2021年3月26日(金)から、『映画 モンスターハンター』が全国公開。公開を記念してアルテミス役のミラ・ジョヴォヴィッチさんにインタビューを実施!

 モンスターと戦う女兵士を演じるミラ・ジョヴォヴィッチさんから、撮影時の秘蔵エピソードや、作品の見どころなどが余すことなく語られた。

ミラ・ジョヴォヴィッチ

1975年12月17日生まれ。ウクライナ出身。11歳からモデルとして活動を始め、『トゥー・ムーン』(1988年)でスクリーンデビュー。『ジャンヌ・ダルク』(1999年)、『バイオハザード』シリーズ(2002~2016年)など、多数の作品で主演を務める。

ミラ「細やかな描写から戦場の雰囲気を感じ取ってほしい」

『映画 モンハン』ミラ・ジョヴォヴィッチにインタビュー! 映画は「まるで自分も『モンハン』世界にいるように感じるはず」

――まずは本作のストーリーからお聞きします。主演の立場からご覧になられて、見どころとなるポイントは?

ミラ私が演じるアルテミスは、救援チームのような部隊を率いているの。それが、消息不明の兵士たちを助けに行く途中で、突然、別の世界に飛ばされてしまって。これまでの訓練や技術では太刀打ちできないようなモンスターたちと戦うことになってしまう。

 やがて彼女は、その世界の住人であるハンターと出会うのだけど、ふたりは意思の疎通ができず、思い違いから格闘に発展してしまうの。

――序盤から緊張感溢れるシーンの連続で引き込まれました。

ミラそうしてひと悶着あったものの、ふたりはお互いの力を認め合うようになって。お互いに協力して、状況を打開する道を選ぶことになるの。

 このあたりからバディムービーのようなおもしろさが出てくるので、さらに物語にのめり込めるはずよ。

『映画 モンハン』ミラ・ジョヴォヴィッチにインタビュー! 映画は「まるで自分も『モンハン』世界にいるように感じるはず」

――ふたりで協力してモンスターと戦うシーンなど、まさにゲームの『モンスターハンター』を思わせました。 世界的な大ヒット作である『モンハン』の映画化ということで、心構えや撮影の方法などにも特別な点はありましたか?

ミラお話をもらったときから、『モンハン』ならではの奥深い、非常に独特な世界観を映像化できることに、やりがいと喜びを感じていたわ。私たちが住んでいる現実とはまったく違う世界をどのように表現すれば、映画ファン、ゲームファンの方たちに喜んでもらえるか?

 そこを突き詰めた結果、 ポール(・W・S・アンダーソン監督)は「スクリーンに投影したときに映える“すばらしい情景”は不可欠」という答えを出し、私たちも賛同したわ。全編にわたり、広大な砂漠や息を呑むほど美しい大自然の中で撮影を行ったので、その魅力はきっと映像からも感じ取ってもらえるはずよ。

『映画 モンハン』ミラ・ジョヴォヴィッチにインタビュー! 映画は「まるで自分も『モンハン』世界にいるように感じるはず」

――かなりハードなロケだったそうですね。

ミラ文明からかけ離れた過酷な環境ではあったけど、つねにモンスターと戦っているハンターたちと同じような緊張感を持って撮影に臨めたことは、印象深い思い出のひとつね。

――スタジオとロケでは、演じる際の感覚も違うものですか?

ミラ最高のロケーションで撮影ができたことで、VFXを多用した作品では見られないようなリアリティーを表現できたと思うわ。もちろん本作にも、コンピューターによって描かれたものは登場するけれども、それは作品を構成するひとつの要素にすぎない。

 そのほかのすべては本物の自然の中で撮影したものなので、大画面で観てもらえば、まるで自分も本当に『モンハン』の世界にいるような感覚に浸れるはずよ。

『映画 モンハン』ミラ・ジョヴォヴィッチにインタビュー! 映画は「まるで自分も『モンハン』世界にいるように感じるはず」
『映画 モンハン』ミラ・ジョヴォヴィッチにインタビュー! 映画は「まるで自分も『モンハン』世界にいるように感じるはず」

ミラ「ゲームでも双剣を使う」

――映画化が決まる前から、『モンハン』シリーズはプレイされていたのでしょうか。

ミラファンの人たちはどういう経験をしたくて『モンハン』をプレイしているのか? その気持ちを知りたくて遊んでみたけど、本当におもしろくて、のめり込んでしまったわ。

――お子さんともいっしょに遊ばれたり?

