機プレイ。魔法合戦が繰り広げられる白熱のレースに大興奮!!【TGS2021】
コースには、3色のマジカルエッグが出現。色によって獲得できる魔石のレベルが異なる。
『チョコボGP』千本木彩花さん、松岡禎丞さんが実機プレイ。魔法合戦が繰り広げられる白熱のレースに大興奮!!【TGS2021】
『チョコボGP』千本木彩花さん、松岡禎丞さんが実機プレイ。魔法合戦が繰り広げられる白熱のレースに大興奮!!【TGS2021】
『チョコボGP』千本木彩花さん、松岡禎丞さんが実機プレイ。魔法合戦が繰り広げられる白熱のレースに大興奮!!【TGS2021】

 もうひとつの重要な要素が必殺技となるアビリティ。チョコボは後ろにリングを出しながら加速する、シロマはマバリアを張りながら、魔法攻撃をした敵にカウンター攻撃を仕掛ける、ビビはレベル3の魔法をふたつ同時に放つといったように、キャラクターごとに個別のアビリティが設定されている。また、アビリティ発動中は無敵時間も発動。

『チョコボGP』千本木彩花さん、松岡禎丞さんが実機プレイ。魔法合戦が繰り広げられる白熱のレースに大興奮!!【TGS2021】
『チョコボGP』千本木彩花さん、松岡禎丞さんが実機プレイ。魔法合戦が繰り広げられる白熱のレースに大興奮!!【TGS2021】
『チョコボGP』千本木彩花さん、松岡禎丞さんが実機プレイ。魔法合戦が繰り広げられる白熱のレースに大興奮!!【TGS2021】
『チョコボGP』千本木彩花さん、松岡禎丞さんが実機プレイ。魔法合戦が繰り広げられる白熱のレースに大興奮!!【TGS2021】

千本木さん、松岡さんが実機プレイ! 白熱のレースに大興奮!!

 番組内では、千本木さん、松岡さんのおふたりが、それぞれ声を担当するキャラクターを使って実機プレイ。

 ひとつ目のコース“シドのテストコース”は、千本木さんが挑戦。レース序盤は魔法が取れず苦戦するもの、レベル3の“死の宣告”の魔法を獲得し、少しずつ順位を上げる。そして、ゴール直前にアビリティを発動して、見事2位でフィニッシュ。

 ふたつめのコース“ゾゾの街”に挑戦したのは松岡さん。コースの設置された水が吹き上がるギミックと敵の魔法に苦しみながらも、アビリティを駆使してトップに躍り出る。しかし、ゴール目前で立て続けに魔法を受けてしまい、最終的には5位でゴール。

 3つめのコース“ゴールドソーサー”は、難易度の高いマスターでおふたりが挑戦。どちらも完璧なスタートダッシュを決めると、ガードレールがない難所も難なく乗り越え、素晴らしいレース運びで上位争いを繰り広げる。果たして1位でゴールすることができたのか!? レースの結果は、ぜひ実機プレイをチェックしてほしい。

ユーザーからの気になる質問に前田氏が答える

 番組の後半では、ユーザーからの質問に前田氏が回答するコーナーを実施。まずは『チョコボレーシング』との関連性について聞かれると、「前作から20年以上が経ち、ゲームの性能や環境も大きく変化したことから、完全新作として作っています。ですが、魔石やアビリティのシステムといった『チョコボレーシング』らしさは継承しつつ、イマドキの遊び方やチョコボたちのキャラクター性にあった内容になっています」と回答。『チョコボ』シリーズを遊んでいたプレイヤーがニヤリとできるような内容も仕込まれているとのことだ。

 つづいてはレースに関する質問に。「レベル1のマバリアでレベル3のファイガーを防ぐことが可能か?」という質問に対し「防ぐことができます」と答えると、「ただし、レベルが低いと効果時間が短いので、後方カメラの使い方が重要になります」と話した。「レース中に敵が持つ魔石を確認できるのか?」という質問には、「キャラクターの頭上に魔石が表示され、次に使う魔法を確認することができます」と回答。ほかのキャラクターの所持する魔石を見て、このキャラクターを抜き去るべきなのかといった駆け引きが味わえるという。

 「DLCによるキャラクターの追加はあるのか」については、詳細は語らなかったものの「いい質問ですね!」と笑顔で回答。また、多くのユーザーから「このキャラクターは参戦するのか?」という質問が多く寄せられたようで、それに対しては「具体的なキャラクター名は公表できないですが、全体で20を超えるキャラクターが登場することが決定しています」と答えた。今後どのキャラクターが参戦するのか、続報に注目したい。

※画像は配信番組をキャプチャーしたものです。