2019年9月12日から15日まで、幕張メッセにて開催された東京ゲームショウ2019。今年も注目タイトルがそろうインディーゲームコーナーから、本記事ではPlay,Doujin!ブースから『モチ上ガール』と『魔砲少女のメイガスフィア』のプレイリポートをお届けする。

ファミ通.com“TGS2019情報まとめ”特設サイト

モチを使った移動が爽快なアクション『モチ上ガール(もちあがーる)』

 『モチ上ガール』は、壁や床などに張り付けることができるモチを発射するキャラクターを操作するアクションゲームで、日本ゲーム大賞2018の“U18部門”では金賞を受賞した作品。18歳以下の若い開発者の作品が発売される例はあまりないが、メディアスケープの江崎望氏は「パブリッシャーとしてはよいゲームは隔てなく遊べるようになったほうがおもしろい」という想いもあり、Play,Doujin!でパブリッシングすることが決まったそうだ。

 本作の操作は移動とボタンひとつのみで、ボタンを押すことでジャンプ、空中でもう一度ボタンを押すとモチを発射する。壁にモチをつけることでぶら下がったり、床にモチを発射してダッシュしたり、壁をよじ登ったり……といったアクションが楽しめる。また、道中に登場する敵も、モチを当てることで倒すことも可能だ。

開発者の渡邉大誠氏。ステージの各所に設置されている寿司を取ると、デカデカと寿司の名前が表示される。収集アイテムとなるこの寿司だが、なぜ寿司なのかを渡邉氏に尋ねたところ、「寿司が好きだから」なのだそう。こういった独特なセンスが江崎氏の目に留まった最大の理由のようだ。

 ゲームプレイ自体はとても軽快で、足場から足場へモチを使ったスピーディな移動はとても爽快。一見難しそうに見えるモチを使った移動も、操作がシンプルなため、すぐに慣れることができた。この軽快な操作性は本作のテーマにもなっていて、高難度アクションで有名な『海腹川背』のスーパープレイのような遊びを誰でも再現できるゲームを作りたいというのがコンセプトだったそうだ。

 そんな本作は、ステージが100まで増えた製品版をNintendo Switch向けとして、2019年内の発売を目指して開発中だ。

建物破壊が爽快なアニメチックTPS『魔砲少女のメイガスフィア』

 『魔砲少女のメイガスフィア』は魔法少女×ミリターリー×破壊をテーマにしたアニメチックなTPS。実在の兵器を魔法でデフォルメした“魔砲”を持つ、魔砲少女を操作して敵や街を破壊していく作品だ。連射可能な銃と、単発で高威力な銃を使い分けて、敵となる戦車を倒していく。

とくにキャラクターの3Dモデルはこだわられていて、何度も作り直していまの形になったのだそう。めっちゃかわいい。キャラデザインには漫画家“七六”さんが担当している。また、まだ情報は公開されていないが、キャラクターのキャストには豪華声優陣が参加されているということで、こちらも気になる。
こんなかわいい女の子が持つにはイカツイ武器だが、これは制作者の方がミリタリー好きということで、実在する武器をデフォルメしたもの。

 本作の特徴は、ステージにある建物を破壊することで、近くの敵を一気に倒せる“フルブレイク”というシステム。より敵をひきつけた後に建物を破壊すると、連鎖的にバタバタと倒れていくのは非常に爽快だった。そしてもうひとつ特徴的なのが、魔法少女らしい変身システムだ。敵を倒すことで貯まるゲージを消費して、魔“砲”少女に変身。変身後は武器の連射速度が上がったり、移動速度が上がるなどのパワーアップがある。

 また、変身シーンにもかなりのこだわりを感じ、足、手、体……と、体の一部ずつが変身していくカットを見せる、魔法少女ものの変身バンクを見事に再現。ハイクオリティかつ超キュートな仕上がりなので、ぜひ一度見てほしい。

本作を開発したOHBA堂のOHBAさんのミリタリー好き、魔法少女好きが高じた形で本作の制作に至ったとのことなので、細かいディティールまでこだわって作られている。

 『魔砲少女のメイガスフィア』はPC、プレイステーション4向けに2020年中のリリースを目指して現在開発中ということで、続報から目が話せない作品となりそうだ。