ミラふだんは子どもたちに「ゲームは30分しかダメよ」と注意している手前、「なんでママはやっていいの?」と聞かれたときは困ってしまって。「お母さんは仕事だからいいのよ」というやり取りもしたわね(笑)。

 ディアブロスが登場するところまではなんとか進めたんだけど、けっきょく勝つことはできなくて……。映画の中でリベンジするので、期待していてね。

――ゲームで使っていた武器はどれですか?

ミラ双剣を気に入って、ずっと使っていたわ。“鬼人化”でパワーアップするところがクールで大好きなの。いろんな武器を試してみたけど、双剣はどんな状況にも対応できる素晴らしい武器だと感じたわ。

 そういった理由もあって、映画でアルテミスが使う武器は双剣になったのよ。もちろん、小道具の制作チームはあらゆる種類の武器を作ってくれたけど、私は最初から双剣こそが自分の武器だと感じていたわ。2本の剣で戦うアクションはこれまでにも経験があるので、そこで学んだ技術は本作でもしっかり活かせたと思う。

『映画 モンハン』ミラ・ジョヴォヴィッチにインタビュー! 映画は「まるで自分も『モンハン』世界にいるように感じるはず」

――劇中で披露されたアクションは、どれもかっこよかったです。ほかにも、アクション面で意識されたところはありますか?

ミラ今回はなんといっても、トニー・ジャーとの共演が刺激的だったわ。トニーが扮するハンターは、蝶のように宙を舞ったり、くるくる回転したり、独特の動きを取り入れた戦いかたをするの。それに対して、私が演じるアルテミスは軍隊式のトレーニングを受けた兵士だから、ふたりの戦闘スタイルが比較しやすくなっているところもおもしろかった。

 トニーが飛び蹴りを始め、華麗な技をくり出すのに対し、私は寝技など、地味だけど実践向きの技で応戦するという。そうした技の掛け合いは迫力があり、映像で見ても楽しいと思うわ。

『映画 モンハン』ミラ・ジョヴォヴィッチにインタビュー! 映画は「まるで自分も『モンハン』世界にいるように感じるはず」

―― モンスターとの戦闘シーンの撮影で、印象的だったことはありますか?

ミラ本作の最大の目玉でありながら、 唯一、現場にいないのがモンスターなんだけど、それがいかにも目の前にいるようなリアルな存在感を演出することこそ、役者の仕事だと思っていて。

 ポールからも、実際にその場にモンスターがいるかのような掛け合い、やり取りを撮りたいと言われていたので、いろんな方法を試したわ。その中のひとつが“サンドキャノン”という、大量の砂を撃ち出す大砲のような装置ね。

――なんとも仰々しい名前ですね。

ミラ砂漠でディアブロスに追われるシーンで導入したんだけど、ディアブロスが動くたびに砂が舞い上がり、それがものすごい勢いで追いかけてくる迫力のあるシーンを撮れたので、ぜひ観てほしい。

 舞い散った砂が私たちにかかる描写から、すぐそばにモンスターがいるという臨場感も表現できているので、そうした細やかなところにも注目してもらえるとうれしいわ。

『映画 モンハン』ミラ・ジョヴォヴィッチにインタビュー! 映画は「まるで自分も『モンハン』世界にいるように感じるはず」

作品情報

  • タイトル:『映画 モンスターハンター』
  • 公開日:2021年3月26日(金)公開
  • 監督・脚本:ポール・W・S・アンダーソン
  • 出演: ミラ・ジョヴォヴィッチ、トニー・ジャー、山崎紘菜、ロン・パールマン ほか
  • 原作:『モンスターハンター』(カプコン)
  • 製作: コンスタンティン・フィルム、テンセント・ピクチャーズ、東宝
  • 配給: 東宝=東和ピクチャーズ共同配給
『映画 モンハン』ミラ・ジョヴォヴィッチにインタビュー! 映画は「まるで自分も『モンハン』世界にいるように感じるはず」

『映画 モンスターハンター』関連記事をチェック