プライベートルームは旅で疲れたサムとプレイヤーを癒す場所

 2019年9月12日~15日(12日、13日はビジネスデイ)千葉県・幕張メッセにて開催中の東京ゲームショウ2019。その3日目にSIE(ソニー・インタラクティブエンタテインメント)ブースにて『デス・ストランディング』のステージイベントが行われた。

 “KOJIMA PRODUCTIONS DEATH STRANDING Day-2 GAMEPLAY SESSION Vol.2”と題した今回のイベントでは、プライベートルームの詳細が公開された。

・ファミ.通com”TGS 2019情報まとめ“特設サイト

※1日目のリポートはこちら

 プライベートルームは各地の配送センターや自身で建築することで利用可能になる施設(ほかのプレイヤーが建築したプライベートルームも利用できる)。ここで休息を取ると体力などが完全に回復することは1日目のイベントで発表済みたが、今回のステージでは施設で行える、その他の要素が世界初となる実機プレイで公開された。なお、小島監督は「ノーマン(・リーダス)ファンの人は必見です!」とアピールしていた。

プレイヤーが操作するのは、サムではなくカメラ!?

 最初にプライベートルームでは、通常のゲームプレイ時のようにサム(ノーマン・リーダスさん。日本語版音声は津田健次郎さん)を操作するのではなく、カメラを操作することが明かされた。カメラをサムの特定の部分にズームするとリアクションを取ってくれたり、施設内の設備にカメラを向けることで(※指示を出すようなイメージ)サムがそれを利用したりする。

 小島監督によるとプライベートルームは「ノーマンのキュートな姿を見ることができるところ」とのこと。ちなみにサムのリアクションは、小島監督とノーマンでアイデアを出しながら、パフォーマンスキャプチャーを行ったらしく、“ものすごい数”が用意されているとのこと。

洗面台で顔を洗いたいことをアピールするサム。
「シャワーに入りたい」とお願いするサム。
股間に注目してみると、恥ずかしがるような素振りを見せた。
何度もしつこく股間に注目されたことに対して激怒するサム。

 ここからはプライベートルームで使用できる設備についてご紹介。

洗面台

 スティックを倒すことで、サムのさまざまなリアクションを楽しめる。リアクション中は撮影も可能で、サムの表情などによって“いいね”をもらえる。

撮影した写真の一例。ちなみにこちらは39いいね。
洗面台に乗るサムの後頭部を激写(1いいね)。ちなみにこのリアクションはノーマンのアドリブとのこと。

シャワー&トイレ

 1日目のステージでも公開されたシャワーのほかにトイレも行える。サムは特殊な体液を持っていることから、シャワーやトイレによって出た老廃物は武器として使用できるそう。

 ちなみに過去のトレーラーなどのシャワーシーンでサムの体にあった手形は、ヴォイド・アウトしたときにつく死者の手形のため、プレイヤーによって数が異なるとのこと。

疲れていると血尿が出ることも。小島監督によるとレアとのこと。

フラジャイルジャンプ?

 E3 2018ティザートレーラーで、フラジャイル(レア・セドゥさん。日本語版音声は水樹奈々さん)が持っていた、傘のようなもの。小島監督はあまり詳しく話せないことを前置きしつつ、ファストトラベルのような要素であることを明かしていた。

装備棚

 現在、所持している、またはカイラルプリンタで作成できる武器が飾られる装備棚。

武器をさまざまな角度から眺めることができる。こちらはグレネード。
サムの血液から作られる血液グレネード。
シャワーやトイレよって出た老廃物から作られるExグレネード
チャ―ジ式対BTハンドガン
紐を飛ばして敵を縛るポーラガン
アサルトライフル

BB

 BBをあやすことで親密度が上昇。

バックパック

 バックパックはカスタマイズが可能。グレネードポーチを付けてグレネードの所持数を増やしたり、拡張バッテリーを付けてバッテリー量を増加させたり、プレイスタイルに合わせてカスタマイズできる。

