ファミ通発表の売上げランキング。今回は、2019年9月16日~2019年9月22日のゲームソフト&ハード週間推定販売数まとめをお届け。

 本体とコントローラーを一体化させた携帯専用のNintendo Switch Liteが、2019年9月20日に発売。初週販売台数は17万7936台と上々のスタートを切った。また、Nintendo Switchも好調で61804台を売り上げ、2モデル合計では週販23万9740台を販売している。ちなみにNintendo Switchの発売週が33万637台だったことから考えても、好調なスタートと言えるだろう。Nintendo Switchの累計販売本数も2タイプ合計で921万1681台となり、900万台を突破した。

 ソフトは、ゲームボーイ版のリメイクとして発売されたNintendo Switch用ソフト『ゼルダの伝説 夢をみる島』が週販14.1万本で1位を獲得。そのほかの新作タイトルでTOP10入りしたのは、『二ノ国 白き聖灰の女王 for Nintendo Switch』が6位に入っている。

ソフト推定販売本数TOP10

1位(初登場) Switch ゼルダの伝説 夢をみる島
14万1375本/任天堂/2019年9月20日発売

2位(先週1位) PS4 モンスターハンターワールド:アイスボーン マスターエディション
39594本(累計:31万9915本)/カプコン/2019年9月6日発売

3位(先週2位) PS4 eFootball ウイニングイレブン 2020 スタンダード エディション
19249本(累計:77513本)/KONAMI/2019年9月12日発売

4位(先週5位) Switch スーパーマリオメーカー2
14905本(累計:62万9714本)/任天堂/2019年6月28日発売

5位(先週7位) Switch 大乱闘スマッシュブラザーズ SPECIAL
12266本(累計:326万6380本)/任天堂/2018年12月7日発売

6位(初登場) Switch 二ノ国 白き聖灰の女王 for Nintendo Switch
11237本/レベルファイブ/2019年9月20日発売

7位(先週10位) Switch Minecraft
10813本(累計:93万4335本)/日本マイクロソフト/2018年6月21日発売

8位(先週9位) Switch マリオカート8 デラックス
10786本(累計:245万9809本)/任天堂/2017年4月28日発売

9位(先週8位) Switch 釣りスピリッツ Nintendo Switchバージョン
9803本(累計:17万1841本)/バンダイナムコエンターテインメント/2019年7月25日発売

10位(先週3位) PS4 ボーダーランズ3
8811本(累計:44847本)/2K/2019年9月13日発売

※11位より下の数値は、ゲーム販売本数ランキングページにて2019年9月26日(木)以降に公開予定です。

ハード推定販売台数

Nintendo Switch Lite/17万7936台
Nintendo Switch/61804台(累計:903万3745台)
プレイステーション4/15482台(累計:711万9276台)
プレイステーション4 Pro/9375台(累計:128万68台)
Xbox One X/358台(累計:16907台)
Xbox One S/155台(累計:91089台)

Newニンテンドー2DS LL(ニンテンドー2DS含む)/1516台(累計:166万3100台)
Newニンテンドー3DS LL/171台(累計:588万4203台)
プレイステーション Vita/28台(累計:586万2556台)

※ゲームソフト&ハードとともに、集計期間は2019年9月16日~2019年9月22日。