フジテレビは本日2020年6月6日(土)21時からの“土曜プレミアム”において、映画『ジャングル・ブック』を放送する。

 本作は、ウォルト・ディズニーの遺作となったアニメーション作品である同作を、最新の映像技術でリメイクした2016年公開の作品。

 主人公モーグリを演じるニール・セディ(声:北原十希明)以外はすべてCGで描かれているのが本作の特徴。ディズニーのアニメではおなじみの、人間の言葉を話す“トーキングアニマル”が、現実と見間違うほどのリアルなCGで違和感なく表現されている。

人間と動物は共存できるのか……。種族を越えた友情と愛情

 人間の存在しないジャングルの奥深く。そこに人間の赤ん坊がひとり残されていた。このままでは死を待つだけの存在だったが、赤ん坊は黒ヒョウのバギーラ(ベン・キングズレー/松本白鸚)の手によって助けられ、一命を取り留めることとなった。

 赤ん坊はモーグリと名づけられ、バギーラの母であるラクシャ(ルピタ・ニョンゴ/宮沢りえ)の手によって育てられていった。

 オオカミの群れのなかで、大自然のきびしさを体感しつつも、幸せに暮らしていたモーグリ。だが、そこに人間への復讐に燃えるトラのシア・カーン(イドリス・エルバ/伊勢谷友介)が現れた。シア・カーンは、人間の存在はジャングルの平和を脅かすとして、モーグリの命を狙い始めていく。

 自分の存在が仲間たちに迷惑をかけてしまうと感じたモーグリは、オオカミの群れから去ることを告げる。モーグリはバギーラとともに群れを離れ、人間の世界へ近づこうとするが、その道中でシア・カーンの襲撃を受け、ふたりは離れ離れとなってしまう……。

 バギーラと離れ離れになったモーグリの命を執拗に狙うシア・カーン。モーグリは、シア・カーンの魔の手から逃げ切ることができるのか。そして、人間とジャングル、ふたつの故郷を持つモーグリは、どちらの世界で住むことを選ぶのか……?

『ジャングル・ブック』はここが見どころ

  • 実写とCGが違和感なく融合した映像
  • しゃべる動物たちが織りなすストーリー
  • モーグリとバギーラの種族を越えた友情

『ジャングル・ブック』キャスト・スタッフ

出演(オリジナル音声/日本語吹き換え)

  • バギーラ:ベン・キングズレー/松本白鸚
  • バルー:ビル・マーレイ/西田敏行
  • ラクシャ:ルピタ・ニョンゴ/宮沢りえ
  • シア・カーン:イドリス・エルバ/伊勢谷友介
  • モーグリ:ニール・セディ/北原十希明
  • キング・ルーイ:クリストファー・ウォーケン/石原慎一
  • カー:スカーレット・ヨハンソン/朴璐美
  • アキーラ:ジャンカルロ・エスポジート/大川透

スタッフ

  • 監督:ジョン・ファヴロー
  • 脚本:ジャスティン・マークス

『トイ・ストーリー』短編作も同時放送!

 『ジャングル・ブック』の後には、『トイ・ストーリー』シリーズの短編作『ハワイアン・バケーション』が放送! 本作は、『トイ・ストーリー3』の後日譚が描かれる作品となっている。

 ウッディたちの新たな持ち主となったボニーのハワイ旅行に置いてけぼりを食らってしまったおもちゃのバービーとケン。ふたりのために、そのほかのおもちゃたちがハワイ旅行の気分だけでも味わってもらおうと奮闘する物語が描かれている。

『ハワイアン・バケーション』キャスト・スタッフ

出演(オリジナル音声/日本語吹き換え)

  • ウッディ:トム・ハンクス/唐沢寿明
  • バズ・ライトイヤー:ティム・アレン/所ジョージ
  • ジェシー:ジョーン・キューザック/日下由美
  • バービー:ジョディ・ベンソン/高橋理恵子
  • ケン:マイケル・キートン/東地宏樹
  • 監督:ゲーリー・ライドストロム
  • 製作:ゲイリーン・スースマン
  • 製作総指揮:ジョン・ラセター