ファミ通発表の売上ランキング。今回は2020年5月25日~5月31日のゲームソフト&ハード週間推定販売数まとめをお届け。

 今週も『あつまれ どうぶつの森』が1位。発売以降、毎週10万本以上という、高水準の週販本数をキープしており、累計販売本数は468.5万本に達した。

『あつまれ どうぶつの森』パッケージ版の購入はこちら (Amazon.co.jp) 『あつまれ どうぶつの森』ダウンロード版の購入はこちら (Amazon.co.jp)

 2位には『ゼノブレイド ディフィニティブ・エディション』がランクインした。『あつまれ どうぶつの森』にはわずかに及ばなかったものの、初週90789本は上々のスタート。ここのところ、ロングセールスを続ける定番タイトルがランキングの上位を占めてきたが、今回のランキングでは、『ゼノブレイド ディフィニティブ・エディション』を始め、『英雄伝説 碧の軌跡:改』が4位、『うたの☆プリンスさまっ♪ Amazing Aria&Sweet Serenade LOVE for Nintendo Switch』が7位、『BAYONETTA&VANQUISH』が8位と、新作ソフトが4本もTOP10入りを果たしている。

『ゼノブレイド ディフィニティブ・エディション』パッケージ版の購入はこちら (Amazon.co.jp) 『ゼノブレイド ディフィニティブ・エディション』ダウンロード版の購入はこちら (Amazon.co.jp)

 ハードは、Nintendo Switchが7.3万台、Nintendo Switch Liteが3.4万台と、いずれの前週の倍以上の週販台数。依然市場では品薄状態が続いているとみられるが、『ゼノブレイド ディフィニティブ・エディション』が発売されたこともあり、大きく台数を伸ばした。

ソフト推定販売本数TOP10

1位(先週1位) Switch あつまれ どうぶつの森
10万2749本(累計 468万5419本)/任天堂/2020年3月20日発売

2位(初登場) Switch ゼノブレイド ディフィニティブ・エディション
90789本/任天堂/2020年5月29日発売

3位(先週2位) Switch リングフィット アドベンチャー
39518本(累計 95万6559本)/任天堂/2019年10月18日発売

4位(初登場) PS4 英雄伝説 碧の軌跡:改
12047本/日本ファルコム/2020年5月28日発売

5位(先週4位) Switch マリオカート8 デラックス
10415本(累計 296万5844本)/任天堂/2017年4月28日発売

6位(先週3位) Switch スプラトゥーン2
10041本(累計 343万7424本)/任天堂/2017年7月21日発売

7位(初登場) Switch うたの☆プリンスさまっ♪ Amazing Aria&Sweet Serenade LOVE for Nintendo Switch
9216本/ブロッコリー/2020年5月28日発売

8位(初登場) PS4 BAYONETTA&VANQUISH
7397本/セガ/2020年5月28日発売

9位(先週7位) Switch 大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL
7262本(累計 371万1072本)/任天堂/2018年12月7日発売

10位(先週5位) Switch Minecraft
6741本(累計 139万9850本)/日本マイクロソフト/2018年6月21日発売

※11位より下の数値は、“ゲーム販売本数ランキングページ”にて2020年6月5日以降に公開予定です。
※本ランキングの推定販売本数は、パッケージソフトおよびダウンロードカード、本体プリインストール版を合算したものです。

ハード推定販売台数

  • Switch/73117台(累計 1148万8030台)
  • Switch Lite/34476台(累計 226万6677台)
  • PS4/3264台(累計 759万2656台)
  • PS4 Pro/2603台(累計 154万180台)
  • Xbox One X/174台(累計 20418台)
  • Xbox One S/11台(累計 93300台)
  • New 2DS LL/1109台(累計 171万7312台)
  • New 3DS LL/48台(累計 588万7618台)

※ゲームソフト&ハードとともに、集計期間は2020年5月25日~2020年5月31日。

Amazon テレビゲームストア