いよいよ、2019年9月25日のリリースが間近に迫る、スマートフォン向けゲームアプリ『マリオカート ツアー』(iOS、Android)。リリース直前ということで、ゲームの詳細な情報が明らかになってきた本作だが、本記事では体験版をプレイ。新要素を中心に、体験版のレビューをお届けする。

※記事の内容および掲載画像は公開時点のものです。実際の製品版の内容とは異なる場合があります。

『マリオカート ツアー』ってどんなゲーム?

 本作は『マリオカート』シリーズの過去のコースはもちろん、世界中の都市をテーマとした新たなコースが登場する、スマホで遊べる『マリオカート』。過去に登場したマシンやキャラクターが登場するほか、『Newスーパーマリオブラザーズ U デラックス』から“キノピーチ”が新キャラクターとして登場するなどもアナウンスされている。

 ゲームの流れとしては、コースを遊び、レ―スの評価によって獲得できる“グランドスター”を集めて、新たなコースを解放。コースのスコアーによるランキング機能を通じて、世界中のプレイヤーと腕を競うことも可能だ。

 ちなみに、プレイをする際にはニンテンドーアカウントが必要なので、事前に登録しておくのがオススメ。

 それでは、新しい要素をピックアップして紹介していこう。

ライトユーザーもヘビーユーザーも楽しめる2種類の操作方法

『マリオカート ツアー』は、スマホを縦にしたまま遊ぶレースゲームということで、操作方法も特徴的。

 操作はレースの直前に決めることができ、“かんたん操作”と“ドリフト操作”の2種類から選ぶことができる。

 どちらの操作でも、上にスワイプすれば前方向に、下にスワイプすると後方向にアイテムが使用できることと、画面に触れていない状態であれば自動で直進するという部分は共通している。

 2種類の操作で違いが出るのは曲がりかたの部分だ。

かんたん操作の曲りかた

 “かんたん操作”は曲がりたい方向へ指を左右にスライドさせることで簡単に方向転換することができる。従来のシリーズで言えば、方向キーを操作して曲がる感覚に近い挙動になる。画面に指を置いたまま、左右へのスライドだけで曲がることができるので、操作に慣れていない人にはオススメだ。

 また、同じ方向に曲がり続けることでドリフトになり、ミニターボを使うことも可能となっている。

“かんたん操作”ではマシンの前方に進行方向が出るので、矢印を見ながら細かい調整がしやすい。

ドリフト操作の曲がりかた

 “ドリフト操作”は文字通り、ドリフトを重視した操作方法。左右に指をスライドする事で常に左右へのドリフトを行うことができる。

 この操作ではドリフトを行うことでマシンが加速する“ミニターボ”を積極的に狙うことができるので、タイムを重視した走りにはうってつけ。

 しかし、“かんたん操作”と違って、例えば右から左へ方向転換する際は、一度画面から指を離してから左にドリフトする必要があり、指を左右にスライドさせるだけで曲がる“かんたん操作”と比べると、細かな操作が要求される。

 使いこなせば確実に好タイムが狙える操作なので、操作に慣れてきたら必ず練習しておきたい。

 操作に慣れないうちは“かんたん操作”、慣れてきたら“ドリフト操作”に切り替えて遊んでいくのがいいかもしれない。

過去作のコースはもちろん、都市をテーマにした新コースも!

