『Fate/Grand Order』(FGO)で本日7月12日(金)に7月に予定されているゲームアップデート情報が公開。4つの改修内容が明らかになりました。

 本記事では、アップデート後に反映される更新内容のうち、代表的なものをまとめて紹介します。

7月のアップデート内容まとめ

改修1:パーティ編成画面で常にエネミーのクラス傾向を確認できるように

 パーティ編成画面上部に“エネミーのクラス傾向”が常時表示させるように改修されます。

 今まで一定時間おきに切り替えて表示していた各種特効効果および特攻効果については、“イベントボーナス詳細確認”で確認可能です。

改修2:サポート編成画面で概念礼装のドラッグによる配置変更ができるように

 サポート編成画面で概念礼装をドラッグすることで、自由に配置を変更できるようになります。

改修3:星4以下サーヴァント初獲得時のロック機能が追加

 星4以下のサーヴァントを初めて獲得した際に自動ロックがかかるように改修されます。星5サーヴァントに関しては、今まで同様2枚目以降であってもすべて自動ロックがかかります。

 本機能実装前に1度でも獲得していた場合は自動ロックかかりません。

改修4:召喚結果画面から続けて召喚できるように

 召喚結果画面から召喚選択画面に戻らずに、続けて10回召喚ができるようになります。

 これにともない、聖晶石召喚・フレンドポイント召喚の各召喚結果画面の“召喚”ボタンが“続けて10回召喚”ボタンに変わります。召喚を終了するには、画面左上の“閉じる”ボタンをタッチしてください。

 以上が、2019年7月に実施予定のゲームアップデートの主な内容です。なお、今後も期間限定イベントや期間限定キャンペーンにおいて、メインクエストクリアが開放条件となるものを予定しているとのこと。