“プラチナゲームズのアクションはすごい”という声をよく聞くが、 筆者もその印象を持っている人間のひとり。『アストラルチェイン』が初披露されたときのPVでは、 何より2体を同時に操作するデュアルアクションという発想に驚かされた。 ちょっと難しそう……という心配もあったが、 実際に触れてみると、 これが楽しい! 主人公に追従するレギオンは、基本的にはオートで戦ってくれるが、 ワンボタンで敵にぶつけたり、引き寄せたりできて、最初のうちはこの操作だけでも、 すごいことをやってる感が味わえる。

 操作に慣れてきてバトルに余裕が出てくると、 チェインで敵を囲んで拘束する“チェインバインド”、敵の突進攻撃をピンと張ったチェインで弾き返す“チェイントラップ”などを使ったバトルが快感に。とくに乱戦のときなど、 あらぬ方向から見えた突進攻撃の予兆に対して、とっさに“チェイントラップ”で対応できたときの爽快感は格別。攻撃をギリギリのところで回避するとスローモーションになる演出も気持ちよく(このあたり、 プラチナゲームズのアクションゲームっぽい!)、そこから強烈な反撃もくり出せることも手伝って、 わざと相手の攻撃を待つこともしばしば。これができるようになったから、つぎはこれを試しつつ戦ってみよう、 という意欲がどんどん湧いてくる。

全5タイプのレギオンは、はっきりと個性が分かれていて、誰をどの場面でどう使うか、というのを考えるのが楽しい。
トレーニングエリアでは、任意のタイプの敵を相手に、好きなだけ操作練習ができる。アクションに慣れるほど、いろいろな要素が解放されるほど、試したいことが増えていき、ここに籠もってバトルに明け暮れることが多くなった。

 プレイヤーの操作の慣れを計算したように、アクションの幅が広がっていくのも心憎い。そのなかで筆者が個人的に気に入っているのは、“ハジキアタック”。これは、レギオンにセットできるアビリティコードというアイテムの効果の一種で、 敵の攻撃を受ける寸前に相手方向にLスティックを倒すと、攻撃を弾き返せるというもの。回避に徹する必要があるような敵の攻撃でも、“ハジキアタック”を使えば強引に切り返せたりして「俺ってすごいかも?」と、思わずうっとり。こういった攻略の幅広さも本作の魅力と言えるだろう。

 ちなみに、 本作には“守護モード”という機能が用意されていて、 キャラクターやレギオンの複雑な操作をAIに委ねてしまおうという、『BAYONETTA(ベヨネッタ)』や『NieR:Automata(ニーア オートマタ)』などにもあったモード。 アクションに不慣れなプレイヤーのフォローが目的の機能ではあるが、 たまに「こんな発想なかった!」という動きを見せてくれることもあり、 デュアルアクションの教材にもピッタリ。2体を動かすことに尻込みしている方は安心してほしいし、「俺にはそんな機能は不要だ!」と思っている方も、ぜひ一度“守護モード”を試してほしい。

アイテムの使用やレギオンの変更、武器の変形は、ワンタッチで行えるほか、ボタンの長押しで時間の流れを止めてゆっくりと選ぶこともできる。相手の怒涛の攻めに「ちょっと待って!」と思うような場面もあるので、こういった心づかいもうれしい。
レギオンの強化はツリー形式となっている。バトルで役に立つスキルを習得することもあり、どんどんアクションの幅は広がっていく。
レギオンにセットできるアビリティコードの性能は、ランダムで決まる。アビリティコードは敵が落とすこともあるので、ひたすら理想のアビリティコードを追い求めるハック&スラッシュ的な楽しみかたもできる。

 本作は、 主人公の性別だけでなく、 名前や容姿まで、 細かく設定可能。 主人公は基本的にしゃべることはなく(バトル中の掛け声は出す)、会話の受け答えを自分で選択できる場面も頻繁に用意されていて、主人公と自分が重なってくることを実感できる。

 また、警察署のロッカールームでは、着せ換えやアクセサリー付け換えなどのオシャレができるというのも楽しい。主人公は、イベントシーンでもカスタマイズしたままの姿で現れ、新鮮な気持ちでプレイできるので、 筆者は章が変わるたびに髪型や服装を変えてプレイしていた。

着替えは、警察署内のロッカーで行う。ゲームを進めていけば、カスタマイズの機能はどんどん拡張していき、奇抜な格好もできるようになる。

 なお、 本作はいつでもクリアー済みのFILE(いわゆる章)をやり直すことができる。主人公の性別の選択は、FILEをやり直す際に変更することも可能で、男女でのセリフの違いなども気軽に確認できる。難易度はノーマルにあたる【拮抗】(難易度は低い順に【守護】、【有利】、【拮抗】、【極限】の4種類)以上では、レッドケース(重要なバトルやイベント)ごとに評価が出るので、気軽にくり返しプレイができるというのは、高評価を追求したい筆者のようなプレイヤーにとっても、うれしいポイントだ。

どういった行為によってポイントが得られたかが明快なので、どうすれば高ランクを狙えるかがわかりやすい。工夫すればするほど、リザルトで褒めてもらえるわけだ。

 フィールドの探索要素も豊富で、デュアルアクションと並び、のめり込んで遊べる要素となっている。 各FILEには、 ネウロン内やアークの街を自由に歩き回れるパートが用意されていて、買い物やアイテム探し、トレーニング場での操作練習などが可能。

 この探索パートでは、犯罪を取り締まったり、困っている人々を助けたりできるのだが、こういった要素にありがちな“おつかい感”はほとんどなく、その解決方法もバラエティーに富んでいる。内緒の会話を聴き取ったり、特殊能力で妨害電波を断ち切ったり、逃げ出した犯罪者をチェインで拘束したりと、トラブル解決にもレギオンは大活躍。バトルなしでクリアーできるケースも多く、改めて振り返ると、探索パートは緊迫感のあるバトルの息抜きとしても楽しめる内容だ。

捜査パートでは、多種多様なケース(クエストのようなもの)に遭遇。探索できるエリアはかなり広く、ケースを探すこと自体がひとつの遊びにもなっている。

 そのほかにもフィールドに隠れている猫を保護したり、人物や敵、建物をカメラで撮影してデータベースに登録、ビースト・レギオンの“ここ掘れワンワン”的な能力を使ってのアイテム探しなど、楽しめる要素はたくさん用意されている。とてもすべてを書き切れるボリュームではないが、その進捗状況はポーズメニューの“レコード”という項目から確認できるようになっている。

 しかも、レコードに記載された項目を達成するごとに、報酬も手に入るというオマケ付き。職業柄、かなりねっとりと隅々まで調べながら進めたけれど、それでも見落としがたくさんあって、やり込み要素もたっぷり。建物やフィールドの装飾も細部まで凝っており、プレイヤーのあらゆる好奇心を満たす、珠玉のアクションゲームとなっている。

敵や人物、風景などを撮影すると、署内のパソコンのデータベースが更新。データベースでは、本作の世界観やキャラクターのことを、より深く理解できる多くの情報が記載されているほか、バトルのヒントが得られることも。
メインキャラクターのデザインを桂正和氏が手掛けているということもあり、魅力的な女性がたくさん登場! とくにマリーのお胸はヤバいので、ぜひともご自分の目で確かめていただきたい。