2019年9月15日、DMM GAMESは東京ゲームショウ2019の自社ブースにおいて、スマートフォンとPC向けに開発中の新作『OVE GENERATION~攻防する異能力少女~』(以下、オブジェネ)を発表。ステージではトークイベント&ミニライブが開催された。

・ファミ通.com 東京ゲームショウ2019特設サイト

発表会にはキャラクターのコスプレイヤーも登壇。

 イベントに登場したのはDMM GAMESプロデューサーの小池浩真氏、ディレクターのユン・トゥノ氏、開発元DBROSのプロデューサー イ・ジョンボム氏。

 そして、スペシャルゲストとして招かれたのは、セクシータレントの古川いおりさん、羽咲みはるさん。古川いおりさんは本作の主人公“マリエ”、羽咲みはるさんは“謎の少女”のコスプレで登場。

 さらにイベントの後半には、声優・歌手の榊原ゆいさんも登場し、主題歌を披露した。

左からDMM GAMESプロデューサーの小池浩真氏、ディレクターのユン・トゥノ氏、開発元DBROSのプロデューサー イ・ジョンボム氏。
古川いおりさんは赤いロングヘアが特徴の“マリエ”、羽咲みはるさんは物語の鍵を握る“謎の少女”のコスチュームで登場。

 イベントは『オブジェネ』の紹介からスタート。小池氏は本作の特徴について、アニメの演出がかわいい点と、ストレスなく戦闘を行える点をアピールした。

 小池氏の説明を受けて古川いおりさんと羽咲みはるさんが実際にプレイ。バトルシーンでは一部キャラクターに2~3秒の短いアニメーションが用意されており、スキルを発動すると再生される。

 かわいいキャラクターたちのアニメシーンに、古川さんと羽咲さんは釘付けだった。

 “防衛戦”と名付けられたステージは、攻めてくる敵を倒す要素が含まれているようだ。

 プレイヤーは所有するキャラクターや敵に効果を発揮する罠を適材適所に配置し、一定時間守り続けるのが目的。頭を使ってじっくり考えながら遊べる、戦略性の高いゲームモードだ。

 体験プレイコーナーに続いて、開発者3名による“開発マル秘トーク”が行われた。ここでは登壇者3名が、ゲーム開発における現状の役割分担を報告。

 また、開発しながら変化していったインターフェースやキャラクターデザインのビフォアアフターが紹介されるなど、貴重な情報がスクリーンに映し出された。本作を丁寧に開発しているのがわかる、有意義なトークショーだった。

 ステージの後半は、登場キャラクター“サビーネ”の声優とテーマソングを担当する榊原ゆいさんが登場。大きな拍手で迎えられた榊原ゆいさんは、ステージ中央で『オブジェネ』の主題歌を熱唱した。

【オーブジェネレーション】オープニングPV

 新情報の発表にライブにと、大盛り上がりのうちに幕を下ろした『オブジェネ』ステージ。現在は事前登録キャンペーンを実施中なので、少しでも気になったら要チェックだ。

 古川いおりさんと羽咲みはるさんのファンの方もぜひ。