2019年9月12日~15日、千葉・幕張メッセにて開催中の東京ゲームショウ2019(12日、13日はビジネスデイ)。コーエーテクモブースの特設ステージでは、2019年12月19日に発売が決定した『無双OROCHI3 Ultimate』のステージイベント“公式生放送出張版”が開催された。ここで発表された新情報の解説や、ファンが気になるあれこれについてプロデューサーの庄知彦氏に話をうかがった。

ファミ通.com”TGS 2019情報まとめ“特設サイト

庄 知彦(しょうともひこ)

『無双OROCHI3 Ultimate』プロデューサー/ディレクター。伝説の格闘ゲーム『三國無双』から『無双』シリーズの開発に携わり、『真・三國無双』シリーズではリードプランナー、ディレクターを、近年では『ドラゴンクエストヒーローズ』シリーズ(ディレクター)、『ドラゴンクエストビルダーズ2』(開発プロデューサー)を担当している。

ヒントはPV1にあり

――『無双OROCHI3 Ultimate』発売決定に対するユーザーの反応はいかがでしたか?

 まずは期待していただけているなと感じました。新キャラクターの“ガイア”を出したくらいでまだ情報が少ないこともあって、いまのところはさまざまな推測で盛り上がっているところのようです。とくに新キャラクターについてはかなりの勢いで議論されていますね。たとえば「公式サイトでは新キャラクター枠があとふたりぶん、ゲストキャラクター枠があとひとりぶんあるから誰が入るんだろう」とか、「ガイアが出たから残るふたりはあの神とあの神かな」とか。今回の新情報を受けて、またいろいろと盛り上がっていただけたらうれしいですね。

完全新規キャラクターのガイア(声:早見沙織)、ハデス(声:関 智一)

――ファンの方々の予想はどうでしょう?

 私もよくネット上でくり広げられている皆さんの考察をチェックしているのですが、3人目のゲストキャラクター(アキレウス)についてはかなりの人が正解にたどり着いていたものの、完全新規の3キャラクター目については当てた人を見たことがありません。

――そんなに当てづらいキャラクターなのでしょうか?

 ヒントを出しておくと、本作のベースとなっているギリシア神話や北欧神話、『三國』や『戦国』のあたりを想像してしまいがちですが、『無双OROCHI』にはそのほかの時代や神話からも出ているよ、と。

――もうひと声、何とかなりませんか?(笑)

 そうですね……。じつは新しく公開するPV1に、新キャラクターのヒントが隠されています。“新神器追加”というところで見たことのない何かが映っていて、そこから想像していただけると思います。日本人ならわかるかなと。逆に日本人以外だとわからないかもしれません。

――皆さん、PV1は要チェックですよ! 早くも発売日も発表されましたが、あと4ヵ月に迫った現在の開発状況を教えてください。

 90%というところです。仕上げに掛かった段階ですね。ただ、私はここから“あがく”タイプなので、もしかしたらここから何か追加したり作り直したりするかもしれません。やはりギリギリまで納得の行くものをお届けしたいですから。

――ややスリリングな感じもいたしますが、期待しております。それにしてもボリュームがさらに増して、とんでもないことになっていますよね。そこで一度整理したいのですが、『無双OROCHI3 Ultimate』では、『無双OROCHI3』で遊べた要素はすべて遊べるんですよね?

 有料ダウンロードコンテンツとして配信した要素の一部は収録されていないので、完全にすべてというわけではありませんが、それ以外の要素についてはこちらでも遊べるようになっています。もちろん、『無双OROCHI3』で購入した有料のコンテンツは『無双OROCHI3 Ultimate』でも使えるのでご心配なく。ただ、じつはUI(ユーザーインターフェース)を少し変更しておりまして、それが『無双OROCHI3 Ultimate』でなくなってしまった唯一の要素と言えるかもしれません。

ストーリーのボリュームは無印版の1.5倍に!