 また、バックパックにアクセサリーを付けることで、さまざまな効果を受けられる。例えば、てるてる坊主であれば、雨が降りにくくなるそう。

ポーチやバッテリーは回転させることもできるので、無駄なスペースができないようにセットするのがポイントのようだ。
バックパックのカラーを変更することも可能。

テーブル

 テーブルにはゲームの進行状況などによって、置かれる物が変化するそう。

フラジャイルが好きな虫。小島監督によれば、食べると「鉄分が増える」そうだが、ゲームプレイに影響があるのかなどの詳細は不明。
サングラスや帽子などは調べると装備できる。
サングラスや帽子もバックパックと同様にカラーリングを変更できる。
時雨農家の人から送られてきた、時雨育ちの小麦でつくった世界最速のビール。ふだんは、この場所にエナジードリンクの“Monster Energy”が置かれているとのこと。

端末

 端末ではゲーム内のさまざまな情報を確認できる。項目や内容は以下の通り。

オーダー

 いま受注しているミッションや進行度などを確認できる。

メール

 ゲーム中に出会った人たちからメールが届く。名前の横にある星マークは親密度を表しているとのこと。

データ・アーカイブ

 カイラル通信を繋いでいくことで、各地に断片的に残っていた記録がこのページに集積されていく。それらのデータを見ることで、本作の世界観をより深く知れるとのこと。

ブリッジリンク

 世界中のサム(ほかのプレイヤー)たちとの関係がわかる項目。関係を深めたい人と“ストランド契約”を結ぶといいことが起きるそう。

ミュージックプレイヤー

 音楽を楽しめる要素。トレーラーで使用された楽曲に加えて、星野源さんの『Pop Virus』が確認できた。なお、楽曲はどんどん増えていくとのこと。

システム

 ゲームのセーブ、ロード、およびオプションの変更が行える。

ルームカラー

 自分で作ったプライベートルームのみ内装のカラーを変更できる。

フィギュア

 ゲームが進行していくと、フィギュアがどんどん増えていく。今回の状態から少し進むとあるモードが出現するようだが、まだ話せないそう。ただ、小島監督からは「ある特定のファンの方は、ここばかりに来ると思います」と意味深な発言も。

 これで施設内の設備の紹介は終了。ここからは施設外やプライベートルーム以外の新情報をお届け。

 プライベートルームを出た後には、必ずBBの記憶がフラッシュバックされる。フラッシュバックの映像には、クリフ(マッツ・ミケルセンさん。日本語版音声は山路和弘さん)が登場。謎の多い映像となっているが、物語を進めていくことで理解できるようになるとのこと。

 セーフハウス(プライベートルーム)は、必要な素材を入れることで強化が行える。なお、ほかのプレイヤーが建てたセーフハウスを強化することも可能とのこと。また、建物は時雨によって溶けていき放っておくと無くなってしまうため、そのまま残しておきたい場合は定期的に修復する必要があるとのこと。さらに、建物は破棄することも可能。ほかのプレイヤーが建てたものも廃棄できるそうだが、あくまで自分の世界からだけ無くなるようになっている。

 そして、ここで本作では世界中のプレイヤーと情報が共有されるため、ゲームを始めるタイミングによっては、建築物などが充実し過ぎて(簡単になってしまい)楽しめないのでは? という疑問に対して、小島監督は「カイラル通信を繋ぎに行くお話なので、必ず自分が繋ぎます。自分より先に設備があることはないです。(カイラル通信を)繋いで初めて、振り返ると皆さんの装置が見えます。さらに言うと、プレイヤーのプレイスタイルとフラグによって、プログラムで制御しているので、発売の半年後に買うとできないんじゃないかと心配があると思いますが、そんなことはないです」と補足した。

セーフハウスは、サウンド、ボイス、ホログラムのカスタマイズが可能。

 gamescom2019で話題を呼んだおしっこに関する追加情報も公開された。おしっこをするとその場所にキノコが生えてくるが、当然、そのキノコもほかのプレイヤーから確認できるそう。さらにそのキノコに対しておしっこをすると、本数が増えて大きくなり、いいことが起きるとのこと。

当たり前だが、おしっこは人前などではできないそう。
おしっこ禁止の看板も存在。
画面の奥に見えている雪山にも行くことができるそう。ただし、雪山はかなり過酷な様子。
温泉に浸かるシーンでは、津田健次郎さんバージョンの『いい湯だな』もお披露目された。

 以上で実機プレイは終了。9月15日16時からは、東京ゲームショウ2019での『デス・ストランディング』ラストイベントとして、豪華声優も登壇予定なので、こちらも要チェック。

※配信ページ(PlayStation presents LIVE SHOW “TGS2019”)

※ゲーム画面は配信をキャプチャーしたものです。