2019年9月12日(木)から9月15日(日)まで(12日・13日はビジネスデイ)、千葉・幕張メッセにて開催された、東京ゲームショウ2019(TGS2019)。一般公開1日目となる9月14日、セガゲームス/アトラスブースでは、セガパートナーズのタイトルとして、サイゲームスの『グランブルーファンタジー ヴァーサス』(以下、『グラブルVS』)のステージがおこなわれた。本記事ではその模様をリポートする。

 ステージに登壇したのは、『グランブルーファンタジー』のディレクターを務める、サイゲームスの福原哲也氏と、『グラブルVS』のリードバトルプランナーを務める、アークシステムワークスの関根一利氏(通称・パチ氏)だ。

福原哲也氏、関根一利氏

各キャラクターの参戦理由を披露!

 まずは、本作に参戦するキャラクターを選出した理由が語られた、トークコーナーへ。基本的には『グラブル』を知らない人でも、キャラクターのことだけは知っているような人気キャラクターが基準になっているそうで、そこに対戦格闘ゲームの遊びにしっかりと落とし込めるキャラクターが選ばれたという。それぞれのキャラクターに関するウラ話の披露に、会場からも笑い声や驚きの声が多くあがっていた。

 主人公であるグランはじつは、最初の参戦候補にはあがっていなかったのだとか。しかしやはり主人公枠は必要だろう、ということで主人公らしい性能を持つグランの参戦が決まったそうだ。

 カタリナは最初から参戦が決まっていた、主人公枠のひとり。グランの参戦がなかったら、本作の主役はカタリナになっていたのかも。ちなみに参戦する全キャラクターは、当たり前だがもともとはRPGのキャラクターとしてデザインされている。本当に対戦格闘ゲームに落とし込めるのか不安もあったそうだが、いざ作ってみると、しっかりとキャラクターたちの衣装などを表現できたことに関根氏もホッとしたそうだ。

 小さなキャラクターがちょこまかと動く、いわゆる“チビキャラ”枠としてシャルロッテが参戦。『グラブル』の世界に住む種族“ハーヴィン”は欠かせないということで参戦を決めたそうだ。しかし、あまりにも身体が小さいため、バトルの調整にはかなり苦労したのだとか。身体を大きくすることも考えたそうだが、最終的にはシャルロッテの冠に当たり判定を付けるという、やや強引な方法を選択したそうだ。

 ランスロットは、“四騎士”の中から最初に参戦が決まったキャラクター。イケメンで人気があり、さらに二刀流の素早い連続攻撃を駆使したスピードタイプという方向性が、対戦格闘ゲームとしても非常に作りやすかったという。

 ランスロットのライバル枠として登場したパーシヴァルは、第3の主人公というコンセプトで作られたそうだ。基本的な技は揃っているが、1発1発の動きはやや重め。原作にもあった“トロイメライ”を駆使して、自身の技を強化するテクニカルな面も持っている。

 フェリは鞭による攻撃を得意とする、遠距離攻撃枠として参戦。原作ではさほどペットたちを駆使する技はないものの、本作はペットたちをふんだんに設置して使う上級者向けのキャラクターになっている。クローズドβテストでは、かなりの人気があったようだ。

 参戦が決まったのは、かなり最後のほうだったというローアイン。じつはいちばん手間暇が掛かっているそうで、ローアインとともに戦うエルセムとトモイも作らねばならないほか、さらに必殺技ではなんと“ゆぐゆぐ”こと、ユグドラシルも登場する。1キャラクターで4人ぶんの労力が掛けたこともあり、関根氏もかなり愛着があるのだとか。ちなみに、ローアインの勝利シーンは、すべて妄想オチになるのだとか。

 やはり対戦格闘ゲームには欠かせない、いわゆる“投げキャラ”枠には、この彼(女)しか居ない! と、即参戦が決まったというファスティバ。“投げキャラ”らしく、相手に近づくのは難しいが、近づけば愛のパワーで大ダメージを叩き出せるようだ。

メーテラ参戦!

 そして各キャラクターの紹介が終わったあとに、メーテラの参戦がPVとともに発表! 弓矢を使うメーテラは遠距離攻撃特化型のキャラクター。遠距離では多彩な飛び道具で相手を近づけさせない立ち回りができるが、相手に近づかれるとピンチに陥ってしまうピーキーなキャラクターになっているとのことだ。

 最後には、福原氏と関根氏が対戦プレイを披露しながら、本作のシステムなどを解説して、ステージは終了となった。