――今回追加された要素についても簡単にご説明いただけないでしょうか。

 いちばん大きいところは“ストーリー”ですね。全体的なボリュームが足りないとか、ひとりひとりの掘り下げがもっと欲しかったという声も多数いただいていて、ストーリーに関してはかなり力を入れて制作しています。追加された新ストーリーやサイドストーリー(前作では語られなかったストーリーを補完するもの)を併せると、今回のストーリーは『無双OROCHI3』の約1.5倍くらいのボリュームになっていると思います。『無双OROCHI3』をプレイした方であれば、全体のお話の真相がより深く味わえるようになっていますし、本作から始める人も、一本スッキリとしたお話を楽しんでいただけると思います。ストーリーも一部絡んでくる話ですが、2番目に大きな追加要素は“キャラクター”です。とくに注目される新規キャラクターだけでなく、既存のキャラクターもより深く掘り下げています。

――1.5倍!? ほとんど新作のようなものですね!

 加えて“やり込み要素”もユーザーの要望に応える形で追加しました。その中でもいちばんの目玉となるのが、新モード“インフィニットモード”です。『無双OROCHI2 Ultimate』のアンリミテッドモードと同様に、ひたすらやり込みを楽しもう、というテーマで作ったモードです。アンリミテッド(Unlimited)とインフィニット(Infinite)を和訳するとほぼおなじ意味なのですが、じつはtheを付けてthe Infiniteとすると“神様”という意味に変わるんです。そんな小ネタも仕込んだネーミングになっています。

――『無双OROCHI2 Ultimate』とは違って、今回はギリシア神話や北欧神話がベースとなった世界観になっていますが、ダンジョンの形式も変わってくるのでしょうか。

 今回はゼウスが与えた試練として、12星座をモチーフにした塔をクリアーしていくという形式になっています。各ダンジョンに12星座に関連したキャラクターが登場するなどの仕掛けはありませんが、かなりのボリュームが楽しめると思います。また、ひと通り制覇しても、無限に続行することは可能となっていて、やり込みにこだわる人は挑戦してみてほしいですね。

――ほかにも、チャレンジモードが追加されたんですよね? 『無双OROCHI3』では有料ダウンロードコンテンツのひとつとして楽しめた要素でしたが、おなじものが入っているということなのでしょうか?

 『無双OROCHI3』の“暴風”と“流星”とは異なる、新たなコース“破壊”、“神速”を実装しました。もちろん有料ではなく、最初から遊べるようになっています。何度も挑戦することで、さまざまな素材が手に入るようになっています。ものすごい記録を出さないと手に入らない、ということはないのでアクションにそこまで自信がない人も安心してください。

――“破壊”などはストレス解消にもよさそうですね!

 『無双OROCHI3』から爽快感を突き詰めた“究極の『無双』を目指そう”ということで作っているのですが、アクションに関してはいまもなお調整を続けています。チャレンジモードはまた特殊なルール下で挑むものですが、ゲーム全体を通じてその爽快感を味わっていただければ幸いです。

――今回はステージ(公式生放送出張版)での出展ということでしたが、今後体験会や体験版の配信など、ユーザーがゲームに触れる機会は予定されていますでしょうか?

 絶賛検討中です。皆さんの反応がよければ、体験会なども実施できるかもしれません!

――遠呂智の存在も気になるところです。彼の活躍は今回はどうでしょうか?

 アクションという点では、かなり強化を図っています。敵として出てくるよりも、自分がプレイアブルキャラクターとして使ったときに気持ちよく戦えるように調整しました。タイトル名にもなっているキャラクターですから、ファンの方は期待していてください。

――発売を待ち望むファンに向けて、本作の見どころをアピールしていただけないでしょうか。

 新キャラクターのガイア、ハデスは、既存キャラクターに負けないくらい魅力的なキャラクターに仕上がっています。そんな彼女たちの、『真・三國無双』、『戦国無双』の各キャラクターや、その他『無双OROCHI』シリーズのキャラクターたちとの絡みを楽しんでいただけたらと思います。謎の新キャラクターはややゲスト的な立ち位置なので、ガイア、ハデスを中心に、ストーリーでは前作で見えづらかった部分も含めてかなり掘り下げた描写をしておりますので、存分に味わってください。