2019年9月12日(木)から9月15日(日)まで、千葉・幕張メッセにて開催された東京ゲームショウ2018(12日・13日はビジネスデイ)。

 DMM GAMESブースで実施された『デスティニーチャイルド For DMM』ステージでは、アクションパズルキャサリン・フルボディ』とのコラボ内容と開始日が発表された。

・ファミ通.com 東京ゲームショウ2019特設サイト

MCの磯村知美さん(通称イソッチ)。マルス役で出演しているほか、本作のプレイヤーでもある。
もうひとりのMC、運営のゴリさん。
『デスティニーチャイルド』はスマホ版もサービス中。スマホ版は外出先でも気軽にプレイでき、DMM GAMES版は画面が大きいなどの特徴がある。

 コラボは2019年9月30日からスタート。内容はチャイルド(収集する仲間キャラ)およびレイドボスコンテンツ“ラグナブレイク”の敵キャラとして、“恋人キャサリン”が登場するというもの。

 コラボ実施自体は既報なのだが、今回は描きおろしのイラストが公開された。

チャイルド版のイラスト。絆を深めるとパンツスタイルからウェディングドレス姿に。ガーターベルトがいいですね。
恋人キャサリンのおしりを眺めるMCイソッチの後頭部をどうぞ。
こちらはラグナブレイク時のイラスト。イソッチ「胸のあたり、こんな紐みたいなデザインでしたっけ?」。

 ちなみに、『デスティニーチャイルド』の特徴と言えば、“妙に艶めかしいイラストがLive2Dでくねくね動く”という点。健全なゲームではあるのだが、お子さんの目はふさいだほうがいいかもしれない。念のため。

スマホ版とDMM版の違いをわかりやすく紹介

 さて。

 PCで遊ぶ『デスティニーチャイルド For DMM』は、登場キャラのイラストがスマホ版と比べてやや大人向けになっている。

比べると一目瞭然。スマホ版のタイツのほうがいいという人も一定数いるだろうが。

 イラストの違いをわかりやすく伝えるため、運営ゴリさんはコスプレイヤーの霜月めあさんをステージ上に呼び込んだ。

霜月めあさんはエシュのコスプレで登場。水着の上にダウンジャケットを羽織っている。暑いのか、寒いのか。
ステージ上を歩き回って、
ポーズを決める。
いったんステージの中央に戻って、
にこにこしながら来場者に手を振って、
背中に手をまわして、
えっ?
そんなことあります?
そっちも?
いいの?
うわああああああ!
そしてポーズを決める。

 そう。DMM版は水着が小さいのだ。

 これではまだ伝わりかたが弱いかもしれない。続いて、モデルの早瀬あやさんが登場した。

スタイルのいい長身美人・早瀬あやさんはレダのコスプレ。
エシュはかわいい系だったが、こちらは美しい。
絵になる。
ステージ中央に戻ると、
あー、はいはいはいはい、なるほど! なるほどね!
お腹の部分の布を、
スッと外すと、
はー、美しい。
こんなことをステージ上でやっていただいて、もはや感謝しかない。
艶やかでかっこいい。『デスティニーチャイルド』のビジュアルをうまく表現していると思う。

 この演出を考えた人に何らかの賞を上げたい。

 スマホ版のレダはお腹をレース状の布で隠している。DMM版ではオープンにしている。どちらも甲乙つけがたい。DMM版はデータ連動可能なので、両方プレイしよう。僕は両方やってます。

 最後に、現在開催中のイベントについて紹介があった。ストーリーを楽しみつつアイテムを収集できるNARRATIVEダンジョン“NO PARADISE”が9月25日4:00まで開催中。また、つぎつぎと登場する敵を倒してタイムを競う“RACE CHALLENGE”が、2019年9月16日よりスタートしている。

 9月30日から始まる『キャサリン・フルボディ』が気になる未プレイの人は、いまのうちに初めて本作に慣れておくのがおすすめである。

東京ゲームショウ2019でのステージ開催を記念して、いまログインすると☆5確定召喚チケットがもらえる。受取期間は9月29日23:59まで。