 筆者が今回遊んだバージョンでは3つのカップが確認できたが、正式リリース版ではこちらは変更されるとのこと。一応、体験版で試せたコースと内容を以下に記しておく。

キノピオカップ

  • ニューヨーク ドリーム(新ステージ)
  • 3DS キノピオサーキット
  • N64 ノコノコビーチ
  • ボーナスステージ:きめろジャンプアクション

マリオカップ

  • トーキョー スクランブル(新ステージ)
  • 3DS プクプクラグーン
  • 3DS ロックロックマウンテン
  • ボーナスステージ:たおせクリボー

ピーチカップ

  • パリ プロムナード(新ステージ)
  • 3DS デイジーヒルズ
  • 3DS ヘイホーカーニバル
  • ボーナスステージ:VS巨大クッパ

 本作で新たに登場する“ニューヨーク ドリーム”、“トーキョー スクランブル”、“パリ プロムナード”は、それぞれの都市をモチーフにしたデザイン。

 走っているとそれぞれの都市の名所も登場するので、見た目にも楽しいコースとなっている。

“パリ プロムナード”ではエッフェル塔のほか、凱旋門などの観光名所が登場する。ちなみに、上の方にある画像は東京がテーマになっているコース。

 そして新要素となるボーナスステージでは、アイテム“ボムへい”を使ってコースにいるクリボーを倒したり、巨大なクッパとレースを行うなど、指定されたお題に挑むコースとなっている。

 指定されたキャラクターやマシンを使って遊ぶものもあり、通常のレースとはまた違う、バラエティーに富んだ遊びが用意されているぞ。

“VS巨大クッパ”は衝突しただけでこちらがクラッシュしてしまう巨大化したクッパとレースで対決! クッパに触れないようにアイテムを当て、ひるんだスキに追い抜かそう。

コースに合わせたカスタマイズでレースをより有利に進めよう!

 シリーズ作品同様に、コースで遊ぶ前にはキャラクター、マシン、グライダーを自由に選択できるが、本作にはコースによって相性のいいキャラクターやマシンを選ぶことで様々なボーナスが得られるシステムが存在する。

 “ニューヨークドリーム”のコースであれば、キャラクターをデイジー、ヨッシー、ドンキーコングにするとアイテムスロット(詳しくは後述)が3つになり、マリオやルイージなどを使うとアイテムスロットがふたつやひとつになる、といった様にコースごとに有利なキャラクターが設定されている。

 カートとグライダーも同様に、相性の良いカートであればアクションポイント(行動するたびに得られるスコア)が2倍になったり、グライダーは連続してアクションポイントを得ることで発生するコンボの持続時間が増えたり、といったボーナスがある。

アイテムスロットが減ってしまうととても不利になるので、なるべくアイテムスロットが3つのキャラクターから選んだほうがいい。

 また、キャラクター、マシン、グライダーそれぞれにレベル要素があり、使い続けることでレベルアップしていく。レベルが高くなると、コースのスコア―に影響するポイントがより多く獲得できるようになる。

 ほかにも、体験版では確認できなかったが、レース中に様々なお題をクリアーすることで手に入る“ピンバッジ”を集めるやり込み要素も。こちらは正式リリース後のお楽しみ!

新要素の無敵&アイテム使い放題の“フィーバーモード”で大逆転を狙え

 本作で新たに追加されたのが”フィーバーモード”だ。アイテムスロットで同じアイテムが3つ揃うと発動し、一定時間無敵状態になり、さらには揃ったアイテムが使い放題になる。

 状況によっては大きな逆転のチャンスになるので、負けている時ほどフィーバーモードを有効に活用することが大切になりそう。
 
 また、フィーバーモードはアイテムスロットが3つの状態のときのみ発生するので、キャラクター選択ではアイテムスロットが3つになるようにキャラクターを選ぶことが必須条件となる。

フィーバータイムが終わるまでは揃ったアイテムが連続して使えるため、かなり爽快! でも、アイテムを使うことに必死になりすぎて、ハンドル操作を誤らないように注意!

 筆者が遊んだ感想としては、“フィーバーモード”などの新システムもあり、『マリオカート』らしい最後まで気が抜けない白熱するレース要素はそのままに、スマートフォンで遊べる手軽さも絶妙なバランスで両立させた作品という印象を受けた。

 2019年9月25日のリリースまではもう少し。配信開始を待とう!

※記事の内容および掲載画像は公開時点のものです。実際の製品版の内容とは異なる場合があります。