『キングダム』史上最大の戦い、秦国vs合従軍を描くメインPV公開!

 2020年4月5日(日)24時15分からNHK総合にて放送開始予定のテレビアニメ『キングダム』の秦国vs合従軍の壮絶な戦いを描くメインPVが公開された。また、オープニングテーマをBiSH、エンディングテーマをwaterweedが担当することも決定。両アーティストからのコメントが到着している。

 本作は、“週刊ヤングジャンプ”(集英社)にて、大人気連載中の原泰久氏によるマンガ『キングダム』のテレビアニメ。原作コミックスは既刊累計4700万部を突破し、2019年4月には初の実写映画化が大ヒットを記録した。

 『キングダム』は春秋戦国時代の中国を舞台に、天下の大将軍を目指す少年・信(声:森田成一)と、後の始皇帝となる若き王・えい政(声:福山潤)の活躍を描いた中華戦国大河ロマン。

 テレビアニメ第1シリーズはNHK BSプレミアムにて2012年6月から2013年2月に、第2シリーズは2013年6月から2014年3月まで放送され、約6年ぶりとなる2020年4月5日(日)24時15分から、NHK総合にて第3シリーズが放映予定になっている。

 第3シリーズでは、『キングダム』史上最大規模の戦いといわれる合従軍編(がっしょうぐんへん)に突入。秦国の王都である咸陽(かんよう)へ迫り来る合従軍の猛威に対し、秦国が立ち向かっていくという壮絶なストーリーが描かれる。

 今回、秦国vs合従軍を描いたメインPVがついに公開。楚軍の奇襲を皮切りに、合従軍が襲来し、未曽有の危機に陥る秦国。対峙する両軍の個性豊かな武将らの激闘は壮大に描かれており、まさに『キングダム』史上最大規模の戦いであることを予感させる。さらに、中華統一を阻止するために合従軍を興した趙国の天才軍師・李牧(声:森川智之)と、国家存亡のために総力戦で迎え撃つ秦国・えい政。互いのこの戦にかける大きな決意と思いも見て取れ、ついに開戦した合従軍編にますます期待が募るはずだ。

 また、オープニングテーマを“楽器を持たないパンクバンド”BiSHが、エンディングテーマをメロディック・ハードコアバンドwaterweedが担当することも発表。それぞれのコメントも届いている。

BiSHコメント

 幅広い世代から愛される、魅力に満ち溢れた『キングダム』の主題歌を任せてもらえたことをとても光栄に思います。強く気高く。敵味方関係なく個性豊かなキャラクター達が成長していく姿にBiSHも刺激をもらいました。彼等も私達も生きる時代は違えど、生き抜くため、がむしゃらに走り続けている戦士です。みんなめちゃくちゃかっこいい! BiSHも精一杯歌を届けます。何卒。
セントチヒロ・チッチ(BiSH)

BiSH

waterweedコメント

 大好きなキングダムのアニメのエンディングテーマを書かせて頂きました。感謝しかありません。これからも、関わっていく皆の想いを背負って前に進んでいこうと思います。
Tomohiro Ohga(waterweed)

 waterweedは今回、初のテレビアニメタイアップとなる。なお、メインPVではBiSHが歌うオープニングテーマ曲“TOMORROW”もいち早く聴けるようになっている。

waterweed